1. 匿名 2020/11/29(日) 15:28:38 


    「男性下着売り場に女性が堂々と来るな」と言う男性に女性たちが猛反発! | ママスタセレクトselect.mamastar.jp

    突然ですが、みなさんは男性下着売り場で買い物をしたことがありますか? ある男性は男性下着売り場に来る女性にこんなことを思っているようです。 『うちの旦那が男性下着売り場に来る女性を嫌悪していた。もう少し男性客を尊重し、大きな顔で来ないで欲しいようで...



    ee4c6f7930b23cecd261601eaf55c5ec_26780

    『うちの旦那が男性下着売り場に来る女性を嫌悪していた。もう少し男性客を尊重し、大きな顔で来ないで欲しいようです。みなさん遠慮がちに購入していますか?』

    このコメントに女性陣からは反発の声が…

    大半は「大きな顔をしているつもりはないものの、家族のために購入しているのに遠慮する必要がある?」というものでした。

    『自分の下着は旦那と選ぶし旦那の下着は一緒に選ぶから難しい。遠慮がちにする理由がわからない』

    『旦那と息子の下着を買いに行っちゃいけないの? 周りの客なんか気にしてないわ』

    皆さんは男性下着売り場には堂々と行ってますか?


    【「男性下着売り場に女性が堂々と来るな」と言う男性に女性たちが猛反発!】の続きを読む

    1. 匿名 2020/11/13(金) 10:29:56


    小林麻耶 夫の介入で溝?周囲「出会ってから変わった」― スポニチ Sponichi Annex 芸能www.sponichi.co.jp

    小林麻耶 夫の介入で溝?周囲「出会ってから変わった」


    fdaaf27edc107178872e4b44e31a2ae6_71

    番組降板劇を受け、小林麻耶を知る多くの関係者が語ったのは「麻耶さんは夫(國光吟氏)と出会ってから変わった」だった。小林は所属事務所社長や番組プロデューサーが“悪い”との主張のため溝は深そうだ。

    局関係者は「麻耶さんが関係者と意思疎通が困難になった過程には國光氏の現場介入があったと感じている」と語る。
    小林を進行役とする木曜のファッションコーナーがスタートしたのは10月1日。

    このコーナーの打ち合わせでたびたび國光氏が「そこは運気が悪い」「神のお告げで、それはやらない方がいい」などと指摘したという。

    ロケにも同行し、現場でディレクターに演出を変えるよう要求することも。小林も「うん、そんな気がする」と同調し、なかなかロケが進まない状況にスタッフは困っていた。
    番組側は、1、2週間前に國光氏を“出入り禁止”とし「麻耶さんも夫を連れてこないことを了承した」(同関係者)という。




    ↓生島さんもラジオでコメントを出していました

    生島ヒロシ、小林麻耶に「グレート・リセット望む」 - 芸能 : 日刊スポーツwww.nikkansports.com

    12日に所属のフリーアナウンサー小林麻耶(41)の契約解除を発表した生島企画室の会長を務める、生島ヒロシ(69)が13日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。


    radio_booth_talk


    生島は「ご主人とYouTubeを配信をして、そこまでいうのかと思った。ただ非常に才能があって、生放送でも瞬発力がある」と惜しんだ。

    いろいろなことを前向きにリセットしていく。今の麻耶ちゃんには『グレート・リセット』を望む。夫婦間のこともあるけど、(新たに担当するようになった)ボートレース(競艇)のことも非常に勉強していて、大きな評価を受けていたのに。本当に麻耶ちゃんには『グレート・リセット』を望みます」と話した


    【小林麻耶 夫の介入で溝?周囲「出会ってから変わった」】の続きを読む

    1. 匿名 2020/08/24(月) 13:25:19 


    「家事・育児をしない夫は”知らないおじさん”。触られるのも嫌」妻の投稿に共感集まる「一緒にいるのが苦痛」 | キャリコネニュースnews.careerconnection.jp

    家事と育児に非協力的な夫を持つ妻からの相談が寄せられた。

    相談者が協力を呼びかけても夫は行動を改めるつもりはないため、相談者は
    「どっかのおじさんと同居しているつもりで生活してきました」という。

    「本当に知らないおじさんみたいな感覚になってきて、着替えや裸を見られるのも嫌だし、触れられるのも嫌になってきました。一緒に食事したいとか、寝たいとかも思わない」 相談者は夫と世間話はできるし、テレビを見て笑いあったりはできるものの、かつてのように夫を好きと思えないという。


    e0351dc2b43b0b3494fb2e58d10bc45e_9763

    夫について「別に知らないおじさんと同居したいわけじゃないし、それならお互い別々に暮らしたほうがいいなとか考えてしまって。今は男としても人間としても好きな気持ちはないです。ただ一緒に住んでる人って感じです」と綴る相談者。

    夫が家のことをほとんどしないと感じる妻は多く、スレッドには、「(夫から)触られるのも嫌です。ただの同居人。好きに戻ることはないと思います。熟年離婚かな」とのコメントをはじめ、相談者に共感する人が相次いでいる。


    【【思いやり】「家事・育児をしない夫は”知らないおじさん”。触られるのも嫌」妻の投稿に共感集まる「一緒にいるのが苦痛」】の続きを読む

    1. 匿名 2020/11/04(水) 21:10:29 


    小倉優子、別居の夫と復縁へ インスタでも関係修復アピール|NEWSポストセブンwww.news-postseven.com

    今年3月、一昨年末に再婚したばかりの夫との別居報道で世間を騒がせた小倉優子(37才)だが、状況が変化しているという。「最近のゆうこりん、人が変わったように明るいんです。“暗黒状態”だった春から状況が一変していますよ」


    455174fe7c45db9cac5194ff51637a4c_8684


    (左がAさん。2018年8月撮影)


    ・「お子さんが生まれてから、Aさんと会っているんです。厳密には、“Aさんがお子さんに会いに来てくれた”ということで、別居が解消されたわけではないようですが。でも、いまは弁護士を介さずに直接話もできているし、ゆうこりんは“絶対に離婚はしないから”とまわりに言っています」(前出・小倉の知人)

    ・「ゆうこりんは食事の写真を頻繁にアップするのですが、それが最近4人分になっているんです。第3子は生まれたばかりなので、食べられません。これは夫への“復縁アピール”ではといわれています。あらゆる手段を使ってAさんとの関係修復に励んだ、ゆうこりんの剛腕が発揮されたのでしょう。インスタの写真からAさんとの距離感がみえるという人もいます。(略)」(前出・小倉の知人)


    【【まさかの】小倉優子、別居の夫と復縁へ インスタでも関係修復アピール】の続きを読む

    1. 匿名 2020/08/12(水) 12:21:52 

    主は旦那愚痴トピにもよく参加してますが、ここでは旦那ナイス!と思ったこと教えてください

    主は、旦那が自身の買い物から帰ってきてるのですが「飛騨牛の肉弁当買ったよ〜!」と電話をくれたことです。楽しみです


    【ナイス旦那!】の続きを読む

    1. 匿名 2020/09/18(金) 23:49:29 


    岩手県一関市 2歳の息子の額に肘打ちする動画拡散 25歳父親逮捕news.tvi.jp

    岩手県一関市 2歳の息子の額に肘打ちする動画拡散 25歳父親逮捕 岩手県一関市


    9d5288da4d698f89f39c55a280b5cde8_937


    17日、暴行の疑いで逮捕されたのは、一関市に住む会社員の男(25)。今月14日午後9時過ぎ、一関市内の自宅で、同居する2歳の息子の額を肘で1回殴った疑いがもたれている。

    (近所の人)「すごいやっぱりどなる声が聞こえてくるわけですよ。『てめぇうるせぇだろ!』とかね。それが父さんだけでなく母さんも。」「ちょっと度が過ぎていると」「子どもかわいそうだなということで我々は見ていたんだけど…」


    (前回の記事はコチラ)↓


    http://girlsmato.blog.jp/archives/7132752.html



    【【ふわっち配信者の夫】岩手県一関市 2歳の息子の額に肘打ちする動画拡散 25歳父親逮捕】の続きを読む

    1. 匿名 2020/09/17(木) 08:50:38 


    人気配信者の夫、生配信に気づかず2歳児に暴行…「初めて」と釈明するも批判収まらずbiz-journal.jp

    凄惨な虐待の末に子供が死亡するというニュースが後を絶たない。(略)そんななか、9月14日に衝撃的な映像が生配信され、ネット上で大きな話題を呼んでいる。

    動画配信のプラットフォーム「ふわっち」で1万3000人を超えるフォロワーを抱える人気配信者「こっちん」が、生配信しているなかで事件は起きた。

    「こっちんは、今月23日に28歳の誕生日を迎える女性で、11歳から0歳まで6人の子どもがいます。11歳の長男だけは離婚した元夫と暮らしていますが、ほかの5人の子ども及び再婚した現夫との7人暮らしです。


    b82378dc3efa89925ac841ea59d7c469_683


    「(略)14日も、部屋の中にあるカメラで定点観測のように生配信していました。

    そのなかで、寝転ぶ父親の腕を枕に、2歳の子が寝ているほのぼのした光景が流れていたのですが、突然、父親が子どもの顔面に肘鉄を食らわしました。

    ゴン、という鈍い音が聞こえ、その直後に子どもが泣き叫びます。母親のいると思われる場所に向かって歩き出すと、父親は慌てて子どもの脚あたりを抱え上げて別の部屋へと消えました。その様子も、逆さ吊りするような感じだったので、衝撃的でした」(芸能記者)

    この様子を見ていた視聴者らが、虐待ではないかと厳しく批判。…


    【【これは…】人気配信者の夫、生配信に気づかず2歳児に暴行…「初めて」と釈明するも批判収まらず】の続きを読む

    1: 2020/08/30(日) 15:39:18.15 ID:e+nx22uu9
    精子取引、ネットで広がり 「子がほしい」願いに追いつかない法整備
    2020年8月24日 10:00朝日新聞デジタル

     ツイッターで知り合った男性から精子提供を受けて出産したという30代女性から、暮らしの悩みや疑問を募って取材する#ニュース4Uに投稿があった。「男性が学歴や国籍を偽っていた」。ネット上には「精子ドナー」を名乗るSNSアカウントが多数あるが、医療機関を介さない精子提供に危険はないのか。その実態や背景に迫った。

    苦しんだ不妊治療の末に…
     取材班は6月上旬、この女性に会って話を聞いた。

     女性は長男を出産してから10年以上が過ぎ、不妊治療に苦しんだ末、夫に内緒で精子提供を申し込んだという。ツイッターでのやり取りなどから、ドナーの男性が「京都大学卒」と女性は思った。女性の夫も東京の国立大卒で、ドナーの男性と血液型も同じ。「夫に近い男性」という希望にかなう相手だったという。

     男性と直接会って精子の提供を受け、昨夏に妊娠した。しかし、妊娠後も連絡を取り合ううち、男性が卒業したのは、地方の国立大だと知ったという。中国から留学で日本に来たことも後から知った。すでに妊娠5カ月で中絶は難しく、今年2月に出産した。

     女性は「正直に伝えられていたら提供を申し込むことは100%なかった」と話し、望まない形での出産になったことを後悔する一方で、「悪質なドナーを規制する法律が必要だ」と訴えている。

     取材班は、ドナーの男性にも会って事情を聴いた。

     大手企業に勤務する20代。不妊の夫婦の役に立ちたいと思ってドナーを始めたばかりだという男性は「女性にどこの大学なのかと聞かれ、『国立大』『京都方面の大学』と答えた」などと訴えた。その上で、「だますつもりはなかったが、将来、生まれた子どもが『自分の父親が知りたい』となったら困ると思ったので、個人情報を明かしたくなかった。こんなトラブルになるなら、精子提供は二度としない」と語った。

    続きはソース
    https://news.line.me/issue/oa-asahishimbun/yj1dqv15hrwb


    【【悪質】夫に内緒で京大卒のドナーに精子提供してもらう→妊娠→地方国立・中国国籍と判明 ワロタ】の続きを読む

    1. 匿名 2020/07/02(木) 11:38:07 


    義母「会う回数を減らしたいと嫁に泣かれた。嫌なことはしていない」に批判相次ぐ「我慢の限界を超えたんです」 | キャリコネニュースnews.careerconnection.jp

    お嫁さんが義理の母に気を使ってストレスをためるのはよくある話ですが、ヤフー知恵袋に6月中旬、「お嫁さんと初めて揉めてしまいました。」という相談がありました。相談者は、1歳と3歳の孫がいるという女性。息子は遠方に単身赴任中で、お嫁さんとは週2~3回顔を合わせていましたが 「会う頻度を減らさないか?と言われました。理由を聞くと、急に泣かれてしまいました。会うのがしんどいと」と明かします。

    711476b1012dccd80fc6c1699121ee67_519


    今までは仲良くしてきたつもりで納得がいかない相談者は、「嫌なことをしたことは一度もないし、お節介をしたつもりもありません」と不満げです。「孫たちも心配です。どうすればお嫁さんを説得できるでしょう?」と相談しました。

    この相談は2万5000以上アクセスされ、義母である相談者に批判的な回答が相次ぎました。300以上の賛同を得たのが、「我慢の限界を超えたんです」「なぜ関係改善ではなく説得なのか」というお説教でした。お嫁さんが素直だから今まで揉めなかったのだと嫁側を褒め、相談者に「そっと引くこと」を提案しています。


    【義母「会う回数を減らしたいと嫁に泣かれた。嫌なことはしていない」に批判相次ぐ「我慢の限界を超えたんです」】の続きを読む

    1. 匿名 2020/06/30(火) 10:36:16 

    出掛けようとしたら、夫に「後頭部に白髪あるよ」と言われ「えー、抜いてー」と頼んだら、凄く時間がかかった挙げ句、ブチブチブチィッ!と10本くらい抜かれました
    しかも全部黒髪
    「あれ?この辺にあったんだけどなぁ…どっかいっちゃった」と言われました


    【【成功率低い】夫に頼んで失敗した事】の続きを読む

    このページのトップヘ