民主党

    1: 2020/12/01(火) 07:51:47.37 ID:1UWhg4MF0
    ムチムチ
    no title

    no title

    【【画像】ハリス副大統領の報道官エロすぎw】の続きを読む

    1: 2020/11/09(月) 16:38:22.22 ID:jAPdop0O9
    アメリカ大統領選挙で勝利宣言した 民主党のバイデン氏は、 新型コロナウイルスで悪化した経済を立て直すため、 4年間でおよそ206兆円に上る インフラ投資をする方針です。

    投資は脱炭素社会の実現を目指し、 主に再生エネルギーの分野に振り分ける予定で、 ほかに育児や介護など 社会保障の拡充も目指します。

    財源は、大企業や富裕層への課税を強化し増税で賄い、 10年間で400兆円を超える見通しです。

    ただ、議会の上院・下院 それぞれの承認が必要なため、 実現するかどうかは不透明です。

    通商分野では中国に対して厳しく迫る方針ですが、 制裁関税を発動したトランプ政権と異なり、 同盟国と連携して中国を包囲していく考えです。

    テレ東
    https://www.tv-tokyo.co.jp/news/txn/news_txn/post_214325
    america_daitouryousen_man

    【【増税キター】米国 200兆円のインフラ投資へ…財源は大企業や富裕層への課税強化、10年間で400兆円超の増税へ】の続きを読む

    1: 2020/11/09(月) 05:49:23.88 ID:Ig1VzMHD9
    【ニューヨーク=宮本岳則】米大統領選で当選確実となった民主党候補のジョー・バイデン前副大統領は、閣僚人事を含めた新政権構想に着手する。全米で新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、景気下支えが優先課題の1つとなるだけに、経済政策チームの顔ぶれは焦点だ。対中国政策の要となる外交・安全保障担当閣僚も早急に固めるとみられる。

    バイデン氏はすでに政権移行チームのウェブサイトを立ち上げている。共和党現職のトランプ大統領が敗北を認めなくても、国務や国防、財務、司法といった重要閣僚の人事を中心に選定を進めるとみられる。「感謝祭の祝日(11月26日)のあたりから顔ぶれが公表されていくだろう」。外交や安保を専門とする米調査会社PTBグローバル・アドバイザーズのポール・ゴールドスタイン氏は予想する。

    バイデン陣営は最も多様性に富んだ政権を目指すと公言している。クリントン政権やオバマ政権を要職で支えた人材に加え、民主党内の左派や、共和党からも登用する可能性がささやかれる。団結や融和を演出するためだ。重要閣僚には女性候補者の名前が多数挙がっている。

    新型コロナ対策が次期政権の喫緊の課題となる。経済政策の司令塔である財務長官候補には、米連邦準備理事会(FRB)のラエル・ブレイナード理事の名前が広く取り沙汰される。

    オバマ前政権時代の2009年にティモシー・ガイトナー財務長官の顧問として金融危機に対応し、その後財務次官についた。コロナ危機ではFRB側の担当者として、企業の資金繰りを支える融資プログラム策定に関与した。

    対中関係や同盟関係の立て直しなど外交でも難題が山積みだ。

    外交責任者の国務長官には、オバマ前大統領の腹心だったスーザン・ライス元国連大使や、長年バイデン氏の外交顧問を務めるトニー・ブリンケン元米国務副長官らの名前が挙がる。オバマ政権で大統領補佐官を務めていたライス氏は、米中で世界を仕切る「新しい大国間関係」という中国の主張に理解を示し、日本国内で波紋を呼んだ。ブリンケン氏は北朝鮮に厳しい姿勢で知られる。

    日本にとっては外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)で相手方の一人となる国防長官人事も重要だ。筆頭候補にはミシェル・フロノイ元国防次官の名前が挙がる。同氏は6月、外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」(電子版)に「アジアでの戦争を防ぐ方法」と題した論文を発表した。中国・人民解放軍の能力向上に危機感を示し、米軍に新技術への投資を提言した。タイ系米国人でイラク戦争に従軍経験もあるタミー・ダックワース上院議員も候補者の一人とされる。

    トランプ政権は、気候変動問題の解決を目指す「パリ協定」からの離脱を国連に通告するなど、多国間主義に背を向けてきた。一方、バイデン氏は国際協調路線への回帰を志向しており、国連大使人事にも注目が集まる。同性愛者を公言するピート・ブティジェッジ前インディアナ州サウスベンド市長は有力候補の一人だ。バイデン氏と争った民主党の大統領候補指名レースで善戦し、その名が知られた。

    中道派と左派の融和が課題の民主党にとって、左派の人事処遇は焦点だ。バイデン氏と最後まで指名を争った左派の重鎮、バーニー・サンダース上院議員は政権入りに関心があると報じられており、労働長官候補の一人に名前が挙がる。左派の中にはエリザベス・ウォーレン上院議員を財務長官や司法長官など重要閣僚で起用するよう求める声がある。もっとも、承認権限を持つ米上院で、共和党が議席数の過半数を維持した場合、任命を巡って紛糾する可能性がある。

    日本経済新聞 2020年11月9日 2:15 (2020年11月9日 2:31 更新)
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO65977570Z01C20A1I00000?s=5
    america_daitouryousen_man



    【【ライスキター】バイデン氏、閣僚人事着手 国務長官候補にライス氏ら(日経)】の続きを読む

    1: 2020/11/08(日) 01:58:32.53 ID:dfpz44zo9
    2020年11月08日 01時45分 JST
    アメリカ初の女性副大統領が誕生へ。カマラ・ハリス氏はどんな人?【大統領選】
    副大統領候補は、女性で、アジアとアフリカ人移民の子であるカマラ・ハリス氏。コンバースを履いた選挙活動も話題になりました👟

    生田綾

    2020年のアメリカ大統領選で民主党のジョー・バイデン氏が勝利を確実にし、アメリカで初となる女性の副大統領が誕生する見通しとなった。その座につくのは、女性で、アジアとアフリカ人移民にルーツを持つカマラ・ハリス氏だ。

    ハリス氏はどんな人物なのか。





    黒人であり、アジアにもルーツを持つ女性副大統領

    ハリス氏は、1964年10月20日、西部カリフォルニア州生まれの56歳。

    母親はインドから、父親はジャマイカからアメリカに来た移民で、アジアとアフリカにルーツを持っている。両親が離婚した後、がん研究者で市民権活動家の母親シャマラ・ゴパラン・ハリス氏が、ハリス氏と妹のマヤさんを育てた。
    ハリス氏は黒人だが、奴隷としてアフリカから連れてこられた人たちに直接のルーツを持たないことから、ハワイに留学していたケニア人の父を持つバラク・オバマ氏と重ねられることも多い。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5fa3f327c5b660630aeec7c1

    【アメリカ初の女性副大統領が誕生へ。カマラ・ハリス氏はどんな人?【大統領選】】の続きを読む

    1. 匿名 2020/07/04(土) 08:03:52 


    鹿児島県と熊本県に「大雨特別警報」発表(日直予報士 2020年07月04日) - 日本気象協会 tenki.jptenki.jp

    4日午前4時50分に、鹿児島県と熊本県に大雨特別警報が発表されました。これまでに経験したことのないような大雨となっているところがあります。何らかの災害がすでに発生している可能性が高く、警戒レベル5に相当する状況ですので、最大級の警戒をしてください。


    e61e5214d1e54c29044a060e9e340681_9503

    e61e5214d1e54c29044a060e9e340681_16506


    【鹿児島県と熊本県に「大雨特別警報」発表】の続きを読む

    1. 匿名 2020/04/27(月) 20:02:32 


    【イタすぎるセレブ達】ブラッド・ピット、新型コロナ専門家に扮してトランプ大統領を徹底的にこき下ろす! 視聴者ら「“神回”すぎる」と大絶賛 | Techinsight(テックインサイト)|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイトjapan.techinsight.jp

    人気俳優のブラッド・ピットが、このほど『Saturday Night Live(SNL)』のオープニングにサプライズ出演した。新型コロナウイルスの専門家アンソニー・ファウチ博士に扮したブラッドのオープニングが「まさに神回!」と絶賛されている。

    4ce65bc850f1d8f7c21dd14f95e75c6c_6799


    「ワクチンは“わりと”早く開発されるだろう」とのトランプ大統領の発言には、「“わりと”早く、というのは興味深い表現です。地球史上という観点から見れば、もちろんワクチンはすぐに完成するでしょうね。しかしあなたがもし友人に『“わりと”早くそっちへ行くよ』と伝えておきながら、現れたのが1年半後だったとしたらどうでしょうか。その友人は“わりと”お怒りになるかもしれませんよ」とブラッドは皮肉たっぷりに大統領をディスった。

    他にも「ウイルスはミラクルのようにいつか消えてなくなる」「検査を受けたい人は、全員受けられる」などといったこれまでの失言に対し、ブラッドは声色から身振り手振りに至るまですっかりファウチ博士になりきり、強烈なジョークでトランプ大統領をこれでもかと嘲笑した。


    【ブラッド・ピット、新型コロナ専門家に扮してトランプ大統領を徹底的にこき下ろす! 視聴者ら「“神回”すぎる」と大絶賛】の続きを読む

    このページのトップヘ