スポーツ

    1: 2021/03/26(金) 14:45:50.13 ID:CAP_USER9
     楽天は26日、日本復帰後初登板となる予定だった27日・日本ハム戦の先発登板を回避した田中将大投手(32)が右ヒラメ筋損傷と診察されたことを発表した。

     25日の練習後に仙台市内病院を受診した右腕。診断の結果、試合復帰まで3週を要する見込みとなった。

     田中将は「登板を楽しみにしてくれていたファンの皆さまには大変申し訳なく思っています。僕自身も初登板の日を楽しみにしていたので、とてもがっかりしています」とコメント。
    「幸いにもけがの程度は軽症です。一日でも早くマウンドでの姿をお見せできるようにしっかりと治します」と前を向いた。

    デイリー

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a906ff19674a83316c83a660fedb6faafbf78aa5
    baseball_pitcher_overthrow



    【【ファン残念】楽天・田中将大、右ヒラメ筋損傷「とてもがっかり」試合復帰まで3週間】の続きを読む

    1: 2021/03/24(水) 01:03:48.25 ID:2K2wZZpza
    no title



    【【悲報】今日甲子園に出場する京都国際高校の校歌がヤバすぎると話題にwww】の続きを読む

    1: 2020/11/26(木) 09:39:24.60 ID:uBKf0N/eM
    https://togetter.com/li/1627549
    私は8歳のときから高いレベルの競技会に参加できる短距離走者になることを目指してトレーニングを重ねてきた。
    両親、コーチ、チームメートの助けもあり、私はその目標を達成できた。
    2018年、二年生だった私は、コネチカット州の高校生女子の部でトップ5に入る短距離走者になった。
    ある日突然、そうでなくなるまでは。

    その年の州選手権で、2人の選手が私より速く走った。
    いや、文字通り、すべての女子選手より速く走ったのだ。
    2人は1位と2位でゴールし、圧倒的な力を見せつけた

    2人はより強いモチベーションがあったのか? より厳しい練習を行ったのか? そうは思わない。
    しかし、2人には有利な点があった。私たちにはどうしようもない大きな利点だ。
    2人は、性自認が女子のトランスジェンダーであり、生物学的な男子だったのだ。

    男性が女性と競うことをあなたは公平だと思うだろうか?

    コネチカット州選手権の女子の部で金メダルと銀メダルを獲った2人の生物学的な男子について、知っておいてほしいことが1つある。
    2人の持つ記録では、州選手権の男子の部には出場すらできなかったのだ。
    念のために繰り返そう。
    2人の記録では、州選手権の男子の部には出場すらできなかったのである。

    2人は2年続けて女子を相手に1位と2位を独占した。
    この2人の生物学的な男子選手は、あわせて15の女子選手権タイトルを獲得したのである。
    rikujou_woman_marathon



    【【終わりの始まり】女子スポーツ、『身体は男、心は女性』のトランスジェンダーが流入して女性競技者が終わる】の続きを読む

    1: 2020/11/04(水) 14:10:14.74 ID:bJoHzWtQ0
    球団関係者は「今回盗まれたのは靴だった」と説明。「売るとかではなく、自分で履いて球場に来ていた。考えられない」と理解に苦しんでいる。
    https://www.zakzak.co.jp/spo/news/201104/bas2011040002-n1.html
    dorobou_shinobiashi



    【【盗賊】西武平尾コーチ、靴を盗んでいた】の続きを読む

    1. 匿名 2020/10/31(土) 23:47:42 

    盗撮側の一方的な論理展開に怒りを感じました。
    ひどい…



    女子アスリート盗撮 金儲けされた上に写真が拡散される構図|NEWSポストセブンwww.news-postseven.com

    インターネット上で勝手に画像を使用され、しかもポルノグラフィにされてしまう事例は以前から存在していたが、撮影とネット利用が手軽になるに従って被害が拡大している。その状況にストップをかけるべく、女子アスリートたちからの訴えを受ける形で日本オリンピック委員会(JOC)が実効性のある対策を目指すことが明らかになった。


    cce3905b074b2f962093b4347e1425f6_7683



    「SNSにアップするのは一部で、際どいやつやネットには載せられないようなやつが撮れた時は、懇意にしている仲間に販売します。これは、誰に販売したかもわかるから中々流出はしない。でもたまに流出して、ネット掲示板が荒れちゃうこともありますね」(X氏)


    「見えるようにしておきながら見るな、というのはおかしいでしょう? 女性だってセクシーな格好をする権利がある、なんて言っているじゃないですか。見られるのが嫌、写真に撮られるのが嫌なら、競技をやめちゃえばいいんですよ」
    (X氏)


    屁理屈でしかない彼の発言からは、自分の欲望と利益が重なることの何が悪いという開き直りしか感じられない。被害者の苦しみなど意に介さない、ということか。


    【【無法地帯】女子アスリート盗撮 金儲けされた上に写真が拡散される構図】の続きを読む

    1: 2020/11/01(日) 12:30:37.75 ID:CAP_USER9




    hqdefault

    11/1(日) 12:27
    配信
    スポニチアネックス

     ◇WBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチ12回戦 ○統一王者 井上尚弥―WBA2位・IBF4位 ジェーソン・モロニー●(2020年10月31日 米ラスベガスMGMグランド )

     プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が10月31日(日本時間11月1日)、米ネバダ州ラスベガスのMGMグランドで行われ、統一王者・井上尚弥(27=大橋)がWBA2位、IBF4位ジェーソン・モロニー(29=オーストラリア)に7回KO勝利した。WBA王座は4度目、IBF王座は2度目の防衛となった。

     井上にとってラスベガスデビュー戦で、昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で、元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちして以来、約1年ぶりの試合だった。

     当初は、今年4月にWBO王者のジョンリール・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期。互いに相手を変えて防衛戦に挑むこととなった。これまでの戦績は井上が19戦全勝(16KO)、対するモロニーは22戦21勝(18KO)1敗だった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6c48403e448105b18aa9a0ab2c4386961aa1efd1


    【【結果】井上尚弥 防衛戦の結果は!? WBA4度目、IBF2度目の防衛なるか】の続きを読む

    1. 匿名 2020/07/19(日) 17:11:41 

    お母さんのお弁当で何が一番好きだったか聞かれ、照れながら「全部」と答える大谷翔平さん

    iNNVFO23aS36zRK


    【【男性有名人】かわいい~と思ったエピソード】の続きを読む

    1. 匿名 2020/06/19(金) 16:35:38 

    皆さんは天才というと、誰を連想しますか?
    主はプロレスラーの武藤敬司さんだと思います。
    全ての技、動きに華があり、オマケにグレート・ムタという別の人格のレスラーとしてもファンを魅了した天才です!


    【【ジャンル不問】この人は天才だと思う有名人】の続きを読む

    1. 匿名 2020/06/16(火) 18:42:32 

    時間のある時に楽しみとしてYouTubeでフィギュアを見るようになりました。
    がるちゃんは詳しい方が多そうなのでおすすめプログラム教えて下さい!

    ※国内スケーター・海外スケーターどちらのものでもOKです!(特に推しのスケーターはいないです)

    ※スケーターやプログラムに対しての下げコメやアンチコメは固くお断りします!


    【おすすめ☆フィギュアスケートのプログラム】の続きを読む

    1. 匿名 2020/07/22(水) 08:35:25 

    カバディが人気になってきてるとは知りませんでした…!


    若者に人気のカバディ、練習中の「カバディ連呼」が禁止に|NEWSポストセブンwww.news-postseven.com

    新型コロナの感染拡大は、スポーツの現場にも大きな影響を与えている。各競技団体は感染防止のためのガイドラインを発表。感染予防と競技の両立が簡単でないこともある。全日本空手連盟が、試合や練習で技を放つ際の「気合の声出し」をしないように求めるガイドラインを策定したことが話題となった。だが、「声出し」がより競技の本質的な部分とかかわる場合もある。それが、アジア大会でも正式種目となっている「カバディ」だ。


    6b3d002008caaa457c2c1121349153b8_930


    日本でもいま、若者を中心にカバディ人気が高まりつつある。きっかけは、7月にアニメ化も発表された漫画『灼熱カバディ』(小学館刊)だ。高校生の主人公がカバディ部の仲間たちと共に、カバディに青春を捧げる熱きスポーツ漫画である。

    6b3d002008caaa457c2c1121349153b8_17680


    このスポーツは、おおまかにいえば「チーム制の鬼ごっこ」に喩えられることが多い。2チームが順番に攻撃し、攻撃を行う者(レイダー)が守備側の陣地に侵入し、メンバーの体を触って自陣まで戻ることで得点を得るのだが、その際レイダーは息継ぎすることなく絶えず「カバディ」と言い続けなければいけないルールなのだ。これは「キャント」と呼ばれる。「息が続いている時間=攻撃の制限時間」というわけだ。

    ブーム到来が予感されるタイミングでのコロナ禍。「キャント」による飛沫感染のリスクに選手たちは悩まされているのだろうか。SNSを検索すると高校生のカバディ同好会の選手が「練習でキャントを禁止にしている」という投稿もあった。


    【【人気!?】若者に人気のカバディ、練習中の「カバディ連呼」が禁止に】の続きを読む

    このページのトップヘ