遺体

    1: 2020/11/25(水) 12:13:21.01 ID:0cSw+r4D9
    アメリカのニューヨーク市ブルックリンでは、新型コロナウイルスの感染第1波で命を落とした人々少なくとも600人の遺体が今も冷蔵トラックの中に取り残されている。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。
    ニューヨーク市の検視局長は、引き続きこうした人々の家族を探しているという。
    遺体の処理を急ごうと当局はスタッフを増やして対応にあたっているが、近親者がなかなか見つからなかったり、葬儀費用の問題で、遺体の取り残しが起きていると同紙は伝えている。
    ニューヨーク市は新型コロナウイルスの大流行で大きな打撃を受け、これまでに3万4000人以上が死亡している。

    ウォール・ストリート・ジャーナルによると、新型コロナウイルスの感染第1波で命を落としたニューヨーク市民600人以上の遺体が今も冷蔵トラックの中に取り残されている。

    親族となかなか連絡がつかなかったり、葬儀費用の問題で、こうした遺体の取り残しが起きていると同紙は伝えている。アメリカでは再び新型コロナウイルスの感染が拡大している。

    ニューヨーク市では3月下旬、処理しきれない遺体を保管しておくため、ブルックリンに仮設の冷蔵施設が設置されていた。

    Insiderでも報じたように、病院の遺体安置所は当時、空きがなかった。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、市の検視局もいっぱいだったという。


    医療スタッフが連絡を取ろうとしていた親族の中には、すでに死亡しているケースもあったと、検視局の法医学検査の責任者エイデン・ナカ(Aden Naka)氏はウォール・ストリート・ジャーナルに語った。

    同紙によると、こうして取り残された遺体の大半は、葬儀費用の問題から今も施設で保管されているという。緊急対策として、市は遺体の埋葬にかかる費用への支援を900ドル(約9万4000円)から1700ドルに引き上げたものの、葬儀費用は依然として多くの家庭にとって手が届かないほど高い。

    ただ、ハート島では無料で遺体を埋葬することが可能だ。この島は、ニューヨーク市が以前から親族が見つからなかったり、見つかっても葬儀費用をまかなえない場合に遺体を埋葬してきた場所だ。

    マニオティス氏は、こうした状況が遺体の親族にとって「トラウマ」になっているとウォール・ストリート・ジャーナルに語った。

    ジョンズ・ホプキンス大学のデータによると、ニューヨーク市ではこれまでに3万4000人以上が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で死亡している。

    Nov. 24, 2020, 03:30 PM
    https://www.businessinsider.jp/post-224634
    no title

    【【米騒動】ニューヨーク市、コロナで死亡した600人以上の遺体が8カ月経っても冷蔵トラックに】の続きを読む

    1. 匿名 2020/07/14(火) 08:23:34 


    《北海道・旭川》次女の遺体を庭に埋め、次男を無戸籍にした夫婦の不自然生活 | 週刊女性PRIMEwww.jprime.jp

    若いころから“発信力”のあった母親は、本を執筆したこともある男と結婚。ナチュラル志向だったが、わが子も土にかえればいいと思っていたのかー。

    df1dbfa7fbc3db7d05056daea084294a_876


    一部では、容疑者の子どもたちは自宅で水中出産したとか、病院には行かない方針だったとも報じられているが、妻の麻理乃容疑者の影響が強かったのかもしれない。

    (中略)

    高校卒業後は、地元で盛んな玄米や菜食を中心とした生活様式・マクロビオティックに目覚めていったようだ。

    マクロビのほかに、化粧品や日用品は、脱石油100%の製品を使うことを心がけ、次のような持論を。

    《サリンの元になっているものは化粧品のもとになっているものとほとんどかわらない》《第三、第四石油類等。サリンは他の種類の石油類も混ぜて作られているそう》

     自然農法や着物にも傾倒し、《着物アイドルのまりのんです》と写真付きで積極的に発信している。


    【【自然派】《北海道・旭川》次女の遺体を庭に埋め、次男を無戸籍にした夫婦の不自然生活】の続きを読む

    このページのトップヘ