海外

    1: 2021/04/13(火) 12:43:03.00 ID:gJz7mPry9
    【ニューヨーク=村山誠】米ミネソタ州ブルックリンセンターで11日、20歳の黒人男性が警官に拳銃で撃たれて死亡する事件があった。

    現場は、昨年5月に黒人男性暴行死事件があったミネアポリスから約15キロと近い。11日夜から抗議活動や暴動が起き、緊張が続いている。

     地元警察の発表によると、交通違反で車を止めた男性に別の事件の逮捕状が出ていることがわかり、警官が男性を逮捕しようとした。男性が逃走を図ったため、警官はスタンガンの一種「テーザー銃」を使って制圧しようとしたが、誤って拳銃を発砲したとしている。

     数百人規模の抗議デモは、警察署が入る建物の近くで始まった。一部は夜に暴徒化し、警察車両を破壊し、商店に放火、略奪した。警察はデモ隊に催涙弾を発射し、衝突した。12日夕には抗議活動が再開した。周辺には州兵が展開し、夜間外出禁止令も出ている。

    ソース 読売新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/228144330494800497c89db9b809fff7fa61c8e7

    2021/04/13(火) 11:12:11.58
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618279931/
    seikimatsu_man



    【【そして略奪】「スタンガンと拳銃を間違えた」 警官が黒人男性を射殺→抗議デモが暴徒化 商店への放火、略奪発生】の続きを読む

    1: 2021/04/13(火) 18:14:25.88 ID:IGhnlCDVM
    文革かな?
    no title

    no title

    【【悲報】ミャンマー国軍 国民を排除宣言】の続きを読む

    1: 2021/04/08(木) 13:40:30.55 ID:iwMpCc3A9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d18b865d4eec42f7a14b590056b1942772236045

    台湾のジョセフ・ウー外交部長(外相)は7日、中国による台湾侵攻の危機が高まっていると米国はみていると述べ、
    そうした事態になれば台湾は最後まで戦うと強調した。

    ウー氏は記者団に、米国の東アジア専門家は「中国が台湾に対して攻撃を仕掛けることの危険性をはっきりと認識している」と語った。

    「われわれは当然台湾を守る意思がある。必要になれば戦争を行う。自衛しなければならなくなったら最後まで戦う」と主張した。

    「台湾の防衛はわれわれの責任であり、あらゆる手段を尽くして防衛力の向上を目指す」と述べ、
    防衛費を増やし軍事力を向上させる意向を示した。

    中国は過去数カ月、台湾に対して圧力を強めており、中国の軍用機がほぼ毎日、台湾の防空識別圏に侵入している。

    台湾国防部(国防省)は23日から8日にわたってコンピューターシミュレーションによる軍事演習を実施すると発表した。

    今回は年次演習の前半部分に当たる。後半の実弾を用いた演習では7月に約8000人の予備役兵を動員して
    上陸阻止などの訓練が行われる。

    軍幹部の劉豫屏氏は記者団に「敵が台湾に侵攻した場合のあらゆる可能性を想定したものだ」と説明した。

    米国の対台湾窓口機関である米国在台湾協会(AIT)から代表が派遣されるかとの質問に対し、
    そうした案は検討されたが、軍事的に微妙な問題であり、実施されないと語った。

    war_cyber_sensou

    【【情報戦】台湾、中国が侵攻なら最後まで戦う】の続きを読む

    1: 2021/04/08(木) 18:05:11.18 ID:pxDlFnnz9
    ※フジテレビさんの表現「過去の一時期」

    フジ・メディア・ホールディングスが過去の一時期、外国人議決権比率が20%を超えていたと公表
    https://www.fnn.jp/articles/-/166973


    ↓NHKさんの表現「2012年から2014年にかけて」


    【速報】フジテレビ親会社 外資規制違反の状態 2012年から2014年にかけて(17:51)NHK 

    tv_drama



    【【総務省も放置してた罪】フジテレビ親会社、外国人の議決権比率が20%を超える放送法違反の状態 2年以上続いていたと公表】の続きを読む

    1: 2021/04/06(火) 00:28:05.23 ID:YFjLy6DFa

    どうしろってんだよ…


    no title

    【【悲報】世界各国「おい日本!ミャンマーなんとかしろよ!」日本「あっあっあっ…」】の続きを読む

    1: 2021/03/28(日) 16:34:00.52 ID:w8yDC1B69
    自動車ディーラーのブラッド・ソワーズは、ゼネラルモーターズ社から発売される予定の新型電気自動車に備えて、お金をかけています。
    彼はセントルイスのディーラーで、充電ステーションを設置し、サービスキュービクルをアップグレードし、技術的に問題のあるこの車について従業員を再教育しています。

    しかし、実際に電気自動車であるシボレー・ボルトの昨年の販売台数は、シボレー全体の4,000台に対し、わずか9台であったことを考えると、彼は少し躊躇し始めました。
    彼は、電気自動車への移行について、「アメリカの真ん中にいる消費者はまだそこにいない」と言います。

    その理由は、彼の顧客の多くは毎日長距離を運転しなければならず、主要都市以外では充電設備が不足しているからです。

    自動車業界の幹部や投資家が電気自動車の時代が来ると語る中、多くのディーラーは、その熱気を現在の新車販売の現実と一致させるためには、多くの努力が必要だと語っています。 昨年の米国の自動車販売台数に占める電池駆動車の割合は2%未満でした。
      販売店や業界アナリストによると、ほとんどの消費者は電気自動車を購入せず、また、ガソリン価格が比較的低いため、ハイブリッド車でさえ販売するのは難しいだろうとのことです。

    多くのディーラーは、世間で言われているような時代の流れに追いつこうとしているが、実際にお客様がシフトしてくれるかどうか、どのくらいの速さでシフトしてくれるかわからない、という微妙な立場に置かれていると感じ始めています。

    全体の約20%にあたる約180社のGMディーラーは、電気自動車を販売するためにGMが求めている高額なアップグレードへの投資をせず、キャデラックのフランチャイズを降りることを決定しました。
    これまで、電気自動車の販売拡大に向けた取り組みは、ほとんどが失敗に終わり、小売店には在庫が増える一方でした。 現在でも、電気自動車を大量に仕入れることに抵抗があるというディーラーもあります。

      "マサチューセッツ州のディーラー、クリス・レムリー氏は、「最大の課題は、ディーラーが昔の誰かが狼を叫んでいるような状態になっていることだ」と語る。

    お店の人もよくわからないようです。 Union of Concerned Scientistsのエネルギーアナリストであるダニエルは、電気自動車の購入を決意したものの、ワシントンD.C.にある彼のアパートの近くには公共の充電ステーションが十分にないことに気づき、最終的に購入を断念したと言います。

    中国紙 网易 2021/3/8 ソース中国語 "EVは自動車産業の将来を担うものだと誰もが言っていますが・・・"
    https://www.163.com/dy/article/G4HKGERO0534IP97.html


    car_denki



    【【真実】 米国自動車ディーラー 「EVの時代という嘘を止めて!客が買った自動車4000台のうち、EVは9台のみ。EV売るの辛い」】の続きを読む

    1: 2021/03/29(月) 03:05:36.18 ID:YvoNpxPB0

    ルフィ:マックス・チャールズ(17)
    no title


    ゾロ:新田真剣佑(24)
    no title


    ナミ:テイラー・リチャードソン(19)
    no title


    ウソップ:マーカス・スクリブナー(21)
    no title


    サンジ:アレックス・ラング(20)
    no title

    【Netflixの実写ワンピース、キャストがリークされてしまう】の続きを読む

    1: 2021/03/27(土) 09:16:13.42 ID:M6RJsxQc9
     気候変動を引き起こす原因とされる温室効果ガス削減のため、各国政府は自動車の排ガス規制を強化している。
    脱炭素がトレンドとなり、世界中の自動車メーカーは、電気自動車(EV)の生産に力を入れ始めた。

    ところがトヨタをはじめ日本の自動車業界はEVシフトに躊躇(ちゅうちょ)しており、このままでは日本だけが取り残されてしまいそうだと海外メディアが報じている。

    ◆日本一人負け? 世界はEVに向かう
     日本の自動車業界が衰退に向かってしまう可能性もあると述べるのは、ニューヨーク・タイムズ紙(NYT)だ。
    2009年に量産車としては世界初のEVである「リーフ」を発表したのは日産自動車だったが、いまや他国の自動車会社のほうがEVに力を入れているとする。世界規模で見れば、EVは全体の販売台数の3%以下だ。

    消費者はその価格にたじろぎ、車種も限定的、充電時間も長くかかるなど、ラグジュアリーモデル以外で利益を出すのは難しい。
    しかし、テスラだけでなく、ゼネラルモーターズ、ボルボなども完全EV化を宣言。
    中国や韓国企業もEVシフトが盛んで、異業種のアップルも参入を目指している。

     一方、日本メーカーは現在、ガソリンと電気を併用するハイブリッド車で世界の市場で優位を占めている。
    「リーフ」の元デザイナーは、この技術に多額の投資をしたためできるだけ長く利益を得たいのだろうが、EVの波は確実にやってきており、
    そのような短期的な目的が転換期における判断を間違えさせる危険性がある、と同紙に語っている。

     マーケティング・リサーチ会社、CMRのアナリストは、純粋なEVの開発をしなければ、トヨタのような自動車会社は、国に支援を受けた中国や韓国のライバルからの脅威に直面することになると述べる。
    EVにシフトしない会社は、目を覚まさなければ倒産の危機に陥るとしている(ガーディアン紙)。


    (全文はソースにて)
    https://newsphere.jp/economy/20210326-1/

    car_yuki_tachioujou_man



    【【海外がうるさい】EVシフトに消極的な日本メーカーは世界から取り残され一人負けの可能性…米英メディア報じる】の続きを読む

    1: 2021/03/25(木) 19:15:08.04 ID:b+DGFuwd9
    「台湾をNATO Plusに」米議員が法案提出 外交部「発展を注視」

    (台北中央社)台湾に「NATO(北大西洋条約機構)Plus」の国々と同等の待遇を与えるよう求める法案「Taiwan PLUS Act」が米下院に提出されたのを受け、外交部(外務省)の欧江安(おうこうあん)報道官は23日、具体的な行動で台湾への関心を示すものだと感謝し、引き続き今後の発展を注視していくと述べた。

    欧氏は、バイデン政権が発足以降、台湾関係法と6つの保証を順守する米国の立場を重ねて表明し、台湾に対する約束は盤石だと強調していることを指摘。
    その上で、今後も引き続き台米の安全保障協力を深化させ、ともにインド太平洋地域の平和、安定、繁栄を促進したいとする台湾側の姿勢を改めて示した。

    2021/3/24
    https://japan.cna.com.tw/news/apol/202103240005.aspx
    america_daitouryousen_man2





    【【中国包囲網】 台湾、NATO(北大西洋条約機構)Plus に加入か 米下院で法案提出される】の続きを読む

    1: 2021/03/24(水) 23:01:42.03 ID:eGt0oonPd
    ■ポルトガル代表最新メンバー21/03/16発表
    ▽GK
    ルイ・パトリシオ(ウォルバーハンプトン)
    アントニー・ロペス(リヨン)
    ルイ・シルバ(グラナダ)
    ▽DF
    ペペ(ポルト)
    ジョゼ・フォンテ(リール)
    セドリック・ソアレス(アーセナル)
    ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント)
    ジョアン・カンセロ(マンチェスター・C)
    ドミンゴス・ドゥアルテ(グラナダ)
    ルベン・ディアス(マンチェスター・C)
    ヌーノ・メンデス(スポルティング・リスボン)
    ▽MF
    ジョアン・モウティーニョ(ウォルバーハンプトン)
    ダニーロ・ペレイラ(パリSG)
    セルジオ・オリベイラ(ポルト)
    ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・U)
    ジョアン・パリーニャ(スポルティング・リスボン)
    ルベン・ネービス(ウォルバーハンプトン)
    レナト・サンチェス(リール)
    ベルナルド・シウバ(マンチェスター・C)
    ▽FW
    クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
    ラファ・シルバ(ベンフィカ)
    アンドレ・シウバ(フランクフルト)
    ディオゴ・ジョッタ(リバプール)
    ジョアン・フェリックス(A・マドリー)
    ペドロ・ネト(ウォルバーハンプトン)
    sports_soccer_man_asia



    【【海外代表】サッカーポルトガル代表、ガチでW杯優勝を狙えそう】の続きを読む

    このページのトップヘ