テドロス事務局長

    1. 匿名 2020/05/14(木) 08:24:19 


    WHO、新型コロナ「消滅しない可能性」 終息に長い道のり - ロイターjp.reuters.com

    世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイケル・ライアン氏は13日、新型コロナウイルスがヒト免疫不全ウイルス(HIV)と同様、消滅しない可能性があるという見方を示した。同氏は「新型コロナがエンデミック(一部の地域で通常の範囲内で広がっている状態)になり、決して消滅しない可能性がある」とした上で「現実的に考えることが重要で、新型コロナの消滅時期は誰も予想できないと思う。新型コロナは長期的な問題に発展するかもしれず、そうならないかもしれない」と語った。

    d9cd1778360e64ef42fdd47c6ee5c0bd_58



    【【新しい生活様式】WHO、新型コロナ「消滅しない可能性」 終息に長い道のり】の続きを読む

    1. 匿名 2020/04/14(火) 23:25:13 


    新型コロナの致死率は新型インフルの10倍 WHO見解 - 産経ニュースwww.sankei.com

    【ロンドン=板東和正】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は13日、ジュネーブでの記者会見で、新型コロナウイルスについて、2009年に流行した新型インフルエンザより致死率が10倍高いとの見解を示した。各国が感染拡大を抑えるために実施している外出制限などの措置について解除を急がないよう訴えた。

    2faa99506b5ac64e669584c668b777ca_465


    2009年の新型インフルエンザでの死者数は世界全体で10万~40万人とされる。米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナによる世界の死者数は13日時点で12万人に迫っている。テドロス氏は記者会見で、「新型コロナの感染は非常に速いが、減速(の速度は)ゆっくりだ」と分析し、今後も感染が急速に広がる恐れがあるとした。その上で、外出制限などの措置について、早急に全てを解除するのではなく、感染経路などを追跡できる態勢を維持しながら「徐々に解除していかなければならない」と述べた。


    【新型コロナの致死率は新型インフルの10倍 WHO見解】の続きを読む

    1. 匿名 2020/03/06(金) 15:20:51 

    高須院長「戦犯はWHO。テドロス事務局長」 橋下徹氏「騒動の元凶はWHOだ!」/芸能/デイリースポーツ onlinewww.daily.co.jp

     高須クリニックの高須克弥院長が6日、ツイッターを更新し、WHO(世界保健機関)と同機関のテドロス事務局長が世界的な新型コロナウイルスの感染拡大の「戦犯」と断罪した。元大阪市長で弁護士の橋下徹氏も同日、ツイッターで「騒動の元凶はWHOだ!」と投稿...

    15ed7ec45479698988c215e0671e3db5_15990

     高須氏は6日、この投稿以前にも「『たいしたことない、警報を出すほどではない』と楽観的発表を繰り返したWHOのテドロスさんが対策を遅れさせて大惨事を引き起こした主犯だと思います。」と糾弾。5日にも「WHOの情報は信頼性に欠ける。『武漢肺炎は子供からは感染しない』とか『死亡率は高くない』とか『中国に感謝しよう』とか『マスクは予防に役だたない』とか変だ。中国の隠蔽体質とWHOの中国への忖度アピールだけは急速に理解が深まっている。」とWHOと同事務局長の対応を批判していた。


    【高須院長「戦犯はWHO。テドロス事務局長」 橋下徹氏「騒動の元凶はWHOだ!」】の続きを読む

    このページのトップヘ