LAWSON

    1: 2020/09/29(火) 11:28:36.76 ID:R0ZPAG2V9
    28日午後4時45分頃、岩手県釜石市鈴子町のコンビニ店「ローソン釜石駅前店」で、同市の60歳代女性が運転する乗用車が店に突っ込んだ=写真=。

    釜石署によると、ドア脇の現金自動預け払い機(ATM)付近に客が1人いたが、けがはなかった。乗用車は駐車場の軽乗用車に接触した後、ドアを突き破り、店内に約1・5メートル入った。女性は取材に対し、駐車場に止めようとした際、段差で車が揺れたことに気を取られ、アクセルを踏み込んでしまったと説明し、「アクセルから足が離れなかった」と話した。同署が事故原因を調べている。

    20年9月29日 10時1分 読売新聞オンライン
    https://news.livedoor.com/article/detail/18972196/
    0c355caa-s

    【【60歳代】暴走車「アクセルから足が離れなかった」】の続きを読む

    1. 匿名 2020/07/01(水) 12:13:18 


    ローソンに売られていた『お好み焼き 豚玉』と『豚玉お好み焼き』の違いがわからず混乱するみなさん「どっちも豚玉よね…?」 - Togettertogetter.com

    以前から度々話題になっているローソンのパッケージデザインですが、今回はかなり難易度が高い模様…?


    503345576ed67a79abaeecf1dcbb9f23_2665


    違いがわかりません…


    【【難易度高すぎ】ローソンに売られていた『お好み焼き 豚玉』と『豚玉お好み焼き』の違いがわからず混乱「どっちも豚玉よね…?」】の続きを読む

    1. 匿名 2020/06/11(木) 14:13:34 


    ローソン社長、PB新パッケージを一部変更へ 賛否の声に「公共性あるコンビニとして解決していく」 | ハフポストwww.huffingtonpost.jp

    ローソンの竹増貞信社長が6月9日夜、ハフポストのライブ番組「ハフライブ」に出演。賛否両論が起きていた同社PB(プライベートブランド)商品の新しいパッケージデザインについて、「お店で選びにくかったり探しにくかったり、色々なご不便やお手数をおかけしてしまっている」とコメントした。


    ae660fce07d9843200e22bde98d66a3f_10153


    お客さんのニーズや価値観に寄り添いながらお客さんとつくっていくのがPBだ」として、「NATTO」などのローマ字で書かれ、分かりにくいとされていた「納豆」や「豆腐」を始めとした一部商品のパッケージを早くても7月には変更する方針を明らかにした。

    ae660fce07d9843200e22bde98d66a3f_21392


    【【気づけよ問題】ローソン社長、PB新パッケージを一部変更へ 賛否の声に「公共性あるコンビニとして解決していく」】の続きを読む

    1. 匿名 2020/06/04(木) 11:37:58 


    ローソン新パッケージに賛否。ステイホームで起きた王者セブンとのコンビニPB戦争 | Business Insider Japanwww.businessinsider.jp

    2020年春から一新したローソンのプライベートブランド(PB)のパッケージデザインが、攻めている。今までのコンビニの常識からは考えられない「おしゃれ」なデザインに、SNS上での評価は「かわいい」もしくは「わかりづらい」の二極化。


    87976e5c3933b19607fe7cc93b7cfaf5_16536



    この大きなデザイン変更に、Twitter上では賛否両論の嵐が巻き起こっている。そのほとんどが「かわいい」もしくは「わかりづらい」に二極化している。

    「ローソン最強に可愛いパッケージに変更しててパケ買いした」

    「ローソンPB商品の新パッケージ、どれが何やら見分けがつかず超不便。眼鏡を忘れてきたので、いちいち手に取らないと商品名が読めなかった。なんでこんな反ユニバーサルデザインを採用するのかな」

    ちなみに、ローソンの先を行くセブンイレブンも、3月に大胆なパッケージ変更をしている。それも、ローソンとは真逆の「視認性」をより強く打ち出したリニューアルだ。フォントはより大きく太めのゴシック体になり、英語表記も大きくなった。


    87976e5c3933b19607fe7cc93b7cfaf5_24038

    左が新デザイン、右が旧デザイン。
    こちらもSNS上では「わかりやすい」「ダサい」と議論が二極化している。

    奇しくも同じタイミングで真逆のPBパッケージリニューアルが行われた、ローソンとセブンイレブン。この「コンビニPB戦争」はどちらに軍配が上がるのか……。アフターコロナの消費者の行動に委ねられている。


    【【ほっこり系】ローソン新パッケージに賛否。ステイホームで起きた王者セブンとのコンビニPB戦争】の続きを読む

    1. 匿名 2020/03/13(金) 22:38:27 

    ローソン“ホットミルク半額”初日は「給食用牛乳11万本分」販売、乳牛の飼育地で多く消費(食品産業新聞社ニュースWEB) - Yahoo!ニュースheadlines.yahoo.co.jp

    ローソンは3月9日から20日まで、新型コロナウイルス拡大防止による全国の小中学校の一斉休校に伴い、給食用の牛乳が販路を失っていることを受け、「マチカフェ」ブランドの「ホットミルク」(税込み130円)

    e4e08ad024e9c7497c568f9ca3ede005_833



    ローソンは3月9日から20日まで、新型コロナウイルス拡大防止による全国の小中学校の一斉休校に伴い、給食用の牛乳が販路を失っていることを受け、「マチカフェ」ブランドの「ホットミルク」(税込み130円)を半額の65円で、「カフェラテ」(150円)を30円引きの120円で販売している。

    ローソン広報室によると、初日の販売量は、給食用の200mlパックで約11万本相当(1Lパック換算で約22,000本分)で、前週(3月2日~8日)平均販売数の10倍を超えた。


    【ローソン“ホットミルク半額”初日は「給食用牛乳11万本分」販売】の続きを読む

    このページのトップヘ