桜を見る会

    1: 2020/11/24(火) 17:11:29.65 ID:bRKY0Y+20 BE:668024367-2BP(1500)

    ソースは日テレニュース


    「情けない」辻元清美氏が〝犬猿〟安倍前首相を批判 蓮舫氏と緊急タッグで疑惑追及へ

    「情けないですね、(国会で)こんなことばかりやっているようでは…」とマスク越しにあきれた表情で話した辻元氏は、首相在任中に国会で「虚偽の答弁をしてたことが濃厚となった」と厳しく追及した。

     すでに安倍事務所に会場に使用したホテルの明細書、領収書を要求したという。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2439666/
    kid_job_girl_seijika



    【【サクラ】辻元清美「桜は散ってなかった。桜吹雪吹きますよ、明日の予算委員会で」】の続きを読む

    1: 2020/09/19(土) 17:46:54.55 ID:H2AdMOd+9
    https://www.asahi.com/articles/ASN9L6KH8N9HUTIL04Y.html
     家庭用磁気商品の「オーナー(販売預託)商法」で多額の現金を集めた「ジャパンライフ」元会長の山口隆祥容疑者(78)ら14人が詐欺容疑で逮捕された事件。

     被害弁護団によると、同社の会社案内には複数の報道機関のOBが顧問として紹介されていた。うち一人は元朝日新聞政治部長の橘優氏で、橘氏などによると、顧問だったのは退社2年後の2013年から破綻(はたん)直前の17年夏ごろまで。

     橘氏は取材に対し、「業務には一切関わっていない」と話した。顧問に就いた経緯について、山口容疑者が理事を務める文化系の一般社団法人の代表理事になり、「報酬はジャパンライフの顧問料として支払う」と説明されたという。橘氏は「顧問には便宜的になった」と説明した。

     ジャパンライフは1980年代には国会で「マルチまがい商法」と指摘されていたが、橘氏は「うかつで甘いといわれれば、そうだ。どんな会社か知らなかった」と強調した。同社のチラシに、与党幹部とともに名前や顔写真が掲載されていたが「知らなかった」と話す一方、山口容疑者が同席することになっていた報道機関の幹部やOBらの勉強会で、招待する政治家への出席依頼をしていたという。

     被害者側の弁護団によると、橘氏は同社から計約3千万円の顧問料を受け取っていたといい、被害者から損害賠償を求めて提訴されている。
    朝日新聞社広報部のコメント

     元政治部長の在職中の肩書が悪用されたとすれば、誠に遺憾です。退職後に社外から得た報酬などについては、本人の責任で対応すべきものと考えます。


    【【ジャパンライフ】 特大ブーメラン 朝日新聞・橘優も退社後に顧問 「名前が悪用! 遺憾!」】の続きを読む

    このページのトップヘ