夫婦

    1: 2021/04/13(火) 11:30:26.09 ID:CSMzrKQp9
    夫に今すぐ死んで欲しい。毎日思っている。
    お願いだから死んで。世の中にはお前より素晴らしい人達が生きられないとか不公平だ。
    http://danna-shine.com/




    SNSで広がる“#旦那デスノート” 妻の不満はなぜ生まれる?
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6e0ccbc7b34b00843170f0d5916f836aa0ab0e66
     今、ある漫画に世間の妻たちから共感の声が集まっている。タイトルはズバリ『夫を捨てたい。』(作者・いくたはな)。

    つわりが辛いのに何もしてくれない夫、子どもが熱を出したら仕事を休むのはママ、子どもが小さいのに夫は飲み会三昧……。漫画は、家事や育児で疲弊する妻と、その大変さに気がつかない無関心な夫がテーマだ。

     漫画は作者・いくたはなさんの実体験が元になっている。イラスト出演ならと取材に答えてくれたいくたはなさんは「うちも全く同じだという意見が大多数。何が辛かったのかよく分からなかったけど、漫画を読んで『何が辛かったのか分かりやすくてスッキリした』というコメントをたくさんいただいた」と話す。

     共働きが増えている現代。「男性も育休を取れる社会に」「性別役割をなくそう」と叫ばれても、現実はまだまだ妻の負担が大きい。それを裏付けるようにSNSにはハッシュタグ「#旦那デスノート」が広がっている。

    【投稿例】
    「今日は子供のミルクとか任せるって言ったのに。あげたのたった1回。父親やめちまえよ」
    「奴が帰ってきた、毎日0時とか1時過ぎに帰宅してどこで遊んでんだか、早く死ね帰ってくんなよ」


     ハッシュタグを見て、思い浮かぶのは夫のグチを投稿するサイト「だんなデスノート」だ。2017年頃、書籍化されるほど話題になったが、SNSには妻による夫への不満ツイートが後を絶たない。他にも「#旦那の愚痴」「旦那嫌い」「旦那ストレス」といった投稿も数多く寄せられている。

     一方、旦那”を妻に変えて検索してみると投稿数は歴然で、夫に対する不満の投稿が圧倒的に多いようだ。かつては永遠の愛を誓い合った仲、こんなはずじゃなかったと夫に失望してしまうのはなぜなのか。

    (略)

    rikon



    【【夜神月爆誕!】「今すぐ死んで欲しい」…SNSで『旦那デスノート』が流行中。月のサイト利用者数が18万人突破】の続きを読む

    1: 2021/04/09(金) 23:03:59.02 ID:XQB8qq680
    no title

    no title

    【【悲報】太田光、宙に舞う】の続きを読む

    1. 匿名 2020/11/19(木) 20:54:58 


    小林麻耶の夫による「麻央さんで炎上商法」に梨園関係者激怒|NEWSポストセブンwww.news-postseven.com

    愛する人と一緒に笑っていたい──誰しもが持つその思いも、平和な内容で笑うからこそ。自らの出処進退であったり、恨み言を言いながら夫婦で笑い合う様は、寒気がするほどの異様さを帯びていた。


    55c8efde60118baa296d03268949c8f8_21892

    《あなたたちも殺人犯と同じです》
    《とにかく自分たちのせいで麻央ちゃんが死んだことに関してどのようにお考えか》
    《麻央ちゃんを死なせた人たち、麻耶ちゃんを苦しめている人たち。その人がのうのうと生きているのは許されるべきではありません》

    「麻耶ちゃんならともかく、関係性の薄い國光さんが麻央ちゃんの名前を使って自らの主張を通したことに閉口しました」(前出・梨園関係者)

    そういった批判が出ることを意識したのだろう。

    《僕が麻央ちゃんの名前を出すことに文句を言う人もいるでしょう。大きなお世話です》

    こう予防線を張り、

    《生きていれば妹だった人です》

    と、続けるのだ。別の梨園関係者は怒りで震えが収まらない。

    「《コメントを書いていない方の中にも心でね『小林麻央死ね』とか思っていた人たちもいると思うんですよ》と、臆測の域を出ないのに、麻央ちゃんにあまりにもひどいことを……。聞いていて本当に悲しくなりました。本当に麻央ちゃんを思って出る言葉なら、このような表現には決してならないです!」



    【小林麻耶の夫による「麻央さんで炎上商法」に梨園関係者激怒】の続きを読む

    1. 匿名 2020/11/15(日) 17:17:56 


    「小遣い月1万3000円、昼食代込み。家事育児も疲れた」という夫に同情の声相次ぐ 「下僕のようで可哀そう」 | キャリコネニュースnews.careerconnection.jp

    掲示板ミクルに11月上旬、「小遣いが月に1万3000円で、この中にお昼代が込みです」と嘆くスレッドが立った。


    8b9dab6f6f3e4c9954b55b96090d0b49_13741


    スレ主の手取りは月25~30万円くらい、乳幼児が1人いるという。

    最初は1万と言われたが、現場仕事のため「水筒だけでは水分が足りない」と主張すると3000円加算された。もう少し欲しいという要求したが、妻からは「世の中のお父さんは1万ぐらいで頑張っている」と言われたという。


    投稿者の不満はそれだけではない。朝は6時に起きて朝食の準備、水筒とご飯をタッパーに詰め、ゴミ出しをして家を出る。「妻は起きてもきません」という言葉に不満がにじむ。帰宅後も風呂掃除から子どもの世話、食後の片付けや翌日用の炊飯など、自分が担う家事を書き連ねていた。


    【【奴隷】「小遣い月1万3000円、昼食代込み。家事育児も疲れた」という夫に同情の声相次ぐ 「下僕のようで可哀そう」】の続きを読む

    1. 匿名 2020/08/24(月) 13:25:19 


    「家事・育児をしない夫は”知らないおじさん”。触られるのも嫌」妻の投稿に共感集まる「一緒にいるのが苦痛」 | キャリコネニュースnews.careerconnection.jp

    家事と育児に非協力的な夫を持つ妻からの相談が寄せられた。

    相談者が協力を呼びかけても夫は行動を改めるつもりはないため、相談者は
    「どっかのおじさんと同居しているつもりで生活してきました」という。

    「本当に知らないおじさんみたいな感覚になってきて、着替えや裸を見られるのも嫌だし、触れられるのも嫌になってきました。一緒に食事したいとか、寝たいとかも思わない」 相談者は夫と世間話はできるし、テレビを見て笑いあったりはできるものの、かつてのように夫を好きと思えないという。


    e0351dc2b43b0b3494fb2e58d10bc45e_9763

    夫について「別に知らないおじさんと同居したいわけじゃないし、それならお互い別々に暮らしたほうがいいなとか考えてしまって。今は男としても人間としても好きな気持ちはないです。ただ一緒に住んでる人って感じです」と綴る相談者。

    夫が家のことをほとんどしないと感じる妻は多く、スレッドには、「(夫から)触られるのも嫌です。ただの同居人。好きに戻ることはないと思います。熟年離婚かな」とのコメントをはじめ、相談者に共感する人が相次いでいる。


    【【思いやり】「家事・育児をしない夫は”知らないおじさん”。触られるのも嫌」妻の投稿に共感集まる「一緒にいるのが苦痛」】の続きを読む

    1. 匿名 2020/11/04(水) 21:10:29 


    小倉優子、別居の夫と復縁へ インスタでも関係修復アピール|NEWSポストセブンwww.news-postseven.com

    今年3月、一昨年末に再婚したばかりの夫との別居報道で世間を騒がせた小倉優子(37才)だが、状況が変化しているという。「最近のゆうこりん、人が変わったように明るいんです。“暗黒状態”だった春から状況が一変していますよ」


    455174fe7c45db9cac5194ff51637a4c_8684


    (左がAさん。2018年8月撮影)


    ・「お子さんが生まれてから、Aさんと会っているんです。厳密には、“Aさんがお子さんに会いに来てくれた”ということで、別居が解消されたわけではないようですが。でも、いまは弁護士を介さずに直接話もできているし、ゆうこりんは“絶対に離婚はしないから”とまわりに言っています」(前出・小倉の知人)

    ・「ゆうこりんは食事の写真を頻繁にアップするのですが、それが最近4人分になっているんです。第3子は生まれたばかりなので、食べられません。これは夫への“復縁アピール”ではといわれています。あらゆる手段を使ってAさんとの関係修復に励んだ、ゆうこりんの剛腕が発揮されたのでしょう。インスタの写真からAさんとの距離感がみえるという人もいます。(略)」(前出・小倉の知人)


    【【まさかの】小倉優子、別居の夫と復縁へ インスタでも関係修復アピール】の続きを読む

    1. 匿名 2020/10/27(火) 00:52:52 


    「マジで時代遅れ」 仲里依紗、社会に残る男尊女卑の風潮を一刀両断 夫・中尾明慶の“余計な一言”に「伝える必要あります?」 (1/2) - ねとらぼnlab.itmedia.co.jp

    女優の仲里依紗さんが10月24日に自身のYouTubeチャンネルを更新

    bf2499ec793afe5784a3395adeaf2c77_11427


    「『女は三歩下がって歩け!』みたいなヤツあるじゃん? そういうのってマジで時代遅れだと思うわけ」

    仲さんは続けて、室内にたまったペットボトルを捨ててきた中尾さんが、
    「ねぇ、ペットボトルきれいになったと思わない?」とわざわざ告げてきたという最近のエピソードを紹介。
    自分がもしごみ捨てした場合に「ごみ出ししたよ、どう? あたしやるでしょ?」といったアピールをすることはないだろうと指摘し、2人のうち気付いた方が家のことをやるようになっているにもかかわらず、夫の一言多い様子に対して、

    「すごく『(家事を)やったんだけど?』みたいな感じで伝える必要ありますか?」

    と少し強めの口調で訴えています。


    【「マジで時代遅れ」 仲里依紗、社会に残る男尊女卑の風潮を一刀両断 夫・中尾明慶の“余計な一言”に「伝える必要あります?」】の続きを読む

    1: 2020/10/02(金) 14:02:10.98 ID:vyobR64a0● BE:201615239-2BP(2000)

    トランプ米大統領が新型コロナ陽性

    https://this.kiji.is/684625934114522209
    no title

    【【タイミング】トランプ米大統領が新型コロナ陽性】の続きを読む

    1: 2020/09/27(日) 14:12:34.07 ID:CAP_USER9
     女優の竹内結子さん(享年40)の急死で、前夫・歌舞伎役者の中村獅童(48)のインスタグラムに心無いコメントが殺到している。

     獅童は2005年に映画「いま、会いにゆきます」で共演した竹内さんと結婚。11月に長男が誕生したが、08年に離婚した。その後、15年に現在の夫人と再婚し、17年12月には第1子の男児、今年6月に第2子の男児が誕生した。

     獅童は自身のインスタグラムを竹内さんの亡くなる前日の26日に更新。次男の笑顔の写真を投稿していたが、そこに

    「無神経すぎる」
    「竹内結子さんや、前のお子さんも、これぐらい大事にして欲しかった」


    などと非難するコメントが寄せられた。また、これらの発言に自制を求める意見も多数投稿され、コメント欄が荒れた状態となった。

     家族思いの投稿が思わぬ誹謗中傷を呼んでしまった、獅童の胸中は――。

    2020年09月27日 13時49分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2223810/
    no title


    【【あたおか速報】中村獅童 のインスタに心無いコメント殺到】の続きを読む

    1. 匿名 2020/08/25(火) 11:06:48 


    佐々木希始めていた夫の調教…立場逆転で渡部健はイクメン化 | 女性自身jisin.jp

    記録的な猛暑となった8月下旬。都内にある保育園の駐車場に停車する1台の高級車。助手席から軽やかに降り立ち、保育園へ向かっていくのは佐々木希(32)。ほどなくして息子の手を引きながら戻ってきた佐々木を迎えるべく、運転席から夫の渡部建(47)が顔をのぞかせる。人目を気にしてか席に座ったまま息子の頭を愛おしそうになでる姿はまるで“よき父”そのものだった――。


    bf998ec4327285fc290f6da28aafa6e8_158


    【【渡部調教】佐々木希始めていた夫の調教…立場逆転で渡部建はイクメン化】の続きを読む

    このページのトップヘ