AI

    1. 匿名 2020/08/28(金) 17:55:52 


    加藤浩次も視聴者もメロメロ 「スッキリ」で紹介されたペット型ロボ「人をダメにするやつ」:イザ!www.iza.ne.jp

     28日朝、日本テレビ系の情報番組「スッキリ」で、「MOFLIN(もふりん)」というペット型ロボットが紹介され、検索トレンドで急上昇。「これはやばい…欲しい」などと購買意欲をそそられたネットユーザーが続出した。…


    dfe322352dc8ab8c27c7ae3c63aee4ed_5005

     
    もふりんは、日本のスタートアップ企業である「Vanguard Industries」が開発した、片手に乗るサイズのAIペット型ロボット。薄いグレーのふわふわした毛に覆われ、人に触れられると反応して生き物のようにもぞもぞと動き、時折甘えたような“鳴き声”をあげる。5日より、クラウドファンディングサービスのkickstarterで購入型(先行予約型)キャンペーンを展開している。価格は4万円前後(申し込み順で、価格が変動する)。

    dfe322352dc8ab8c27c7ae3c63aee4ed_7294

    dfe322352dc8ab8c27c7ae3c63aee4ed_21555


    【【癒し】加藤浩次も視聴者もメロメロ 「スッキリ」で紹介されたペット型ロボ「人をダメにするやつ」】の続きを読む

    1. 匿名 2020/04/26(日) 19:19:35 

    AIは様々な分野で活躍を始めていますが、故スティーブン・ホーキング博士は、将来AIの性能が急速に発達して、自ら進化を始め、将来AIが医師を持ち人類と対立することになるかもしれないというような内容で警鐘を鳴らしていますが、将来映画「ターミネーター」のような、人間とAIが対立する世界が訪れると思いますか?
    なんとなく、遠い将来にAI自身が高度な知能を持つAIを作り出すという可能性はあると思っています。

    sQ83n9VyV6NCPal


    【【人類vsAI】将来、人間とAIが対立する世界が訪れると思いますか?】の続きを読む

    1. 匿名 2020/02/12(水) 12:27:37 


    亡くなった娘と(仮想現実(VR)で再会した母親、涙が止まらず。 : カラパイアkarapaia.com

    コンピュータによって作り出された人工環境やサイバースペースを現実として知覚させるバーチャル・リアリティ(VR・仮想現実)は、時空を超えた環境技術だ。現実に叶わないことも目の前に実現させることができる。


    7cc02c8994f647462914547df9172ce6_17784


    7歳で我が子を失った母親が、テレビ局の協力の元、仮想現実を駆使することで娘との再会を果たした。その様子は番組で放映され、多くの人の心を打った。

    「お母さん、どこに行ってたの?私のこと考えてくれていた?」と尋ねるナヨンさんに、声を震わせながら「あなたのことを一度たりとも忘れたことはないわ。いつも思っているわよ」と答えるチャンさん。

    「お母さんに会えなくて寂しかったよ」とナヨンさんが言うと、「私もよ」とチャンさんは娘の顔を撫でようとする。

    ※※※※※※※※※※※※※※※

    動画を見てみたら、涙がずっと止まりません…。


    【亡くなった娘と(仮想現実(VR)で再会した母親、涙が止まらず。】の続きを読む

    1. 匿名 2020/02/08(土) 13:53:39 

    AI美空ひばり、AI手塚治虫など
    AIの力で有名人を復活させることが最近話題ですね
    自分は賛成派です
    生前の作品は傷付かない状態で新作を発表出来てすごいし
    遺族や大切な人にお金が入るなら良いんじゃないかと考えています
    皆さんの意見をお聞かせください


    【AI有名人賛成?反対?】の続きを読む

    1. 匿名 2020/02/08(土) 10:29:54 

    bf47e9c4bd39eac2ec9705489f1c9365_19877

    手塚治虫AIついに筆を執る 2030年の東京が舞台の新作『ぱいどん』が講談社『モーニング』に掲載決定 (1/2) - ねとらぼnlab.itmedia.co.jp

    「漫画の神様」こと手塚治虫の新作をAI技術で生み出すプロジェクト「TEZUKA2020」が、漫画『ぱいどん』を完成させたことを発表しました。2月27日発売の講談社『モーニング』13号に掲載されます。


    手塚治虫作品を学習したAI技術が生成するプロット(漫画の基本的な構成要素)やキャラクターをインスピレーションソースに、クリエイター陣が人間ならではの感性、経験で作品として完成させています。


    【手塚治虫AIついに筆を執る 2030年の東京が舞台の新作『ぱいどん』が講談社『モーニング』に掲載決定】の続きを読む

    1. 匿名 2020/01/19(日) 21:09:54 

    山下達郎 紅白登場の「AI美空ひばり」をバッサリ「一言で申し上げると、冒とくです」― スポニチ Sponichi Annex 芸能www.sponichi.co.jp

    シンガー・ソングライターの山下達郎(66)が19日、TOKYO FM「山下達郎のサンデー・ソングブック」に出演<略>

    196a2cbe6daa7b75fd0339b407e3b04a_427

    リスナーからの「単刀直入にお聞きします。昨年の紅白、AI美空ひばりはどう思われますか?私としては技術としてはあり、かもしれませんが、歌番組の出演、CDの発売は絶対に否と考えます。AI大滝詠一とかAI山下達郎なんて聴きたくありません」という質問に対し山下は「ごもっともでございます。一言で申し上げると、冒とくです」とだけ語った。


    【山下達郎、紅白登場の「AI美空ひばり」をバッサリ「一言で申し上げると、冒とくです」】の続きを読む

    このページのトップヘ