1: 2020/09/27(日) 00:46:18.06 ID:KXQU/kjsp
試合終了後にも審判団と矢野監督が話し合った。矢野監督は「疑われるようなあれがあったのなら申し訳ない」と謝罪した上で、
「それは試合終了後に注意してくれたらいいんじゃないの。信頼関係の中でやっている中で、試合中にそれはどうなの」などの意見を述べた。

 この日の責任審判である二塁塁審の森氏は「こちらとしては、イニング間にどこの新聞社の人間かということを記者席に向かって聞いていた。たまたま矢野監督が交代を告げにきたときに、その場で話しになってしまっただけです」と説明した。

 森塁審は報道陣の問いかけに「何もありません、NPBに報告します」と語った。


【【サイン盗み】ヤクルト阪神戦、森塁審は「何もありません、NPBに報告します」】の続きを読む