1. 匿名 2020/07/03(金) 12:49:52 


手越も離脱のなか「V6が脱退者ゼロ」の理由 | FRIDAYデジタルfriday.kodansha.co.jp

手越祐也(32)のジャニーズ事務所退所、そして所属グループNEWS脱退が世間を騒がせている。それとともに、ジャニーズにおける稀有な脱退者ゼログループとしてV6への再評価が高まっている。


4c120e8c8a6b44f48e15385ce43c60b6_15223


ジャニーズ事情に詳しい芸能記者たちに取材したところ、2つの理由が見えてきた。

「意外かもしれませんが、続いた理由は彼らの“仲の良くなさ”にあったと思っています。V6は年上メンバーの20th Century(坂本、長野、井ノ原)と、年下メンバーのComing Century(三宅、森田、岡田)の2グループ構成。
そのため初期の頃は、年上メンバーが奔放な年下メンバーを叱責するなど、あまり関係性が良くなかった。

しかし大人になるにつれ、年上メンバーは丸くなり、年下メンバーは礼儀を身に着けていった。他のグループが“仲良し”からスタートし、その距離の近さゆえかえってギクシャクし始めるのに対して、V6だけは逆の経過を辿った。それが今日まで誰も脱退していない理由の1つではないかと、個人的には思っています」

別のライターは、次のような理由も挙げている。

「決定的なセンターがいなかったことも大きかったのではないでしょうか。初期の頃は森田さんと三宅さんの剛健コンビが圧倒的に目立っていましたが、実は彼らは好きなことをマイペースにやっていきたいという個人主義者で、『俺が俺が』という野心はあまりない。MCとして活躍中の井ノ原さんやリーダーの坂本さんも面倒見のいいタイプだし、長野さんに至っては怒ることがあるのかと言われるほど温厚な性格。

また今や日本を代表する俳優となった岡田さんも、自ら“ネクラ”と語るように、売れたからといって先頭に立つ性格ではない。良くも悪くも『テッペン取ろうぜ!』みたいな熱くなるタイプがいなかったため、ムダな軋轢が生まれなかったのではないでしょうか」


【【抜群の安定感】手越祐也も離脱のなか「V6が脱退者ゼロ」の理由】の続きを読む