1: 2020/10/21(水) 19:24:22.09 ID:qCTnTJTe9
    同志社大学の学生ら2人が新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んだ事業者に現金を支給する国の「持続化給付金」をだまし取ったとして逮捕されたことが、捜査関係者への取材で分かりました。
    京都府警にはほかの複数の大学生からも不正受給した給付金を返金したいといった相談が寄せられていて、実態解明を進めています。
    逮捕されたのは同志社大学の大学生らいずれも20代の男2人です。

    捜査関係者によりますと、このうち大学生はことし6月、知り合いの学生2人の名義で新型コロナの影響で事業収入が大幅に減ったといううその申請書類を提出し、国から支給される「持続化給付金」200万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いが持たれています。

    大学生は、ほかにも、同じサークルの学生などに給付金を申請するよう勧誘していたとみられるということです。

    持続化給付金をめぐっては、これまでに滋賀県の自称会社員の男ら4人が京都府警に逮捕されていて、学生はこのグループで、勧誘役をしていたということです。

    警察には京都市内の私立大学に通うほかの複数の学生からも、「給付金を不正受給したので、返金したい」といった相談が寄せられているということで、警察が実態の解明を進めています。
    学長「大変遺憾 深くおわび」
    学生が逮捕されたことについて、同志社大学の植木朝子学長は「このような事件が発生したことは大変遺憾であり、深くおわび申し上げます。学生においては、こうした反社会的行為に加担することがないよう強く注意を喚起します」とコメント

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201021/amp/k10012674001000.html?
    money_yen_bill1


    【【糞大学生】同志社大生ら「持続化給付金」だまし取った疑いで逮捕】の続きを読む

    1: 2020/10/14(水) 11:07:33.12 ID:Q52dZ1v50● BE:323057825-PLT(13000)

    ■お金ほしさに… 

     「代行業者に任せれば、返済不要のお金がもらえる」。東京都に住む30歳代の無職男性は6月、以前に働いた職場の同僚から聞いた。
    半信半疑だったが「お金をもらえるのなら」と、LINE(ライン)で代行業者に連絡を取った。
    運転免許証の写真や口座番号を送ると、数日後、確定申告書が届いた。
    税務署に持参してチェックを受け、ラインで送り返すと、2週間後、国から100万円が入金された。代行業者には手数料として約20万円を振り込んだ。

     「こんなに簡単にお金がもらえるとは」と驚き、専用サイトに接続して自分の申請内容を確認してみた。
    昨年5月に約10万円あった「小売卸」の売り上げが、今年5月は数千円に激減したことになっていた。まったくのデタラメだった。

     不正受給者の逮捕が大きなニュースとなり、「自分も捕まるのでは」と不安にかられた。先月、警視庁に出頭し、任意で捜査を受けている。
    男性は、「犯罪になるかもしれないと分かっていたが、お金ほしさにやってしまった。考えが甘かった」とうなだれた。

    ■■返金相談も

     中小企業庁によると、持続化給付金の支給は、今月12日時点で約354万件、支給総額は約4兆6000億円に上る。
    確定申告書などを添えるだけでオンラインで簡単に申請できるのが売りだったが、その反面、虚偽の申請による不正受給が多発している。

     捜査関係者によると、不正受給は全国で1000件を超えている。
    警視庁や愛知、兵庫県警などが12日までに計37人を詐欺容疑で逮捕したが、不正件数が多いため、警察の捜査が追いついていない。

    【独自】「持続化給付金」の不正受給1000件超…SNSで誘われた若者、職業偽り申請
    https://news.yahoo.co.jp/articles/013666052f39eb218420e703524b46608626ecdf
    money_yen_bill1


    【【犯罪】持続化給付金の不正1000件超 専門家「不正者は甘い言葉に誘われただけ。国が悪い」と批判】の続きを読む

    1: 2020/09/23(水) 08:17:05.23 ID:TpIPFdP69
     新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた個人事業主などを支援する国の持続化給付金を巡り、「不正受給をしてしまった」といった相談が、全国の警察や消費生活センターに相次いで寄せられている。

    受給資格のない人が「無職でも受給できる」などと持ち掛けられるケースが目立ち、背後に不正申請を指南、代行する悪質な業者が存在するとみられる。「簡素で迅速な手続き」が悪用されている形で、国や警察が取り締まりを強化している。

     「自営業をしていることにすれば100万円もらえると不審な誘いを受けた」
     「申請を持ち掛けられて受給したけど不安になった」


     捜査関係者によると、福岡県警には、持続化給付金の不正受給に関する相談が少なくとも50件寄せられている。中には「夫の不正申請を止めようとして、夫婦げんかになった」との110番もあったという。

     福岡県と福岡、北九州両市の消費生活センターにも、これまでに21件の相談があった。国民生活センターによると、7月にかけて全国的に相談が急増したという。担当者は「受給資格のない若い会社員や大学生が不正を持ち掛けられるケースが目立つ」と説明する。

     詐欺容疑で立件されるケースは、全国で相次いでいる。愛知県警が8月下旬に逮捕した会社役員の男は不正申請を指南、代行して手数料を受け取ったとみられる。総額4億円の不正に関与した疑いがあるという。

     給付金を受け取るには、2019年の確定申告を済ませた上で、中小企業庁に(1)確定申告書類(2)新型コロナの影響で収入が減少したことを示す売上台帳(3)身分証明書の写し-などを提出する必要がある。

     福岡県のある税理士は「運転免許証のコピーなどがあれば、事業を営んでいるように虚偽の売上台帳を作成し、第三者が確定申告や給付金申請ができる仕組みになっている」と指摘する。19年分の確定申告は今年3月までが期限だったが、国は新型コロナの影響を受けた人に配慮して4月以降も受け付けており、この延長措置も不正申請に悪用されているとみられる。

     審査の甘さを指摘する声に、中小企業庁の担当者は「国会の議論も踏まえ、性善説に立って簡素な審査で迅速に手続きが行える制度設計になっている」と理解を求める。その上で「全国の警察からは(不正に関する)膨大な問い合わせがきている。不正を確認した事案は全て立件してもらえるよう、捜査に協力したい」としている。 (田中早紀、古川大二)

       ×    ×

    【ワードBOX】持続化給付金

     新型コロナウイルス感染拡大の影響で、売り上げが半減した事業者に国が支払う給付金。中小企業は最大200万円、フリーランスを含む個人事業主は同100万円を受け取れる。経済産業省によると、5月から受け付けが始まり、9月14日までに約322万件、総額約4兆3千億円が支給された。

    西日本新聞 2020/9/23 6:00
    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/647295/


    【【悪質】国相手に詐欺してやったぜ! 狙われる持続化給付金「不正受給した」相談急増】の続きを読む

    1. 匿名 2020/08/27(木) 20:47:49 


    性風俗業者、給付金除外で提訴へ 「根拠なし、職業差別を助長」 | 共同通信this.kiji.is

    新型コロナウイルス感染症対策で中小企業に支払われる持続化給付金の対象外とされた性風俗事業者が「法の下の平等を定めた憲法に反する」として、国に支払いを求める訴訟を東京地裁に9月にも起こすことが27日、分かった。原告弁護団は「合理的根拠なく特定の業種を支援から外し、職業差別の助長につながる」と主張している。



    【【主張】性風俗業者、給付金除外で提訴へ 「根拠なし、職業差別を助長」】の続きを読む

    1. 匿名 2020/07/20(月) 15:50:50 


    就職氷河期世代の支援 2億3000万円交付へ | NHKニュースwww3.nhk.or.jp

    いわゆる就職氷河期世代を支援するため、政府は、リモート形式で職業体験を実施する熊本県の取り組みなど、32の事業に合わせて2億3000万円を交付することを決めました。就職氷河期世代を支援する自治体の取り組みを後押しするため、政府は、新たな交付金制度を設けていて、ことし3月に続く第2弾として、今月、32の事業に合わせて2億3000万円を交付することを決めました。

    1158fb73a24542cdea18cdddd1757b80_804


    【【今更感】就職氷河期世代の支援 2億3000万円交付へ】の続きを読む

    1. 匿名 2020/07/09(木) 17:57:12 


    政府、緊急事態再発令を否定 イベント制限さらに緩和へ:時事ドットコムwww.jiji.com

     菅義偉官房長官は9日の記者会見で、東京都の1日当たりの新型コロナウイルス感染確認が過去最多を記録したことを受け、「直ちに再び緊急事態宣言を発出する状況に該当するとは考えていない」と...





    【【国民混乱中】政府、緊急事態再発令を否定 イベント制限さらに緩和へ】の続きを読む

    1. 匿名 2020/06/30(火) 15:11:51 


    ふるさと納税訴訟 大阪 泉佐野市勝訴 市除外を取り消し 最高裁 | NHKニュースwww3.nhk.or.jp

    【NHK】ふるさと納税で過度な返礼品を贈ったとして制度の対象から除外された大阪・泉佐野市が国を訴えた裁判で、最高裁判所は泉佐野市の…


    74a9197573a88fbd99e37f81002904e7_375


    【ふるさと納税訴訟 大阪 泉佐野市勝訴 市除外を取り消し 最高裁】の続きを読む

    このページのトップヘ