1. 匿名 2020/05/05(火) 19:54:02 


延びる休校 子供たちの「学校ロス」に懸念 教師の負担も(1/2ページ) - 産経ニュースwww.sankei.com

緊急事態宣言の延長で、感染拡大防止を重点的に進める「特定警戒都道府県」の対象13都道府県を中心に学校再開が遠のきそうだ。東京都教育委員会は5日、都立学校の休校を5月末まで延長することを決定。区市町村教委にも同様の対応を要請する。休校の長期化に教師からは生徒の落胆を心配する声が上がり、生徒も学校生活を送れないストレスを訴えている。


9353bf7ae02a576951ceae92d49b0059_120


「鏡の前で制服に袖を通し、登校を心待ちにしている子もいた。また1カ月近く学校再開が延びると、生徒の不安は増すばかりだ。登校できないまま、心の糸が切れてしまうことにならないか…」。東京都内の公立中学校で新1年生を担任する教諭(45)は政府の緊急事態宣言が延長された4日、生徒の心境をこう慮(おもんぱか)った。

長引く休校は子供たちだけでなく、教員にも混乱をきたしている。「9月入学」案も急浮上し、教員は「慎重に決めないと大パニックが起きる」と危惧する。


【【耐える子供達】延びる休校 子供たちの「学校ロス」に懸念 教師の負担も】の続きを読む