社員

    1: 2020/09/13(日) 21:40:21.86 ID:69uuweQw9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bf06c48278be98167ffde2ffa422848adf76dcb7
     新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた中小企業や個人事業主を対象にした国の持続化給付金の不正受給問題で、沖縄タイムス社の武富和彦社長らは13日、那覇市内の本社で記者会見を開いた。40代男性社員(総務局付課長)が計100万円を不正受給していたことを明らかにし、謝罪した。緊急小口資金と総合支援資金も虚偽申請し、計80万円も不正に借り入れしていた。計180万円の返還手続きを進めている。

     また、新たに関連会社の30代男性社員が、緊急小口資金を虚偽申請し、20万円を不正に借り入れていたことも説明した。

     別の本社編集局技術職の社員2人も、40代男性社員に誘われ、税理士事務所で給付に関する説明を受けていたことも明らかにした。2人は申請はしなかったが、説明会参加に際し税理士側に「手数料」として1万円から1万数千円を支払ったという。

     沖縄タイムス社は13日までの社内調査の結果として公表。近く社内に検証委員会を立ち上げて「引き続き調査を継続する」とした。処分については、全容が明らかになった段階で厳正に対処する方針。

     武富社長は「多くの県民が危機的な経営状況、厳しい生活環境を乗り切ろうと日々努力を重ねているさなかに、中小企業や個人事業主、生活困窮世帯の救済を目的とした国の制度を悪用した行為は法律に反するだけでなく、人や社会を欺く反社会的行為であり、決して許されない。沖縄タイムス社を代表して心よりおわびいたします」と謝罪した。
    【関連記事】


    【【マスゴミ】沖縄タイムス社長「心よりおわびします」「人や社会を欺く反社会的行為であり、決して許されない」 国の持続化給付金の不正受給問題】の続きを読む

    1. 匿名 2020/04/02(木) 00:57:31 


    東京ディズニーR、NHK特集で「やりがい搾取」「15年もバイト」と運営元に批判噴出biz-journal.jp

    どのアトラクションに行こうかと地図を広げていると、「どこかお探しですか?」と箒を手にした清掃員が声をかけてくる。そして丁寧に行き方を教えてくれる。東京ディズニーランドや東京ディズニーシーに行ったことのある者なら、そんな経験をして驚いたことがあるだろう。そして清掃員はしばしば、箒についた水滴で、ミッキーマウスやミニーなどのディズニーのキャラクターを地面に描く。ここでは清掃員はカストーディアルと呼ばれる。


    df0c5b792313c08ef3e6ba20b631b0ed_5746

    Aさんはどうしたら客を楽しませられるかを考え、箒についた水滴で地面に絵を描く練習を始める。最初は○を3つ描くだけだったが、しだいにミッキーに近づいていった。Aさんは、ディズニーのキャラクターのすべてを描くことを許されたカストーディアルになった。

    番組の内容を受け、インターネット上では、ディズニーリゾートで働く人々の意識の高さや運営元の取り組みに感動する声が上がる一方、以下のような厳しい声も上がっている。

    「そして、15年バイトで最近正規になりましたというオチでしたね。15年ね」
    「アルバイト歴15年。TDRのやりがい搾取の闇しか見えない…」
    「凄くスキルもやる気もあるのに非正規雇用なんて、ディズニーのやることじゃない」
    「ミッキーのなかにいた友人も十数年バイトだったなぁ。気の毒だった」
    「先輩が何人か演奏の仕事してましたが、ギャラが上がらない保証は無いは有名でした」



    【東京ディズニーランドに「やりがい搾取」と批判噴出 NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』で】の続きを読む

    1. 匿名 2020/03/25(水) 20:35:27 


    [記事全文]忽那、岡田に続き「米倉涼子」も… 退所者続出を招いた「オスカー」創業者の娘婿 | デイリー新潮www.dailyshincho.jp

    昨年末の忽那汐里に続き、今年3月には岡田結美とヨンア、そして米倉涼子までもが「オスカープロモーション」を退所するという。創業者・古賀誠一社長(80)が一代で築き上げた帝国に、何が起きているのか。


    56d3ddbf9b8534bc595af69698718726_871

    「ここ3年で毎年15人ほどの社員が辞めています。この3月と4月にも、役付きで屋台骨の『20年選手』3人が退社の見込み。理由は古賀社長の娘婿のパワハラとされている。彼ら社員はみな古賀社長率いるオスカーを愛してきたけれど、そうではなくなりつつある現実を悲観し、辞めていくんです」(オスカー関係者)

    娘婿とは、専務の堀和顕氏(49)を指す。古賀社長の長女でオスカー常務・幸子氏の夫だ。

    (中略)

    ある大手芸能事務所幹部は、堀専務を“制作現場を知らないのに口を出してくる、融通が利かない人”と評する。昨秋には、「カネを使いこんでいる」と疑った堀専務が、古賀社長の秘書を10年に亘って務めてきた50代の男性を辞職に追い込んだ事件が起きている。その際、古賀社長は娘夫婦と言い争いになったものの、最終的に押し切られてしまったという。


    【忽那、岡田に続き「米倉涼子」も… 退所者続出を招いた「オスカー」創業者の娘婿】の続きを読む

    このページのトップヘ