対面

    1. 匿名 2020/11/22(日) 09:51:47 


    ローラ、フワちゃんと初対面果たすもバッサリ「何かが合わない感じがするの、本当に」― スポニチ Sponichi Annex 芸能www.sponichi.co.jp

    モデルでタレントのローラ(30)が21日放送のフジテレビ「土曜プレミアム・まつもtoなかい ~マッチングな夜~」(後9・00)に出演。同じ“タメ口キャラ”でブレークした人気ユーチューバーでタレント、フワちゃん(26)と初対面した。


    f37aa83850c7d6927309b31d2723616e_8177

    最終的に、ローラは「何かが合わない感じがするの、本当に」と、またもバッサリ。しょんぼりするフワちゃんを見た中居正広(47)は「崖っぷちのフワちゃん」と称していた。


    【【怖い】ローラ、フワちゃんと初対面果たすもバッサリ「何かが合わない感じがするの、本当に」】の続きを読む

    1: 2020/11/02(月) 06:45:18.98 ID:ZlNsGOWr9
    後期の対面授業が5割未満の大学名を公表する――。文部科学省が示した方針に大学関係者の間で波紋が広がっている。文科省は「オンライン授業を否定するものではない」と言うが、当の大学側には対面再開への「圧力」と映った。どうも評判の良くない印象のオンライン授業だが、本当に望まれていないのか。【大久保昂/東京社会部】

    「学生は危機的な状況」萩生田文科相が調査方針

     萩生田光一文科相が大学名公表の方針を明らかにしたのは、10月16日の閣議後記者会見だった。8~9月に文科省が実施した調査で、後期の授業について「3割が対面」「ほとんど遠隔」などと答えた大学、短大、高等専門学校の計376校に対し、遠隔授業の比率が大きいことに学生が納得しているかどうかの認識を尋ね、大学名とともに公表する考えを示した。

     その理由を萩生田氏はこう説明した。

    「入学したのに一度も学校に行けない、友人がいない、そのことによって休学や退学を考えている学生もいる危機的な状況がある。大切なのは学生の皆さんが納得しているかどうかだ」
    「感染拡大に配慮しながら、ぜひ対面も交ぜた『ハイブリッド』の授業をやっていただきたい」――。

    ただ「オンライン授業は駄目だと言っているわけではない」とも付言した。

    ■困惑する大学「『対面3割』に意味はあるのか」

     だが、大学側には困惑を持って受け止められた。

     4日後の10月20日、全国大学高専教職員組合が動く。「調査結果の公表は、各大学に現実を無視した授業実施を強いることになる」として、結果を公表しないよう求める要望書を文科省に提出した。鳥畑与一中央執行委員長(静岡大教授)は記者会見で、「現場はベストのやり方を模索している。オンライン授業が悪いという先入観は良くないのではないか」と語気を強めた。

    ■アンケートでは多くの学生が遠隔授業に好意的

     実際、多くの大学で、オンライン授業の評価を学生に聞いたところ、好意的に受け止めているという結果が出ている。

    以下ソース先で

    ■専門家「対面とオンラインで学習効果に差はない」
    ■バッシングへの恐怖

    毎日新聞2020年11月2日 06時00分(最終更新 11月2日 06時00分)
    https://mainichi.jp/articles/20201030/k00/00m/040/204000c
    no title

    【【大学】コロナ禍の大学生活 オンライン授業は「悪」なのか…】の続きを読む

    1: 2020/09/19(土) 20:09:03.05 ID:1peTsQ7V9
    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/646376/?page=2

    夢見た大学…独りぼっち

    新型コロナウイルスの流行によって、多くの大学1年生は入学前に思い描いたキャンパスライフとはほど遠い生活を強いられ、
    もどかしい日常を送る。体調を崩した学生もいる。友人関係を築けない悩みに加え、オンラインによる遠隔授業の苦労や
    金銭面での負担など心配事が絶えない。

    「食欲がなくなり、やる気が湧かなくなった」。福岡市出身で関西学院大1年の女子学生(19)は声を落とす。
    4月、兵庫県宝塚市のアパートで新生活を始めたものの、大学に行ったのは4回だけ。自宅で過ごす日々が続き、
    5月に重度の胃炎と診断された。原因は、ストレスだった。

    ゴールデンウイーク期間中、心配した父親に実家へ連れ戻された。20日間ほど“充電”し、宝塚市に戻ったものの気分は晴れない。
    「サークルとバイトとの日々を描いていたのに…」

       ◇   ◇

    早稲田大商学部の女子学生(18)=福岡市南区=は、4月に契約した東京都杉並区のアパートに一日も住めず、
    実家で遠隔授業を受けている。家賃は払い続けていたが、9月中旬に解約した。

    遠隔授業は「苦痛」。実家の通信環境が悪く、授業中にパソコンが何度もフリーズ。テスト中にも映像が止まり、
    勉強の成果を発揮できなかった。難解な統計の授業では質問したかったのに、できる環境になかったという。

    「対面より質が下がっている授業が大半。学内の設備も利用できないのに学費が変わらないのは納得できず、一部でも返してほしい」
    などと不満が募る。受験勉強を頑張って現役で入学したのに、心中は複雑だ。「来年入学した方が楽しい1年を過ごせたのかな」


       ◇   ◇

    8月中旬、九州大伊都キャンパス(福岡市西区)の学食で、1年生の3人がランチをしていた。7月17日に1日だけ対面授業があり、仲良くなった。
    この日は午前中に自宅でそれぞれオンラインによるテストを受け、1カ月ぶりに再会した。初めて体験した学食。おしゃべりにも花が咲いた。

    3人はしみじみ語る。「1週間誰にも会わないのはざら」「久しぶりの会話が、スーパーの店員さんという時期もあった。さみしかった」

    同大工学部1年の男子学生(19)は、8月中旬まで水泳部の練習に1回しか参加できなかった。新型コロナの影響で活動が休止となったためだ。
    「大学生活を楽しみにしていたのに。一人の時間が多くつらいときがある」

    学生の中には高校の卒業式も大学の入学式も、オンラインや簡易版で終わった人もいる。夢のキャンパスライフを、
    心から楽しめる日はいつ来るのか。


    オンライン授業を受ける大学生は「早く対面授業になってほしい」と語る(写真の一部を加工しています)=福岡市
    no title


    【【新型コロナ】大学生「サークルしたい。バイトしたい」 → 大学じゃなくてもできる】の続きを読む

    1. 匿名 2020/03/31(火) 21:52:27 


    志村けんさんの遺骨が兄の元へ 遺体との対面かなわず | 共同通信this.kiji.is

    新型コロナウイルス感染による肺炎で29日死去したタレント志村けんさん(70)の兄知之さん(73)が31日夜、取材に応じ、志村さんの遺体が火葬され、遺骨を引き取ったことを明かした。

    d274fc3440c16bde40ae18da859d8989_304


    【志村けんさんの遺骨が兄の元へ 遺体との対面かなわず 】の続きを読む

    このページのトップヘ