週刊誌

    1: 2020/11/12(木) 21:45:21.14 ID:CAP_USER9
    『鬼滅の刃』に主演声優がウンザリ、関連取材NGで「天狗になっている」の声
    https://news.yahoo.co.jp/articles/793746cd494b60670fe2f4d43d006a94e6f57bdf

     主人公・竈門炭治郎役を演じている声優の花江夏樹にはテレビ、新聞、雑誌にインターネット……ありとあらゆるメディアから取材依頼が殺到しているという。ところが! そんな花江が、『鬼滅』関連の取材をほとんど「NG」にしているというのだ。つい先ごろ、花江にインタビュー取材を申し込んだというアニメ専門誌の編集者はあきれ顔。

    「アニメの関連会社を通じて取材をお願いしたのですが“花江さんは『鬼滅』の取材は受けない”と、けんもほろろに……。なんでも花江さん本人が取材にうんざりしてしまったそうで。これまではどんな取材もにこやかに受けてくれたんですが……。“すっかり天狗になっちゃった”と業界内ではもっぱらですよ」





    花江夏樹@hanae0626
    おいしいなぁ

    https://twitter.com/hanae0626/status/1326810926645866496
    no title


    午後5:55 · 2020年11月12日·Twitter for iPhone
    2.5万件のリツイート
    4,106件の引用ツイート
    10.6万件のいいね



    【【鬼滅】声優・花江夏樹さん 、マスコミ「天狗になってる」 花江さんテングのビーフジャーキーを食べ「おいしいなぁ」】の続きを読む

    1. 匿名 2020/11/11(水) 17:13:39 



    坂口杏里の新恋人は元ジャニーズJr.…「いつ知り合った?」とファン騒然 | 東スポWebthis.kiji.is

    元タレント・坂口杏里(29)の〝新恋人〟が元ジャニーズJr.だったことが明らかになった。坂口は10日、自身のSNSで新恋人ができたと報告。「田中斗希(としき)くんと、このたび付き合う事になりました」「ずっと好きだったから幸せ…」「神様っているんだ」などと、ラブラブなコメントとともに新恋人とみられる男性とのツーショット写真を公開した。


    5deaf0757719d9cd48e9dfc7ed5ad24b_17056


    田中は2014年にジャニーズ事務所に内緒で新宿2丁目のホストクラブに勤めていたことがわかり契約を解除。その後、週刊誌の記者に転身していたことが一部で報じられている。


    【坂口杏里の新恋人は元ジャニーズJr.…「いつ知り合った?」とファン騒然】の続きを読む

    1: 2020/09/30(水) 06:51:55.46 ID:CAP_USER
    9/29(火) 8:00配信 AERA dot.

    ■写真説明首相就任後、初の記者会見をする菅義偉首相=2020年9月16日、首相官邸 (c)朝日新聞社

     約8年続いた安倍政権で進んだと言われるのが、メディアへの圧力だ。「あなたに答える必要はありません」――。新首相の菅義偉氏は官房長官時代、政府の疑惑を追及する東京新聞・望月衣塑子記者の質問を露骨に制限。

     新首相となった菅氏の今後の会見での対応が注目されるなか、当時の官房長官会見で何が起きていたのか。朝日新聞政治部記者で、菅氏の官房長官会見にも参加していた南彰氏の著書『政治部不信 権力とメディアの関係を問い直す』(朝日新書)から、一部を抜粋・改編してお届けする。

    *  *  *
    「あなたに答える必要はありません」――。政府にとって都合の悪い記者からの質問には、こう一刀両断し、封じ続けてきた菅義偉官房長官(当時)。安倍官邸への政治権力の集中によって、政治とメディアの関係も変質した。

     2020年4月9日、コロナ禍を理由に官房長官会見は「1社1人」の人数制限がかけられ、未だに解消されていない。その結果、菅官房長官の答弁の矛盾を厳しく追及してきた東京新聞社会部の望月衣塑子記者は、会見に出席できない状態が続いている。

     私が東京政治部に配属されたのは今から12年前の2008年。自民党の福田康夫政権の時だ。フリーランスへのオープン化の前だったが、官房長官記者会見は、官房長官番に限らず、「誰が聞いてもいい」という比較的自由な雰囲気があった。民主党の野田佳彦政権だった11年9月から1年4カ月間、官房長官番を務めた時も、自由な質疑の雰囲気は続いていた。

     ところが、私が2年半の大阪勤務を終えて、15年9月に再び東京政治部に戻ってくると、官房長官会見の質疑がほぼ番記者に限定されるようになっていた。内閣改造を経ても続投を重ねる菅官房長官のもとで新たな秩序が作られていき、不都合な質問には「ご指摘は全く当たりません」と一方的に切り捨てて、「菅はどうせ答えない」という諦めの相場観が広がっていった。

     そうした官房長官と番記者の間で作られた秩序の矛盾が明るみになったきっかけが、17年5月17日の記者会見だ。安倍首相の友人が理事長を務める加計学園の獣医学部新設をめぐり、「総理のご意向」などと書かれた文部科学省の文書を朝日新聞が報じた際に、「怪文書のようなものだ」と菅官房長官が切り捨て、「確認できない」という政府の答弁が1カ月近く続いた。

    全文
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aaf154c3d4fc13c9e88e7b80721c9486ad8722cd

    AERA dot. (アエラドット) : 朝日新聞出版のニュース・情報サイトです。

    【【嫌がらせ⁉】菅氏がやり続けた東京新聞・望月衣塑子記者への露骨な嫌がらせは総理会見でも続くのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ