予算

    1: 2021/03/18(木) 22:59:44.27 ID:s40+LFh19
     東京で発令中の緊急事態宣言の解除が決定。25日からの聖火リレーで低迷する大会開催の機運を盛り上げたい関係者には、
    冷水を浴びせられた形になった。2月に引責辞任した森喜朗前会長の女性蔑視発言に続く、組織委員会責任者の不適切な提案。東京五輪のイメージがまた損なわれた。

     撤回されたとはいえ、大会のメッセージを伝える場にふさわしい開会式で、人間の尊厳を傷つけるような案が考えられていた衝撃は大きい。
    森氏の発言では、ジェンダー平等に対する理解不足が国内外で注目を集めた。
    女性の外見を演出素材に考えたと受け止められる今回も、大会の核となるビジョン「多様性と調和」の説得力にはマイナスだろう。

     週刊文春の記事に端を発した今回の問題では、他に不透明感が残る点があった。

    大会延期に伴う人件費増などで開閉会式予算が165億円と大幅に増えた一方で、
    佐々木宏氏は謝罪文の中で、五輪とパラリンピックの4式典を当初の5分の1の「10億円でやるよう言われた」ことを示唆。

    組織委の武藤敏郎事務総長は「執行する受託会社の予算の範囲内で運用されている」と述べたが、詳細は明らかになっていない。
    また、演出振付家のMIKIKOさんが2019年ごろから五輪式典の執行責任者を務めていたことが初めて明かされ、その辞任の経緯も明確にされなかった。

     ジェンダー平等を重要施策と位置付ける橋本聖子会長は「問題を重く受け止め、どう改善できるか。歓迎される東京大会になるよう全力を尽くしたい」と述べた。
    だが新体制になっても不祥事が発覚し、疑問を残したままでは、開催に向けた一体感は容易に生まれない。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021031801188&g=spo
    6264bd06b535b3a56171563c63c12394_22581



    【【増える謎】開閉会式予算に不透明な動き…「10億円でやるように言われた」はずが165億円に】の続きを読む

    1: 2020/11/13(金) 19:11:31.59 ID:Pn9pvXkN9
     政府の飲食店支援策「Go To イート」キャンペーンについて、農林水産省は13日、ネット予約を通じた飲食でもらえるポイントの予算が近く底をつき、事業を近く終える見通しになったと発表した。当初は1月下旬の終了を見込んでいたが、利用者の急増で大幅な前倒しとなる。もらったポイントは来年3月末まで対象の飲食店で使えるほか、食事券によるキャンペーンも継続するという。

     10月1日から始まったポイント還元は、ランチで1人500円分、午後3時以降の食事で1千円分がもらえる。農水省によると、10月下旬から利用のペースがそれまでの2~4倍に急増。11日までに400億円分以上のポイントが還元され、近く予算を使い切る見通しだという。利用者は延べ5千万人を超えている。

     飲食店の顧客管理システムを手がけるテーブルチェックの谷口優社長は「(Go To イート)キャンペーンで政府が外食にお墨付きを与えたことで徐々に利用が拡大した」と、急増の理由を分析する。

     購入額より25%分多く飲食できる食事券の予算にはまだ余裕があり、農水省の担当者は「今後は食事券での需要喚起につなげていきたい」と話している。

     ポイント事業をめぐっては、少額の利用でもポイントがもらえることが「錬金術」などと話題となり、対象となる利用額を開始後に引き上げるなどのトラブルも起きた。(高木真也)

    朝日新聞 2020/11/13 18:55
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASNCF65Q0NCFULFA02S.html?iref=sptop_BreakingNews_list
    bg_kaitenzushi



    【【GoToイート】早くも終了へ ポイント還元、予算底つく】の続きを読む

    1. 匿名 2020/08/14(金) 12:20:56 

    昔の芸能界はバラエティ、ドラマ、映画にしろお金かけて作ったんだなと思えましたが最近は製作費もかけれなくなりましたよね
    なので芸能界も不景気なんだなと思う時を挙げていきましょう

    では主から
    ドラマのCGが雑な時


    【芸能界は予算無いのかなと思った時】の続きを読む

    このページのトップヘ