氷河期

    1: 2020/10/29(木) 12:45:50.00 ID:c0ULkW0J0● BE:522087641-2BP(2000)

    田村憲久厚生労働相は27日、萩生田光一文部科学相、坂本哲志1億総活躍担当相とともに、日本商工会議所の三村明夫会頭ら経済団体首脳と東京都内で会談した。3大臣は、新型コロナウイルスの流行で厳しさが増している新卒採用の維持を要請。採用試験で卒業後3年以内の既卒者を新卒扱いとするよう改めて求めた。


     厚労相は「ぜひ採用活動でご尽力をいただくよう心からお願いしたい」と要請。三村会頭は「就職の維持・促進を官民でやるのは貴重なことだ」と応じ、全国の商工会議所に周知する考えを示した。厚労相は、会談後に「第二の就職氷河期世代を作らないということはご理解いただいた」と語った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/341841588a2d4d41707256d4be9da27897652d28
    syukatsu



    【政府「氷河期世代は自己責任だけどコロナ世代は被害者だから救済するわ」】の続きを読む

    1: 2020/10/19(月) 10:08:29.54 ID:hvi69H5La
    no title

    【【悲報】2022年卒の大学生、人生終わる。ガチで就職氷 河期へ・・・・・】の続きを読む

    1. 匿名 2020/05/24(日) 08:43:10 


    収入ゼロ、卒論難航、内定取り消し… 大学4年生襲う「三重苦」|【西日本新聞ニュース】www.nishinippon.co.jp

    新型コロナウイルスの影響で、大学最終年度の4年生が「三重苦」に追い込まれている。アルバイト先の休業に伴う生活苦に加え、就職活動も卒業論文の準備も思い通りに進められない。内定を得ても、企業側の経営悪化で取り消される不安が拭えず、就活を続ける例も。原則入構禁止が続く大学もあり、卒論に必要な資料集めや実験が難しく、学生たちを悩ませている。


    f9ee68523a01dfaef7f0f6b4c1f6a07f_9867


    卒業論文の準備のためスライド資料を作成する男子学生。内定は得ているが、取り消しの不安感から就活も続けなければならない


    【収入ゼロ、卒論難航、内定取り消し… 大学4年生襲う「三重苦」】の続きを読む

    1. 匿名 2019/12/24(火) 12:14:17

    9125ea88686045d2be4cdd5b47e749db_994


    43歳で無収入"子供部屋オバサン"の危険な末路 「単発バイトはたまにする」 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)president.jp

    実家の「子供部屋」で暮らす独身の男性を指す「子供部屋おじさん」というネットスラングが注目を集めている。パラサイトシングルを取材している子育てアドバイザーの鳥居りんこさんは「子供部屋おじさんは収入があることが多いが、『子供部屋おばさん』は家事手伝いで無収入のケースが多い。その場合、親亡き後は生活に困窮してしまう」という——。


    危惧されているのは「中高年になっても、親の経済力に頼っている人」たちである。つまり、収入がゼロかわずかにしか得ていない人々で、「子供部屋おじさん」より「子供部屋おばさん」に多いと思われる。女性は男性と比較すると低年収であることが多く、さらに“家事手伝い”という職業に就くことが許される社会背景があるからだ。彼女たちの実家が裕福であれば別だが、それでなければ親亡き後は生活保護となるリスクがあり、結果的に「社会保障財政を強く圧迫することになるのではないか」と警鐘を鳴らす人も多い。



    【43歳で無収入"子供部屋オバサン"の危険な末路】の続きを読む

    このページのトップヘ