性犯罪

    1. 匿名 2020/11/25(水) 19:25:00 


    逮捕は6回目 性犯罪を繰り返すミスター慶応「鬼畜の所業」|日刊ゲンダイDIGITALwww.nikkan-gendai.com

    コイツら頭がいかれているんじゃないか――。さいたま市のカラオケ店とインターネットカフェで、同じ女性に別々に性的暴行を加えたとして、無職の渡辺陽太(24)と職業不詳の光山和希(24)両容疑者が20日、強制性交の疑いで埼玉県警大宮署に逮捕された。



    e51a3c1ce34ac6499c5645ba89f3b800_39


    以来、余罪が次々と明らかになり、準強制性交、準強制わいせつ、昏睡強盗、窃盗の疑いで神奈川県警に5回逮捕されている。ところが横浜地検は19年1月、渡辺容疑者と光山容疑者、一部事件で共謀した4人全員を不起訴処分とした。今回の犯行はそのわずか2カ月後のことである。

    「当時、慶大2年だった渡辺と光山は酒が入ると渋谷に繰り出し、女を引っ掛け、もうやりたい放題だった。渡辺のスマートフォンには犯行の一部が記録されていましたが、それでも不起訴になった。地検は不起訴処分の理由を明らかにしませんでしたが、示談が成立したとみられています。それでさらに調子に乗ったのでしょう」(司法担当記者)


    【【上級国民】逮捕は6回目 性犯罪を繰り返すミスター慶応「鬼畜の所業」】の続きを読む

    1. 匿名 2020/11/13(金) 11:35:45 


    飲み物に“睡眠薬”混ぜ女性にわいせつ行為か、リクルートコミュニケーションズ社員の男逮捕(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュースnews.yahoo.co.jp

    知人の女性に睡眠作用のある薬を混ぜた飲み物を飲ませ、性的暴行を加えたとして、30歳の会社員の男が警視庁に逮捕されました。  準強制性交の疑いで逮捕されたのは、リクルートコミュニケーションズの社員・丸田憲司朗容疑者(30)です。丸田容疑者は今年6月、東京・渋谷区の飲食店で、知人の30代の女性に睡眠作用のある薬を混ぜた飲み物を飲ませたうえ、自宅に連れ込み、性的暴行を加えた疑いが持たれています。


    f22ed4f6d696c4d9f0f890513fc2e8cd_26780


    女性は足元がふらついて肩をかりないと歩けない状態になり、目覚めた際には丸田容疑者の自宅にいたということです。その後、体に違和感があり、警視庁に相談していました。


    【【卑劣!】飲み物に“睡眠薬”混ぜ女性にわいせつ行為か、リクルートコミュニケーションズ社員の男逮捕】の続きを読む

    1. 匿名 2020/10/29(木) 13:02:01 


    「殺すぞ」路上で脅迫、車内に監禁 小4女児を暴行 横浜地裁初公判(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュースnews.yahoo.co.jp

    「仕事のストレスが大きくなっていた」─。道を歩いていた女児(9)を脅して車に監禁し、暴行したとしてわいせつ略取や監禁、強制性交などの罪に問われた男(47)の初公判が28日、横浜地裁(橋本健裁判長)で開かれ、執拗(しつよう)な犯行態様や身勝手な動機が明らかになった。


    a03ee39aea80e6d763cffd7c5e7cee39_801


    女児が騒がないか試すためわざと女児にぶつかるなどした上で、車の鍵を凶器に見せかけて脅し、車内に連れ込んだ。暴行後、女児を解放した被告は妻と合流して買い物などをしており、証言台に立った妻は「いつもと同じだった」と当時の被告を振り返った。


    【【狂気】「殺すぞ」路上で脅迫、車内に監禁 小4女児を暴行 横浜地裁初公判】の続きを読む

    1: 2020/09/26(土) 11:43:10.58 ID:7nRFWDgm9
    明るく活発だった娘から突然、笑顔が奪われた。夜も眠れず、食欲も落ち、外出もできなくなった。原因は、安全であるはずの小学校で、信頼していた教師からのわいせつ行為ーー。

    そんな苦しい思いを打ち明けるのは、中学1年になる女の子の両親だ。女の子が千葉県内の公立小学校の5年生だった2018年2月、学校のトイレで男性教師からわいせつな行為をされたと打ち明けた。両親はすぐ学校側に説明を求めたが、「教師本人が認めていない」という理由から、何も対応をしてもらえなかったという。

    困った両親は、代理人の弁護士やこどもの人権擁護活動をしているNPOの協力を得て、県教委や自治体の教委、学校側と協議。女の子が安心して学校に通い、勉強が続けられる環境を求めてきたが、最後まで男性教師のわいせつ行為は認めず、転校まですすめられたという。第三者による調査もいまだおこなわれていない。

    女の子は6年生のときにPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断された。中学生となった現在も登校できない状態が続いている。女の子と両親は2019年1月、教師や県教委などを相手取り、千葉地裁に計約1000万円の損害賠償を求める提訴に踏み切った。

    なぜ、教師によるわいせつ事件は繰り返されるのか。また、女の子と両親はなぜ訴訟という手段をとらなければならなかったのか。背景には、「教師がわいせつ事件を起こすわけがない」という前提を変えようとしない、学校や教委の体質にあるという。訴訟にいたるまで何が起きていたのかを取材した。(弁護士ドットコムニュース編集部・猪谷千香)

    ●最初は「くすぐり」から始まったわいせつ行為

    それまで、両親の目には女の子の様子は普段と同じように見えていた。ところがある日、女の子が母親に「学校に行きたくない」と言い出した。驚いた母親が話を聞くと、女の子は学校で男性教師に体を触られたと打ち明けた。

    「1カ月近くずっと我慢してたらしいのですが、もう耐えられないと思ったそうです」と母親は振り返る。

    訴状などによると、男性教師が女の子に触り始めたのは、2017年9月。最初は、休み時間に廊下を歩いていたら、肩に手をかけられたり、あごのあたりをくすぐられるなどされた。11月には音楽発表会が開かれた際、移動のバスの中でわきの下をくすぐられた。2018年1月にも、廊下で通せんぼされ、わきの下などをくすぐられた。

    そして2月、男性教師は体育館のトイレ掃除で、もともと2人だった担当を女の子1人だけに変更。トイレの個室内で、女の子の頭をなでたり、体を触ったりしたうえで、服の中に手を入れて胸を触った。このわいせつな行為は何度も繰り返されたという。

    「気持ち悪い。なんでこの先生は私の体を触るのだろう」。女の子は当初から嫌悪感を持っていたが、体育館のトイレという「密室」で、行為がエスカレートしたことから、恐怖のため学校に行くことができなくなってしまった。

    ●調査しない学校、転校をすすめた自治体教委

    男性教師は、別の学年の担当で同僚から信頼もある教師だった。すぐに母親は女の子の担任教師に話した。

    「担任は半信半疑のようで、『ああそうなんですか』というだけでした。まさかそんなことをする先生じゃないと思ったのでしょうね」と母親は悔しさをにじませる。

    担任では話がわからないと考えた両親は、どんな被害があったか紙にまとめ、安心して女の子が登校できるよう、すぐに男性教師を別の学校などに異動させてほしいと学校側に求めた。

    「学校からは、異動させることはできないと言われました。理由は『本人が認めてないから』の一点張りです。でも、学校側はきちんと調査せず、男性教師本人に話を聞いただけでした」

    自治体の教委にいたっては、別の小学校に転校させるようにすすめてきた。一方、女の子自身も勇気を出して、スクールカウンセラーと面談の機会をもうけた。

    「スクールカウンセラーは、その場では『大変だったね』『よく話せたね』と親身になってくれているようでしたが、あとから『人間の記憶は100%じゃないから信じることができません』と言われました。こりゃだめだと思いました」と父親は話す。

    両親と女の子の必死の訴えは、一切信じてもらえなかった。それでも、両親は娘が学校に戻れるよう、さまざまな働きかけをした。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d38c493e6df41fb2e213885cdc2f0c38d57901e1
    no title


    【【社会】「教師がトイレで娘にわいせつ行為」 両親の必死の訴えを信じない学校】の続きを読む

    1: 2020/09/24(木) 18:28:57.53 ID:TUG85mi70

    埼玉県警朝霞署は23日、1990年代後半~2000年代初頭に活躍した人気ロックバンド「ヒステリックブルー」(解散)の元ギタリストの男性(41)を強制わいせつ致傷容疑で逮捕した。捜査関係者への取材で判明した。

     捜査関係者によると、男性は7月上旬、埼玉県朝霞市の路上でわいせつな行為をしようとして帰宅途中の20代女性を押し倒し、軽傷を負わせた疑いが持たれている。女性が声を上げたため逃走した。

     ヒステリックブルーは男女3人組で、「春~spring~」などが大ヒット。99年のNHK紅白歌合戦にも出場したが、04年に男性が性的暴行などの容疑で警視庁に逮捕された後に解散した。

     男性は06年に懲役12年の実刑判決が確定。服役中の16年、刑務所内で性犯罪の再犯防止プログラムを受けているとの手記を雑誌で公表していた。【平本絢子、中川友希、成澤隼人】

    https://mainichi.jp/articles/20200923/k00/00m/040/114000c

    no title

    no title


    【【ヤバイやつ】強制わいせつで逮捕された元ヒスブル直樹さん「ポルノこそ性犯罪」「日本男の98%がクソ」】の続きを読む

    1. 匿名 2020/09/15(火) 00:20:39 

    【この記事には、性暴力に関する言及・表現があります。フラッシュバックなどの心配がある方は、ご自身の状態に注意してお読みください。】


    「気をつけろ」「スカートを短くするな」ではなく…痴漢に遭った中学生の私に、大人がかけるべきだった言葉 | 文春オンラインbunshun.jp

    2010年に警察庁が実施したデータによると、過去1年間に痴漢被害にあった人の89.1%が警察に通報・相談をしていないという(牧野雅子『痴漢とはなにか 被害と冤罪をめぐる社会学』2019年、エトセトラブックス、19頁)。


    371b5f3f99c55c26761c7f97a8ef6d7b_482


    知らないまま痴漢をされ、周りの友人も同じように痴漢されている状況の中で大人たちは「ひどいね、気持ち悪いね、気をつけてね」と言ってくれたが、「それが犯罪だ」とは誰も言ってくれなかった。痴漢は"当たり前 "のモノで、“仕方のないこと”だと受け止めざるを得なく、友人たちとは慰め合いながら「痴漢にあわないための工夫」を共有するしかなかった。

    今ならわかる。痴漢は性暴力で、性暴力は加害者がいるから起こるのだと。私がどんな見た目や態度であろうと、私に落ち度はない、と。だからこそ、もしそのことを痴漢被害にあう前に誰かが教えてくれていたら、と思うのだ。


    【【泣き寝入り】「気をつけろ」「スカートを短くするな」ではなく…痴漢に遭った中学生の私に、大人がかけるべきだった言葉】の続きを読む

    1. 匿名 2020/09/06(日) 15:09:51 


    小学女児の両足つかみ、引きずり込んで下半身触る…下着も奪う : 社会 : ニュース : 読売新聞オンラインwww.yomiuri.co.jp

    福岡県警久留米署は4日、久留米市津福本町、無職黒崎健人容疑者(30)を強制わいせつと強盗の容疑で逮捕した。発表によると、黒崎容疑者は3日午後3時5分頃、同市の路上で小学生の女児(6)の両足を両手でつかむなど…

    402a1310b6d552609e1b9995e4ef4fd2_8892


    【【恐怖】小学女児の両足つかみ、引きずり込んで下半身触る…下着も奪う】の続きを読む

    1. 匿名 2020/08/23(日) 19:13:53 



    高畑裕太、公式ホームページ開設 ツイッターとインスタグラムも再開「また0から…」 | ORICON NEWSwww.oricon.co.jp

    俳優の高畑裕太(26)が23日、自身のツイッターを更新し公式ホームページを開設したと報告。これに伴い、過去に凍結させたツイッターとインスタグラムを再開することも発表した。

    009e688152e9dcc72860b15e51e09602_10530

    高畑は、自身の思いをしたためた画像を貼り付けて「此の度、高畑裕太公式HP開設に伴いまして、過去に凍結させたTwitter、及びInstagramを再開する事と致しました」と報告。「この先の運営に関しましては、自身が関係した作品、活動に関しての投稿等をしていけたらと考えております。また現時点で次ぐの活動に関してのお知らせはありません」とした。


    【【まだ26歳⁉】高畑裕太、公式ホームページ開設 ツイッターとインスタグラムも再開「また0から…」】の続きを読む

    1. 匿名 2020/07/27(月) 11:37:51 



    【柔道】柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”|格闘技|日刊ゲンダイDIGITALwww.nikkan-gendai.com

    五輪男子柔道でアテネ・北京の2大会連続金メダルを獲得。2度にわたる紫綬褒章受章をはじめ、数々の栄誉に輝いた。本日登場の内柴正人さん(42)だ。さて、今どうしているのか?


    8d5fd22e22be2170a27b11ab47703646_22152



    「今年1月24日からここで働いてまして、今は総責任者であるマネジャーです。とはいっても、大浴場や13室ある家族風呂、併設のビジネスホテルの管理・清掃業務、ボイラーや配管のメンテナンス、経理を含めた事務作業……、早い話が雑用含めた何でも屋さんです。アハハハハ」


    実家は熊本市からやや北寄りの合志市。通うには遠いため、敷地内の社宅で2年前に入籍し今年1月12日に挙式した奥さん、1歳の長男と3人暮らしだ。

    「嫁は九州看護福祉大学女子柔道部の教え子で、14歳年下です。6月19日に県をまたぐ移動などの外出自粛が緩和されて忙しくなってきたので、ウチの厨房で働いてもらっています」


    【【銭湯…】柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”】の続きを読む

    1. 匿名 2020/07/08(水) 00:34:18 


    暴行受けた女性、川に落とされる…同僚と犯行、少年が認める 女性恐怖「殺されかけた」/さいたま地裁www.saitama-np.co.jp

    飯能市の路上で女性を連れ去り車内で暴行するなどした上、川に落下させたとして、わいせつ略取や監禁、強制性交等などの罪に問われた、無職の少年(17)の初公判が6日、さいたま地裁(任介辰哉裁判長)で開かれ、少年は「間違いありません」と起訴内容を認めた。


    b055e58b1aaca74f1082b32ed62f913b_683


    証拠調べでは、被害女性が別室からモニターを通じて証人尋問に応じ、当時の状況などを説明。「私にとっては殺されかけたようなもので、保護処分はもってのほか」と訴えた。

    起訴状などによると、少年は昨年6月5日午後11時20分~翌6日午前0時半ごろまでの間、同僚の25歳男、林田両被告と共謀して、飯能市内の路上で帰宅途中だった女性=当時(28)=の背後から近づき口をふさいで車内に監禁。林道まで車を走らせて車内で強制的に性交するなどした上、女性を林道沿いの川に落下させて全治約3カ月の重傷を負わせたとされる。

     林田被告は今年6月、さいたま地裁(河村俊哉裁判長)で開かれた裁判員裁判で「強い恐怖感を与える犯行態様で悪質性が高い」として、懲役8年(求刑・懲役12年)を言い渡されている。


    【【鬼畜】暴行受けた女性、川に落とされる…同僚と犯行、少年が認める 女性恐怖「殺されかけた」/さいたま地裁】の続きを読む

    このページのトップヘ