中国

    1: 2020/11/29(日) 03:04:10.83 ID:ibiJwUKM9
     茂木敏充外相は、中国の王毅国務委員兼外相の沖縄県・尖閣諸島をめぐる暴言に毅然(きぜん)たる態度を見せなかったと批判されている問題について、24日の共同記者発表の直後、再開した会談の中で反論したと明かした。「わが国の立場、考え方を改めて強調した」と27日の記者会見で述べた。

     共同記者発表は1回目の会談後に行われ、王氏は茂木氏の後に発言した。

     その場で反論しなかった理由に関し茂木氏は「記者発表は会談の概要について、それぞれ1度ずつ発言するルールだったためだ」と説明した。

     一方、茂木外相のフェイスブック(FB)は炎上している。

     茂木氏は24日夜、自身のFB上で外相会談の報告、王氏と握手代わりの“肘タッチ”を笑顔で交わす写真をアップした。FBは5000人以上のフォロワーを抱える人気だが、300人近いコメントの大半が批判で埋め尽くされた。

    「茂木外相は三島(由紀夫)が予言した腑抜けな日本の象徴だ」
    「何ヘラヘラしているのですか?」
    「一体どこの国の大臣?」
    「王毅外相に言われたい放題」
    「無能な外務大臣は要らない」
    「河野太郎さんなら絶対に尖閣の発言は許さなかったし、させなかった」
    「共同会見で言われっぱなしの茂木外務大臣は更迭を!」

    など辛辣(しんらつ)な書き込みが連日続いている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/74c7f55ae6e074a0038c2a7aa0e20e731f707e0a

    seiji_souridaijin_kaiken2


    【【謝謝】茂木外相が“炎上” 中国外相の尖閣めぐる暴言に毅然たる態度見せず 「無能な外務大臣は要らない」「腑抜けな日本の象徴だ」】の続きを読む

    1: 2020/11/24(火) 09:04:32.27 ID:MMtp7khGM
    ・14歳で中国共産党による香港の学校教育干渉に異議を唱える組織を設立
    ・香港行政長官(中国共産党選出)とディベート
    ・数十人から始めた占拠デモを12万人まで拡大させる
    ・学生、教員、保護者を巻き込んで中共教育義務化撤回を実現(高校生による社会運動の目的達成は歴史上初)
    ・中国政府と交渉するため独自に国民投票を実施し80万人の投票を集める

    「我々は中国人ではなく香港人である」
    「香港のリーダーは香港人が選出する」
    「香港の未来は中国ではなく香港が決める」
    「デモへの参加は将来を潰すと親達は言うが今の政治体制のままなら将来もクソも無い」


    no title

    【【革命家】周庭ちゃんの横にいたチー牛、ヤバすぎる】の続きを読む

    1: 2020/11/21(土) 11:54:19.57 ID:MC1SMFCP0● BE:323057825-PLT(13000)

    中国の習近平国家主席は20日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、
    日本など11カ国が合意した環太平洋連携協定(TPP)について「加入を積極的に考慮している」と述べ、参加に意欲を示した。
    国営新華社通信が伝えた。習主席がTPPへの参加検討を表明するのは初めて。

    TPP参加「積極的に考慮」 中国主席、APECで表明
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112001304&g=int
    chinadress_girl



    【【つよい】中国、TPP参加へwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 2020/11/19(木) 17:18:53.27 ID:Ylrl94m59
    身長2メートル21センチの中学生が、ギネス世界記録に認定されました。

     大人が2人がかりで少年の身長を測っています。よく見ると2人とも椅子の上に乗っています。中国・四川省の中学校に通う14歳の任さんは現在、身長2メートル21センチ。これまで18歳以下のギネス世界記録は215センチでしたがこれを6センチ更新しました。任さんの家族は、お父さんが身長180センチでお母さんと母方の祖父はともに190センチだということです。足が悪いことからバスケットボールなどのスポーツはやっていません。クラスでは成績優秀で、ゲーム好きな任さんの将来の夢はeスポーツの選手だということです。

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000198898.html
    no title

    【【成長期】中国で身長2メートル21センチの中学生 ギネス世界記録に認定】の続きを読む

    1: 2020/11/12(木) 21:32:56.39 ID:9ruHJYMnr
    ざまあああwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    no title


    no title

    【【転売屋死亡】ps5さん、中国への転売不可になり買取価格が大暴落w】の続きを読む

    1. 匿名 2020/11/06(金) 11:51:18 


    中国 動物用ワクチン工場から菌流出 住民ら6000人以上感染発覚 | NHKニュースwww3.nhk.or.jp

    中国内陸部の甘粛省で去年、「ブルセラ症」の動物用のワクチンを製造する工場から菌が漏れ出し、住民など6000人以上が感染していたことが分かりました。地元当局は当初、感染者はおよそ200人と発表していましたが、ことしになって報道をきっかけにより多くの感染者を把握していたことを認め、当局の隠蔽体質に批判が高まっています。

    ba8a75d8dbd603584c4f7f8b7e4070d1_22


    【【ずさん】中国 動物用ワクチン工場から菌流出 住民ら6000人以上感染発覚】の続きを読む

    1: 2020/10/21(水) 17:25:22.50 ID:BfSCK8Bg9
    世界中の科学技術を盗もうとする中国の「千人計画」の全容と、そこに参加した日本人研究者へのインタビューを「週刊新潮」10月22日号で報じた。
    なぜ彼らは計画への参加を決めたのか。取材を続けると、背景に日本の研究環境の“現実”が見えてきた。

    ***

    「自分を含めて中国に来た若手の研究者は、働けるなら日本にいたいというのが本音です。給料や研究費が高いから中国に行くのではなく、
    日本に研究者としてのポストがない。だから中国へ行くしかなかったのです」


    中国トップ10に入る最難関大のひとつである浙江大学で、サルなど霊長類の遺伝子を研究する高畑亨教授(43)。
    給与は日本の国公立大の准教授クラス(平均年収700万円前後)だというが、研究費や“ボーナス”は潤沢に用意されている。

    「5年前に浙江省の『千人計画』に選出された際に1500万円が支給され、5年分の研究室の運営費として5000万円を支給されました。
    『ネイチャー』や『サイエンス』に論文が掲載されたら、1500万円くらいのボーナスが出る」


    実際、日本と中国では科学技術の予算に大きな差がある。20年前は共に約3兆千億円前後と拮抗していたが、
    2016年度の時点で中国の予算は22兆3988億円と大きく飛躍し、日本の6倍以上となっている。

    「中国はいま、ほとんどノーベル賞の受賞者がいませんが、これから先は基礎科学の分野においても、どんどん出てくると思います。
    あと10年もしたら、目に見えて結果が出てくるんじゃないですか」


    と懸念を示すのは、16年にオートファジーの研究でノーベル生理学・医学賞を受賞した、東京工業大学栄誉教授の大隅良典氏(75)。

    日本の研究環境にはこう警鐘を鳴らす。

    「日本は財務省の役人に分かってもらえるような研究なら何とか予算がつく状況。
    今の日本のやり方は、研究にお金を出したらその分の見返りがなくてはいけないというもので、これでは絶対に上手くいかないと思います。
    このままいけば、日本で活躍の場がないからという理由で、基礎科学者が中国に流出することが、今以上に増えていくと思います」


    10月22日発売の「週刊新潮」では、千人計画に参加した多くの日本人研究者の声とともに、図らずも露呈した我が国の研究環境の惨状を詳報する。
    https://www.dailyshincho.jp/article/2020/10211659/?all=1

    kenkyu_man_seikou


    【【話題】 中国の「千人計画」に参加した多くの日本人研究者の声 「中国へ行くしかなかった」】の続きを読む

    1: 2020/10/17(土) 15:37:17.93 ID:zrfD5zpu9
    中国の電子商取引(EC)大手アリババグループとJR西日本が9日、京都・嵯峨嵐山の観光を楽しむ様子を中国に生中継するバーチャル旅行イベントを開催した。新型コロナウイルスの影響で海外旅行が難しい現地の人々にオンラインで京都の魅力を伝え、収束後のインバウンド(訪日観光客)回復につなげる考えだ。

     イベントの案内役には、日本在住で中国国内に100万人以上のSNSフォロワーを持つ中国人男性の「東京阿鶏(アーチ)」さんを起用。動画投稿アプリで日本の観光地やグルメを中国に発信する東京阿鶏さんは、アリババが運営する動画配信サービス「タオバオライブ」などを使って映像を配信した。

     嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車を紹介した後、人気スポット「竹林の小径(こみち)」を人力車で進み、二尊院の境内も散策した。東京阿鶏さんの視点から景色を映し、視聴者が京都観光を疑似体験する映像を約2時間にわたって中継。視聴者数は一時10万人を超えたという。

     アリババグループとJR西は昨年9月、西日本を訪れる中国人客の拡大などに向けて提携。新型コロナの感染拡大で訪日旅行が困難となったが、コロナ後の需要取り込みに向け日本の観光地をPRする初の試みとなった。

     アリババの担当者は「中国国内の調査で、行きたい海外旅行先として日本は常に上位にあり、ニーズは確実にある」と強調した。JR西上海代表処の平岡剛所長は「移動制限があり観光客の往来が見通せない中でも西日本の良さを伝え、行ってみたいという興味をかき立て続けることが大事だ」と説明した。

    https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/378259
    no title

    【【ガッカリ】京都観光、コロナ後見据え中国に熱烈PR 嵐山中継に視聴10万人超、アリババとJR西が企画】の続きを読む

    1: 2020/10/12(月) 22:47:12.46 ID:QV4l2/BO0● BE:135853815-PLT(13000)

    任命できない人が複数と副長官が首相に報告

     日本学術会議の会員任命拒否を巡り、杉田和博官房副長官が内閣府の提案に基づき、任命できない人が複数いると、菅義偉首相に口頭で報告していたことが12日、分かった。政府関係者が明らかにした。

    https://this.kiji.is/688376774530712673


    杉田和博
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%E7%B0%E5%8C%E5%8D%9A
    警察ではほぼ一貫して警備・公安畑を歩み[3]、警備局長を経て内閣官房にて内閣情報調査室長、内閣情報官、内閣危機管理監として政権中枢で公安と危機管理を担った。2004年に退官。
    benkyoukai_kunrenkou_asia_suit

    【【あ…】「任命できない人が複数いる」と杉田副長官が菅首相に報告していた ※杉田副長官は公安出身】の続きを読む

    1: 2020/10/10(土) 18:02:48.37 ID:tWbUjlly0 BE:479913954-2BP(1931)

    まさかこんな・・・日本人が好む中華料理は「あまりに意外すぎて失望」=中国報道

     ラーメンや餃子、チャーハン、麻婆豆腐など、日本人にとって中華料理は非常に身近な存在と言えるが、中国人からすると「日本人に一番人気のある中華料理は何か」という素朴な疑問が浮かぶという。

     中国メディアの百家号は29日、「日本で一番美味しいとされる中華料理は何か」と問いかける記事を掲載し、その結果は中国人の予想を大きく裏切るものであったとする記事を掲載した。

     記事は、日本の美食を尋ねれば「寿司」と答える中国人は多く、中国人は「日本料理は高級」というイメージを持っている人は多いと紹介したうえで、
    中華料理には日本の食文化に負けずとも劣らない歴史と深みがあるゆえ、中国人が日本料理に魅了されているのと同じように「日本人も中華料理の奥深さに魅了されているに違いない」と主張した。

     続けて、日本で行われた「最も好きな中華料理は何か」を尋ねた調査を紹介し、「日本人の約8割は中華料理が好き」という結果は中国人にとって嬉しいものだったが、人気の中華トップ3が「餃子、麻婆豆腐、チャーハン」であっあたことには大きな失望を覚えると主張した。

     なぜなら、日本人が大好きな餃子は中国では主に北方で食されている「主食」であって、チャーハンもまた身近すぎる主食であると指摘。また麻婆豆腐も中国では安価な家庭料理に過ぎないためだと強調し、
    中国には北京ダックのように高級かつ味もすばらしい料理が多数あるというのに、そのような高級な食材を使った料理が選ばれなかったことは「意表を突く結果」であり、愕然としてしまう結果であると紹介した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18668756/

    【日本人「好きな中華?餃子!麻婆豆腐!炒飯!」 中国人失望「もっと美味しいものあるのに…」】の続きを読む

    このページのトップヘ