ジャルジャル

    1: 2020/10/17(土) 12:57:31.21 ID:X72fbx180
    霜降りのラジオより
    f1C1mrJ4ihLA3g2



    【霜降り明星「俺らがまだ無名のとき、ジャルジャルさんだけは優しかった」】の続きを読む

    1: 2020/10/04(日) 13:33:29.62 ID:CAP_USER9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/dd4a6a4fc322ec344546032d8419f791b71bd3e3



     お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、4日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。自身が審査員を務める『キングオブコント(KOC)2020』で13代目キングに輝いたジャルジャルを称賛した。

     かねてより、ジャルジャルの実力を評価していた松本は「我々、プロのお笑いの人でジャルジャルを否定する人いないよね、玄人受けが半端じゃなくて、逆に玄人受けが良すぎて一般の人から『よくわかんない』と言われているところもあるかもしれないよね。今回、それがいい感じでマッチしたのかな」と、今大会を振り返った。

     毎日、新作ネタを投稿しているYouTubeチャンネルもチェックしているといい「俺、ジャルジャルの先輩じゃないと思ってるのよ。なんかジャルジャルは、ジャルジャルなのよ。お笑いやけど、別にジャルジャルの先輩じゃないし」と魅力を分析。MCの東野幸治も「ダウンタウンの流れじゃないところでポツンと出てきた独特のコンビ」と評していた。

     松本らの賛辞に終始、恐縮しきりだったジャルジャル。『めちゃ×2イケてるッ!』の出演を引き合いに出されると、福徳秀介は「(『めちゃイケ』で)いろいろと学びました」、相方・後藤淳平も「ネタをやっていこうと思えたのは、あの時期があったからこそ」と、それぞれ語っていた。
    no title



    【【芸能】松本人志 「我々、プロのお笑いの人でジャルジャルを否定する人はいない」「玄人受けが半端じゃない」】の続きを読む

    1: 2020/09/28(月) 14:00:48.15 ID:3xHrCC0d0
    YouTubeも大して伸びてない

    【ジャルジャル「あのー… ボクら優勝しましたけど…?」】の続きを読む

    1: 2020/09/26(土) 21:49:47.47 ID:CAP_USER9
     “コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2020』決勝戦が26日、東京・赤坂のTBSで行われ、ジャルジャルが13代目キングの栄光に輝き、優勝賞金1000万円を獲得。大会1年目から13年連続で準決勝以上という戦績を誇り「『キングオブコント』が一番欲しいタイトル」と息巻いていた“優勝最有力”が、4度目となる決勝の舞台で悲願を達成した。

     今大会の総エントリー数は1707組で、うるとらブギーズ、空気階段、ザ・ギース、GAG、ジャルジャル、ジャングルポケット、滝音、ニッポンの社長、ニューヨーク、ロングコートダディが決勝進出を決めた。

     進行はダウンタウンの浜田雅功、日比麻音子アナが担当。審査員の松本人志、さまぁ~ず、バナナマンが、1人100点の500点満点で採点。上位3組のジャルジャル、ニューヨーク、空気階段がファイナルステージに進み、審査員5人が出す合計点の高さで優勝を争った。

     同大会は2008年から毎年行われ、今年で13回目。プロアマ問わず、芸歴制限なく出場可能で、歴代キングはバッファロー吾郎、東京03、キングオブコメディ、ロバート、バイきんぐ、かもめんたる、シソンヌ、コロコロチキチキペッパーズ、ライス、かまいたち、ハナコ、どぶろっくが名を連ねている。

    https://www.oricon.co.jp/news/2172951/full/?utm_source=Twitter&utm_medium=social&ref_cd=tw
    no title


    【【賛否両論】ジャルジャルが『KOC』13代目王者に 4度目の決勝で悲願達成】の続きを読む

    このページのトップヘ