1: 2020/09/29(火) 06:49:03.59 ID:CAP_USER9

日本競泳界のエースである瀬戸大也選手の不貞が『週刊新潮』により報じられたのは9月24日。


優佳さんも小学校1年ごろから飛込競技を続けていたが、入籍から半年後に“全力で彼のことを支えたい”と、自身の競技生活に終止符を打った。

彼女は本誌’19年11月26日号の「シリーズ人間」に登場。その際に、競技引退や夫婦の生活について次のように語っている。

《私のなかでは、自分がオリンピックに行きたいというより、大也の金メダルの挑戦をサポートしたいという気持ちが占めたんです》


優佳さんの献身もあり、瀬戸選手は’19年の世界選手権では、200mと400mの男子個人メドレーで2冠を達成し、東京五輪代表にも内定した。また夫婦二人三脚でのサクセスストーリーは話題を集め、瀬戸夫妻は食品メーカー・味の素のCMでも共演している。


瀬戸選手が急に3日間の断食に挑戦すると言いだし、優佳さんが付き合わされたこともあった。だが言い出した瀬戸選手は2日間でギブアップ。代わりに優佳さんが最後までメニューをこなすことに……。

8月に公開された『たまひよONLINE』のインタビューでは優佳さんは次のように語っていた。

《育児はワンオペになることが多いです。自分で決めたことですし、夫には絶対目標をかなえてほしいと思っていますが、時々、同年代で自由に生活している友人たちがキラキラと見えてうらやましくなることがあります》

《1人目の産後、育児が大変すぎて自分のケアを怠っていた時期があって、そのとき夫に『女を忘れたらいけないよ』と言われたんです》

また結婚1年後には、引っ越しのために必要な家具を買いにいったホームセンターのペットコーナーで、急に瀬戸選手が『犬を飼おう!』と言い出し、優佳さんを困らせた。

「当時、妊娠中だった優佳さんは猛反対。2人は犬の前で1時間揉めたそうです。最終的には、じゃんけんで決めることになり、瀬戸選手が勝ち、優佳さんは諦めざるをえませんでした」(前出・スポーツ紙記者)

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

投稿日:2020/09/29 06:00 更新日:2020/09/29 06:00
https://jisin.jp/sport/1897924/
https://img.jisin.jp/uploads/2020/09/seto_daiya_1_line_tw.jpg
no title

【【超ポジティブキャラ…】瀬戸大也 知人語る妻へのモラハラ…ワンオペ育児に断食強制も】の続きを読む