徴用工問題

    1: 2020/09/30(水) 21:16:28.33 ID:JIkXtw6S0● BE:135853815-PLT(13000)


    5d37321fa380dc225c8212b07e52bb92_71


     外務省幹部は30日、韓国での元徴用工訴訟で差し押さえられた日本企業の資産に関して、
    現金化しないとの韓国政府の確約がなければ、菅義偉首相は韓国が開催を目指す日中韓首脳会談に出席しないとの認識を示した。
    記者団に「いつ現金化されてもおかしくない状況の中、首相の訪韓はあり得ない」と語った。


     韓国は今年の日中韓首脳会談の議長国。対面形式で実施されれば、菅首相の訪韓が想定される。
    外務省幹部の発言は、徴用工問題で妥協しない姿勢を示し、韓国側から譲歩を引き出す狙いがあるとみられる。

     首相は24日、文在寅大統領と電話会談し、徴用工で韓国側に対応を求めた。

    https://this.kiji.is/684007233798931553

    【菅総理、韓国にガチギレwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2020/09/27(日) 18:32:50.05 ID:AA6xniHG9

    韓国トヨタ、利益219億ウォンを一銭も残さず本社に送金
    聯合ニュース2020/09/25 09:00
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/25/2020092580007.html

     トヨタ自動車の韓国法人、韓国トヨタ自動車は6月の株主総会を開き、
    総額219億6485万546ウォン(約19億8000万円)の配当を決議した。
    株主総会とは言うものの、株主はトヨタ自動車だけなので、
    韓国トヨタ自動車が2020年3月期に上げた当期純利益と1ウォン単位まで一致する。
    韓国で1年間かけて稼ぎ出した利益を日本本社に全て送金した格好だ。


     韓国市場をATMのように活用する一部外国企業の実態だ。
    配当は株主の当然の権利ではあるが、
    全利益を配当に回すのは行き過ぎとの指摘だ。
    韓国市場での長期的な未来投資を全く考えていないことになるからだ。

     親しみがある韓国の酒類ブランドだったOBビールも同様だ。
    昨年は2743億ウォンの純利益を出したが、
    純利益をはるかに超える4390億ウォンの配当を行った。
    法人としては利益を出したが、通帳の残高は減少した格好だ。
    配当はベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)が受け取った。
    ABインベブは2014年、プライベート・エクイティ・ファンドのKRRを通じ、
    OBビールを58億ドル(約6100億円)で買収した。
    その後、15年から昨年までOBビールから受け取った配当は1兆1540億ウォンに上る。


    関連
    【日本製品不買運動】 韓国トヨタ 営業利益が半分に
    https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/news4plus/1594640108/


    【【文在寅政権】韓国トヨタ、利益219億ウォンを一銭も残さず日本本社に送金 一部の外資も同様の動き 韓国へ追加投資意欲を失う】の続きを読む

    このページのトップヘ