重症者

    1: 2021/04/13(火) 22:49:25.82 ID:yiTwJh7P9
    大阪府で13日、新たに1099人の新型コロナウイルス感染が確認されました。

    1日に確認された感染者数が1000人を超えるのは初めてで、過去最多となりました。

    1週間前の火曜日(6日)の新規感染者数は719人で、増加傾向が続いています。

    東京都の13日の新規感染者数は510人で、大阪府が15日連続で東京都を上回っています。

    検査件数は6001件で、陽性率は18.3%でした。

    また、新たに感染者8人の死亡が確認されました。


    重症者数は233人となり、重症病床の使用率は95.1%となっています。

    関西テレビ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0143c1222abfcf9a07ae3482a1ff80ec33c0beac

    japan_character5_kinki4_osaka



    【【陽性率…】4/13 大阪府 1099人感染 陽性率18・3% 重症病床使用率95%超】の続きを読む

    1: 2021/04/13(火) 02:36:33.03 ID:YqxTPwTw9
     大阪府の吉村洋文知事(45)が12日、自身のツイッターを更新し、新型コロナウイルス重症者の治療をしている病院に対し、
    急ぎでない手術や入院を一時的に延期するよう依頼したことを明らかにした。

     府はこの日、月曜日では過去最多となる603人の陽性者を発表。
    政府は5日から、府全域を対象に「まん延防止等重点措置」をとっているが、感染拡大に歯止めがかかっていない状況だ。

     吉村知事は「コロナ重症病床が非常に厳しい状況です」と明かし
    「医師の判断により、急ぎでない手術や入院を一時的に延期し、コロナ重症治療を集中的に行うお願いを要請しました」と述べた。

     医療態勢のひっぱくが深刻なことから「現状、一人でも患者を減らすことが大切です。不要不急の外出自粛にご協力お願いします」とあらためて感染防止を呼び掛けた。
    また、続く更新で、人材や設備が整っている軽症中等症受入病院で重症者の治療も受け入れていることを明かした。
    現在は重症者218人のうち15人といい、今後の発表では「(203人/15人)のように重症者数合計が分かるよう発信します」とした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2a88c318891fdf780f5547ecff427b4f54139208

    icu_syuchuchiryoushitsu

    【【大阪重症218人】吉村知事「急ぎでない手術・入院を延期して」】の続きを読む

    1: 2020/11/29(日) 21:33:36.84 ID:81cvwA+i9
    大阪府内のすぐに患者を受け入れられる病床数と、それがどれだけ埋まっているかを示す「病床運用率」は、29日時点で次の通りです。

    重症患者用の病床は、実際に運用されている病床が137床、患者が110人で、「病床運用率」は80.3%です。

    また軽症・中等症の患者用の病床は、実際に運用されている病床が956床、患者が683人で、運用率は71.4%。


    宿泊療養施設の部屋は、実際に運用されている部屋が1555室、宿泊療養者が634人で、運用率は40.8%となっています。

    11月29日 21時16分
    https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20201129/2000037887.html

    japan_character5_kinki4_osaka


    【【人員不足!】大阪の重症者病床運用率 80%に 11月29日】の続きを読む

    1: 2020/11/28(土) 16:13:09.08 ID:GXdufBvG9
    東京都は28日、新たに561人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。また重症者の数は67人となった。東京都内の累計感染者数は40210人となっている。(JX通信社/FASTALERT)

    https://newsdigest.jp/news/5ee4bfff-dede-4f73-9b8f-abe704f93d25

    c908612c90f2bf8408ed700ef1d57a09_393


    【【速報】新型コロナ 東京都で新たに561人感染確認 重症者は6人増の67人に 28日】の続きを読む

    1: 2020/11/26(木) 18:02:39.80 ID:AzHLfOsn9
    【速報】東京都、新たに481人感染 重症者6人増え60人 11月26日

    東京都によりますと、26日に都が確認した新型コロナウイルスの新たな感染者は481人でした。重症の患者は60人で60人以上となるのは緊急事態宣言が出ていた5月11日以来のことです。

    感染が確認されたのは10歳未満から90代の男女481人です。年代別に見ると20代が最も多い111人、次いで40代が82人、30代が79人、50代が69人でした。重症化リスクが高い65歳以上の高齢者は合わせて83人です。

    重症の患者は前の日から6人増えて60人でした。60人以上となったのは緊急事態宣言期間中の5月11日以来のことです。

    これで東京都の感染者は3万9080人です。都内の感染状況を分析する専門家は、「今後、重症患者数の増加が予想され、通常の医療体制との両立が極めて困難になると思われる」と指摘しています。

    [2020/11/26 15:08] テレ朝
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000199499.html
    https://news.tv-asahi.co.jp/articles_img/000199499_640.jpg

    c908612c90f2bf8408ed700ef1d57a09_393


    【【速報】東京都、新たに481人感染 重症者6人増え60人 11月26日】の続きを読む

    1. 匿名 2020/11/10(火) 18:05:49 

    【速報】大阪で新たに226人が感染 200人超は8月7日以来 吉村知事「まさに第3波に入っている」www.fnn.jp

    大阪府の吉村知事は10日、新たに226人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表しました。1日に確認された感染者数が200人を超えるのは、過去最多の255人となった8月7日以来約3カ月ぶりで、過去2番目の多さです。

    b12b02dc873930c22c220a58251ac1ea_913



    【【二番目の多さ】大阪で新たに226人が感染 200人超は8月7日以来 吉村知事「まさに第3波に入っている」】の続きを読む

    1. 匿名 2020/08/15(土) 23:45:56 


    大阪で重症70人、過去最多 対応協議へ、新たに151人感染 | 共同通信this.kiji.is

    大阪府は15日、151人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。他に2人が再陽性となった。重症者は14日時点から6人増えて70人と第1波のピークだった65人(4月19~21日)を超えて過去最多。

    afac218d99a213a26800f8ea7d62836e_529



    【【イソジン…】大阪で重症70人、過去最多 対応協議へ、新たに151人感染】の続きを読む

    1. 匿名 2020/07/20(月) 23:06:10 


    「どう猛な虎からヤマネコに変わった」新型コロナウイルスはワクチンを待たずに消滅か イタリアの医師が証言www.fnn.jp

    「どう猛な虎がヤマネコに変わった」新型コロナウイルスの感染が再び拡大しているのに重症患者や死者が増えていないことについて、何か情報がないかインターネット上を探していたところこんな見出しの新聞記事に出会った。英国紙ザ・テレグラフ電子版6月20日の記事で、新型コロナウイルスが猛威を振るったイタリアで患者の治療に当たったサンマルティノ病院の感染症部門の医長マテオ・バセッティ教授にインタビューをして、見出しのような表現でウイルスが弱毒化しているという証言を得たというものだ。

    dbd1e805f4b12f6e77b096235803b061_266


    「ウイルスは劇的に変異したというのが私の印象だ。3月から4月始めにかけての状況は今とは全く違った。緊急治療室に運ばれてくる患者の容態は極めて重く酸素吸入が必要で、肺炎を発症しているものも少なくなかった。それが今は、この4週間を見る限りでは、患者の症状は極めて軽症に変わった。呼吸器官内のウイルスによる負荷が軽減されたと考えられる。恐らくはウイルス自身の突然変異の結果と考えられるが、これはまだ疫学的に証明されたわけではない。

    3月、4月頃のウイルスはどう猛な虎のような存在だったが、今はヤマネコみたいだ。最近は80歳、90歳の患者もベッドから身を起こして機器の助けなしに呼吸をしている。かつて高齢の患者は、2~3日で死亡していたのに


    【「どう猛な虎からヤマネコに変わった」新型コロナウイルスはワクチンを待たずに消滅か】の続きを読む

    このページのトップヘ