留学

    1: 2020/10/28(水) 20:13:36.03 ID:3QbvvHtb9
    統一849秒

    https://news.yahoo.co.jp/articles/295c7c4b0771cef20ff1a2d8b5d8c85cdf3ebbb6

    「被害女性の首を絞めたのは故意ではない」

    女性の人権大会で

     今年7月、韓国に滞在していた日本人女性が、韓国人男性から強姦被害を受けた事件が明らかになり、韓国メディアの報道で話題になっている。韓国語を勉強するためソウルに留学中だった被害者の女性はまだ未成年だった。



    韓国では若者の出会いの場として有名なイテウォンのポジャンマチャ(韓国式居酒屋)

     20代の容疑者男性は、被害者のインスタグラムを通じてメッセージを送り、好意を示しながら会おうと誘った。

     彼女は容疑者男性と友達になる目的で会ったが、夜10時半頃、男性が彼女の荷物を持って自宅に誘い、酒を飲ませてスマートフォンを奪った後、犯行に及んだという。

     さらに、被害者の首を約1分間押さえこんで息ができなくさせるなど、全治2週間の怪我を負わせた。

     被害者女性が直後に警察に届け出て、容疑者は逮捕され、韓国検察は男性を未成年者性保護に関する法律違反と暴行の罪で起訴した。

     10月19日にソウル北部地裁で容疑者に対する初公判が開かれた。

     男性は犯行動機について「彼女の考えは知らなかったが、私に好感を持っていると思った」と理解に苦しむ弁解を並べ立てた。

     容疑者の弁護士もまた、被害女性の首を絞めたのは故意ではないとした上で、「弁明のように思われるかもしれないが、ベッドマットの上で酒を飲み、互いにほろ酔い状態になったところでスキンシップをしたところ、女性の上半身が後ろに傾いたので被告が被害者の首を軽く押さえた」「すぐに謝罪して女性が大丈夫と言ったことを被告は記憶している」と弁論した。

     しかし、被害女性は警察に「断れば殺されるのではないかと怖くなり、言われた通りにするしかなかった」と話し、男性が首を絞めたため抵抗できなかったと陳述したという。
    被害者に“慰安婦の復讐をしてくれた”などのコメントが…

     今回の容疑者のように韓国人男性のなかには、K-POPと韓国ドラマが日本人に人気があるという理由から、自分たちも日本の女性にBTSやヒョンビンと同様、誰でも簡単に会って好感を持たれると勘違いしている人たちがいる。

     実際、「彼女も私を好きだと思った」という容疑者の言い分は、荒唐無稽で説得力がない。

    「彼女の思いを全く知らなかった」と言いながら、自分を好きだと思ったのはなぜなのか、また相手が自分のことを好きだと思ったのなら、なぜスマホを奪って首を絞めたのか。

     説得力に欠ける弁明を並べた容疑者は、一般強姦罪より重い嫌疑が適用され、有罪の場合、10年以下の懲役または1500万ウォン以下の罰金刑が下される。暴行罪も有罪と認定されれば、罰金刑では終わらないだろう。

     何よりもまず、被害を受けた未成年の日本人女性のことが心配でならない。

     韓国が好きで韓国語を学ぼうと望んだ彼女は、新型コロナウイルスの渦中に留学を決心した。

     そして、未成年という若さで恐怖を味わい、生涯心の傷を抱えて生きていくことになるからだ。

     しかし、この事件に関するネットニュースの反応は「彼が従軍慰安婦おばあさん達の復讐をしてくれた」「日本のセクシービデオを見れば、女性のことをわかるだろう」などというゴミのようなコメントが並んでいる。

     韓国政府は今回の事件について被害者への謝罪や再発防止といったコメントは一切出していない。

     韓国内の反応を借りれば、「一個人が引き起こした事件にすぎない」からだ。


    (略)
    carrycase_woman



    【【コロナ禍に留学…】韓国滞在中の「日本人未成年女性」が強姦被害を受けた事件が明らかに 韓国のコメントに、謝罪は一切見当たらず】の続きを読む

    1. 匿名 2020/10/13(火) 11:22:53 


    「毎日が暴力」高2女子が見た留学先の壮絶実態 | 学校・受験 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準toyokeizai.net

    年間5万人近くの高校生が留学するまでになった日本。若い層の留学希望者が増える一方で、見過ごされている問題もある。昨年の夏、海外留学の支援団体を利用してアメリカへの交換留学に出発した倉橋凜さん(仮名、高校3年生)の体験は憧れを打ち砕くものだった。

    international_school_bad


    「数学の授業中にマリファナをやっている人がいました。はじめは何の匂いかわかりませんでしたけど、だんだん何かわかりはじめて、トイレもそんな匂いがするし、学校の至る所で薬物が使われていました。

    校内での暴力事件も頻繁でした。驚いたのは、学校で起きた喧嘩や乱闘だけを上げる専用のSNSアカウントがあったこと。誰が上げているのかわからないのですが、3日に1度は学生同士がつかみ合う動画がアップされるんです。とてもまともに授業を受けられるような環境ではありませんでした」

    ハロウィンに友達から渡された手作りのケーキ。中にはマリファナが混ぜ込まれていた。「匂いもするのですぐにわかります。食べるとちょっとふわふわした気持ちになるし、これはおかしいと思いました」。身の危険を感じたという。

    3f1330b462fd59dcff905b806aaf8a02_25506

    留学生がホストファミリーや学校とトラブルを起こした場合や連絡の順番を守らずに行動したときには「NGカード」をもらうことになり、3枚たまると強制帰国になるとの説明がなされた。

    連絡の順番
    ① ホストファミリー
    ② 現地にいる団体のコーディネーター
    ③ 自分の家族

    体を休めるはずのホスト宅の居心地も、日に日に悪くなっていた。

    「だんだんと家事などの手伝いが増えて……はじめはちょっと子どもたちの面倒を見るくらいだったのが、洗濯も頼まれるようになり、下の子2人を毎日公園に連れていくこともいつの間にか私の役割になっていました。扱われ方もまるでメイドみたいな感じでした」


    【【留学ガチャ】「毎日が暴力」高2女子が見た留学先の壮絶実態 授業中にマリファナ、家では「使用人扱い」…】の続きを読む

    1. 匿名 2020/07/02(木) 19:59:36 

    英語が得意な方、
    LOLってまだ欧米では使うんですか?


    【英語が得意な人に色々教わるトピ】の続きを読む

    1. 匿名 2020/07/23(木) 23:00:01 


    佳子さま結婚へ! 留学先で“理系男子”と愛育まれる 眞子さま結婚問題後の見込み | 週刊女性PRIMEwww.jprime.jp

    「皇室で随一の人気を誇る佳子さまには現在お付き合いされている男性がいると聞いています。しかも、その方との結婚も、視野に入っているそうですよ」(秋篠宮家関係者)“佳子さまフィーバー”が起こるほどのプリンセスも、今年で26歳に。くしくも、姉の眞子さまが小室圭さんとの婚約内定会見を行われたのも26歳になられる年だった。


    3eee2e658a2ebb38aaea4dbc6beb80cf_10569

    佳子さまと同時期にリーズ大学に留学していた男性Aさんと、真剣交際されているそうなのです。Aさんは都内の理系大学出身で、爽やか系のイケメンだといいます。

    留学中もよく行動をともにする仲で、周囲もお似合いのカップルとして見ていたようです。おそらく、事前に行われた留学説明会などで知り合われたのでしょうね。

    実は、眞子さまと小室さんの結婚問題に結論が出た後、そう間をあけずに佳子さまも婚約される見通しらしく、それもあって進学や就職をされない方針なんだとか」


    【佳子さま結婚へ! 留学先で“理系男子”と愛育まれる 眞子さま結婚問題後の見込み】の続きを読む

    1. 匿名 2020/05/29(金) 08:55:18 

    アメリカに1年留学してました。

    日本ってめっちゃ良い国
    近くにコンビニがあるとか、女が一人で何処へでも行けるとか日本では当たり前すぎることが当たり前ではないってことに気づきました。

    oxzQ2FGbMjCvMsq


    【【住めば都】外国に住んで気づいたこと】の続きを読む

    1. 匿名 2020/05/10(日) 13:07:15 


    年内帰国も難しい? コロナで復帰が遅れそうなJUMP岡本 | リアルライブnpn.co.jp

    18年に米国留学のためグループ活動を休止し、今年の9月にはグループに復帰する予定だったHey! Say! JUMPの岡本圭人だが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で帰国が遅れる可能性が浮上…


    b02e6838d0a1c867c45400d3439b84b0_25688


    全米の中でもニューヨークは感染者が多く、現在もロックダウン中で学校どころではないのが現状だ。同誌によると、同校の授業はすべて中止になり、4月に行う予定だった卒業式と6月に行う予定だった卒業公演が中止に。

    卒業公演は、現地のマスコミや舞台関係者も注目する一大イベント。今後の仕事につがなる可能性もあって、岡本は並々ならぬ意気込みだというが、最悪の場合、年内に帰国できない可能性もありそうだというのだ。

    おそらく、JUMPは今年も大みそかの紅白に出場すると思われるが、岡本は間に合うか?


    【年内帰国も難しい? コロナで復帰が遅れそうなHey! Say! JUMP、岡本圭人】の続きを読む

    このページのトップヘ