音楽

    1: 2021/03/28(日) 16:31:55.52 ID:jqgIc120M
    あまりにも傲慢で時代錯誤な曲
    bc66664a-s


    【【朗報】さだまさしの関白宣言、フェミニストに叩かれる】の続きを読む

    1: 2021/03/22(月) 13:05:26.90 ID:CAP_USER9
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0322/myj_210322_9899705646.html

    3月19日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、ロックバンド『[Alexandros]』が登場。
    途中で歌詞が飛んでしまうハプニングがあったのだが、ボーカル・川上洋平が放った〝とある一言〟がファンを沸かせたようだ。

    「喉から手が出るほどって表現もいまやリアルじゃなくなって黙って飲み込んだ」という歌詞までは順調に歌っていたものの、川上は歌詞が飛んでしまったようで、「いつしかの景色が」と続くところを「ダンダンダン…」と鼻歌のように聞き取れない単語を並べる。
    「ダンダンダン」で誤魔化していたものの、流石にキツくなったのか、しまいには「Fucking Shit」と発言してしまったのだ。

    視聴者からは、

    《中二病かよ》
    《歌も下手だし、英語でイキってるのがクソダサい》

    などの批判あったが、ファンからは好評だったようで、

    《途中で歌詞を見失い英語で放送禁止用語、それでも続ける所はさすが、最高です》
    《今日のMステの川上洋平盛大に歌い始め間違って、途中でFuck言うてんの面白すぎた笑》
    《Mステのドロス、イントロの入り間違えて歌詞は出ないわ途中で誤魔化してFuckって言っちゃうわで笑 はいでたかわいいやつ~ってなるよね笑 完璧っぽいのに完璧じゃないのが良い》
    《洋平さんMステでミスってFucking Shitって言うのはやばいって笑》


    といった絶賛の声が相次いでいる。




    (29秒~35秒あたり)
    https://video.twimg.com/amplify_video/1372890238494732293/vid/1280x720/L_xzbrszRtocdmzU.mp4
    school_man



    【【Mステ】[Alexandros]、演奏の途中で歌詞が飛ぶハプニングが起こり、うっかり“放送禁止用語”を発言してしまう】の続きを読む

    1: 2021/03/19(金) 13:32:41.88 ID:jZZvTAr79
    https://www.asahi.com/articles/ASP3L6QKPP3LUTIL040.html

    音楽教室のレッスン時、生徒の演奏には著作権が及ばない――。
    ヤマハなどの音楽教室と日本音楽著作権協会(JASRAC)が争った訴訟の控訴審で、
    知財高裁が18日、JASRAC側一部敗訴の判決を言い渡した。

    一審・東京地裁はJASRAC側の主張を全面的に認め、講師や生徒の演奏に著作権が及ぶと判断したが、この判決を一部を変更する内容だ。

    JASRACは判決を受け、18日夕に東京都内で記者会見した。

    宮内隆・常務理事は最高裁への上告を検討する方針を明らかにした。代理人の田中豊弁護士は判決を強く批判。

    「英語で言えば、ディサポインティッド(失望した)」と述べた。

    会見で田中氏は「法律家としては常にワーストシナリオも頭に置いている」と強調し、笑顔も時折見せた。
    だが、その声はいくぶん力がないように聞こえた。

    宮内常務理事は「結果を承服することはできない。判決文を精査の上、上告を含め、しかるべき対応を検討する」と硬い表情で述べた。


    判決について記者会見した日本音楽著作権協会(JASRAC)の宮内隆常務理事(左)と田中豊弁護士
    =2021年3月18日午後5時26分、東京都内

    no title

    【【みんな気になる点】JASRAC一部敗訴「失望した。英語で言えばディサポインティッド」】の続きを読む

    1: 2021/02/16(火) 08:30:07.31 ID:VFvWtYTZd
    no title

    【【音楽】ガキ「香水!うっせえわ!lemon!」ワイ「負けてられん…ワイの青春見せてやる」】の続きを読む

    1: 2020/11/28(土) 13:42:47.82 ID:CAP_USER9
    11/28(土) 13:27
    日刊スポーツ

    解散のE-girls、予定通り年内で活動終了
    デビュー日の12月28日にラストアルバム「E-girls」の発売が決まったE-girls
    年内での解散を発表しているE-girlsは28日、公式モバイルサイトなどで、今後の活動について当初の発表通り、年内をもって活動を終了することを発表した。


    昨年12月に、20年末をもって解散することを発表。2月からは“ラストツアー”が開幕したが、コロナ過で予定していた残りの10公演が中止となっていた。発表では「E-girlsの今後の活動についてメンバー一同で協議を重ねた結果、当初の発表通り2020年いっぱいをもちまして活動を終了させていただくことになりました」と報告した。

    またデビュー日の12月28日には、ラストアルバムとなる「E-girls」を発売することを発表。11人体制での初シングル「Love☆Queen」以降のオリジナル楽曲や、新曲「eleven」などを収録。ミュージックビデオや初公開を含む「ダンスプラクティスビデオ」も収録される。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ad04d34bd8adc45819aad17d24f2b4d4a7859005

    【【音楽】解散のE-girls、予定通り年内で活動終了】の続きを読む

    1: 2020/11/22(日) 00:31:00.21 ID:CAP_USER9
    https://news.mynavi.jp/article/20201121-1514760/

    ロックバンド、ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトが、21日に放送されたフジテレビ系バラエティ特番『まつもtoなかい ~マッチングな夜~』(21:00~23:10)に出演し、“今の音楽”に対して思うことを語った。

    甲本は「若い人はみんないいと思う」とした上で、「アナログ世代とデジタル世代の違いで1カ所感じるのは、歌詞を聴きすぎ。僕らは音で全部聴いてた。意味なんかどうでも良かった。ロックンロールはものすごく僕を元気にしてくれたけど、元気づけるような歌詞なんか1つもないんだよ。関係ないんだそんなこと。でもデジタルになると、情報としてきれいに入ってきちゃって、歌詞を文字で追いすぎてるような気が、ちょっとだけする」と考えを披露。

    マッチング相手の菅田将暉は「どういう意味なんだろうとか、すぐ調べられちゃいますからね。携帯で音楽聴いてても、すぐ歌詞を出せたりするんで、歌詞を見ながら聴いたりするのは増えましたね」と、思い当たる節あるようだ。

    これを受け、松本人志は「今のすべてにおいてですけど、“完成されすぎている”ところがちょっと不満かなぁって、お笑いに関しても少し思うときはありますね。もっとスベってもいいのに」と、甲本に同調。中居正広が「教科書が(ネット上に)どこにでも載ってる」と納得すると、甲本は「ぼんやりしてないんですよね。ぼんやりしてるとどこに焦点を合わせるかを自分で選べる。だけど1枚に(明確化)されると、みんなそれしか見れない。もっとぼんやりしていていい」と、正解を求めすぎる社会に一石を投じた。

    no title

    【甲本ヒロト、 “今の音楽”に思うこと「歌詞を聴きすぎ、文字で追いすぎ。僕らは音で全部聴いてた。意味なんかどうでも良かった」】の続きを読む

    1. 匿名 2020/11/20(金) 10:10:36 


    松本まりか、『THE MUSIC DAY』の楽屋で号泣……「ヘタクソ」の酷評一転、「気の毒」「番組が悪い」と物議(2020/11/19 19:37)|サイゾーウーマンwww.cyzowoman.com

    美容誌「MAQUIA」12月号(集英社)に女優の松本まりかが登場。インタビューで、ある大型音楽特番の出演エピソードを明かしたことが、ネットで注目を集めている。同誌で松本は、「生放送の歌番組に出演し、緊張して思うように歌えなかった悔しさで楽屋に帰ってから号泣した」「無謀な挑戦だというのはわかっていました」「この一カ月撮影以外の全ての時間をボイトレに捧げたことが財産だし、歌手でもない私が錚々(そうそう)たる顔ぶれの中で生歌を披露して恥をかいたことに意味がある」…


    317a3ee3d0b599d6c1feb32639b7fce3_13143


    『THE MUSIC DAY』放送当時、ネット上では、松本の歌声について「衝撃的」「びっくりするくらいヘタクソ」「素人以下」と厳しい指摘が相次いでいたのだが……。

    「『MAQUIA』のインタビューによって『THE MUSIC DAY』出演時の松本が号泣するほど追い詰められていたことが発覚し、ネット上では彼女に対する同情の声のほか、
    『選曲と演出が悪かっただけ』『オファーした番組が悪い』『できないことを無理やりやらせるのは気の毒など、番組への苦言が飛び交うように。(略)」 (同)


    【【なぜ出た】松本まりか、『THE MUSIC DAY』の楽屋で号泣…「ヘタクソ」の酷評一転、「気の毒」「番組が悪い」と物議】の続きを読む

    1: 2020/11/20(金) 00:17:58.12 ID:FCahziAw0HAPPY
    【優秀作品賞】
    「I'm Here」三浦大知
    「愛をください~Don't you cry~」純烈
    「足跡」Little Glee Monster
    「香水」瑛人
    「世界中の隣人よ」乃木坂46
    「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」DISH//
    「離れていても」AKB48
    「母」氷川きよし
    「Fantasista~ファンタジスタ~」DA PUMP
    「炎」LiSA
    (※曲名50音順)
    music_singer_woman


    【【悲報】日本レコード大賞ノミネートが発表されるも地獄すぎる】の続きを読む

    1: 2020/11/19(木) 02:01:38.24 ID:CAP_USER9
    TBSは18日、歌手のMISIAが、同局系「news23」(月~木午後11時、金曜午後11時30分)の取材の際に落馬により、胸椎棘(きょく)突起部を骨折し、全治6週間のけがを負ったことを発表した。

    同局によると、同番組は、MISIAが、スペシャルオリンピックスという知的障がいのある人達にさまざまなスポーツトレーニングと競技会を提供している非営利的な国際スポーツ組織に賛同して、選手と交流を深めている事を知り、取材していたという。

    けがを負ったのは15日午後。乗馬クラブで、MISIAが知的障がいのある選手たちと乗馬をしながら交流するプログラムに参加する様子を取材している最中だった。
    MISIAが乗馬している様子を撮影していたところ、馬が突然スピードを上げ、落馬。トレーナーからは、取材クルーの動きや機材に馬が反応したと指摘されているという。

    当日はその後、インタビューも行い、取材を終えたが、16日に医師の診察を受けた結果、胸椎棘(きょく)突起部を骨折していたことが判明。けがは全治6週間で、現在自宅で療養しているという。
    同局は「取材中に怪我をされたことについて、MISIAさんに心よりお見舞い申し上げます」とコメント。

    そして「当該の馬は調教されており、乗馬している人がコントロールできる状態にあったとのことでしたが、MISIAさんが怪我をされることになってしまいました。取材クルーの動作や機材の存在が刺激を与えることになったのであれば、誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます」

    「MISIAさんが一日も早くご快復され、熱い思いを込められたスペシャルオリンピックスのイベントに復帰されることを心よりお祈りします。そして、我々は、スペシャルオリンピックス及びMISIAさんの支援活動を引き続き報じて参ります」とした。

    MISIAは、大みそかの「NHK紅白歌合戦」出場が発表されている。

    [2020年11月19日1時41分]
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/202011190000012_m.html
    music_singer_woman



    【【TBS】MISIAが「news23」取材の際に落馬し骨折 全治6週間のけが】の続きを読む

    1: 2020/11/16(月) 09:28:06.81 ID:CAP_USER9
    10月14日に欅坂から改名したばかりの「櫻坂46」が大みそかの「第71回NHK紅白歌合戦」(後7時30分)に“初出場”することが内定した。

    改名後初のシングル「Nobody’s fault」は12月9日発売予定で、まだリリースされていない。
    だが、今月10日から同曲が先行配信されているYouTube公式チャンネルでは、既に140万回以上の再生回数を記録。
    グループ最小の身長150センチながら大きな瞳で人気の2期生・森田ひかる(19)がセンターを務める。

    欅坂時代はデビューした16年に初出場を果たし、以降4回連続で出場した。
    当時のエース・平手友梨奈(19)は今年1月に脱退したが、関係者は「それでも話題性、実力ともに申し分ない」と話している。

    紅組ではほか、デビュー17年目となるJUJU(年齢非公表)が初出場する。

    http://news.yahoo.co.jp/articles/e2523ca3c3c4f0865e87701468d5e91c5a541637

    櫻坂46
    no title


    櫻坂46センター 森田ひかる
    no title

    no title


    1stシングル
    櫻坂46 『Nobody's fault』
    https://www.youtube.com/watch?v=fagRTasDcKo

    【【紅白】「櫻坂46」、改名後初の紅白に内定!エース平手友梨奈脱退も 関係者「それでも話題性、実力ともに申し分ない」】の続きを読む

    このページのトップヘ