インフルエンザ

    1: 2021/03/28(日) 23:46:34.79 ID:8l31clxf9
    3月22日、和食レストラン「権八」やイタリアン「カフェ ラ・ボエム」などを展開する東証2部上場の外食企業、グローバルダイニングが東京都を提訴した。

    裁判では、新型インフルエンザ等対策特別措置法(特措法)に基づいて発出された東京都による時間短縮営業の命令が違法・違憲だとし、
    特措法そのものの違憲性についても争う考え。

    一方で、今回の訴訟は「損失補填が目的でない」とし、損害賠償請求額はわずか104円と少額だ。

    命令が出る前の「要請」段階では、時短営業に応じられなかった理由や、今回訴訟を提起した背景・意義について、
    グローバルダイニングの長谷川耕造社長とその代理人である倉持麟太郎弁護士に聞いた(※以下敬称略)。


    飲食店だけ20時閉店は理解できない


    ――2度目の緊急事態宣言下において、時間短縮営業の要請を受け入れなかった理由を教えてください。

    長谷川:コロナに関するいろいろな科学的分析がされるなか、(行政の感染症対策に対し)大きな疑問があった。
    国内の死者数をみてもこれまでで約9000人と、過去のインフルエンザと比べても少ない。


    こうした中、(飲食店に対し1度目の緊急事態宣言のときと)同じような施策を打つことには納得ができない。
    ほかの施設が営業している中、飲食店だけが20時閉店というのは理解しがたい。


    (行政は)恐怖心をあおるようなことばかりで、むしろ政策によって生きるか死ぬかという塗炭の苦しみを味わっている人がたくさんいるのではないか。
    法律上も「要請」は行政指導であり、従う義務はないと考えている。

    https://toyokeizai.net/articles/-/419378

    nomikai_happy



    【【グローバルダイニング社長】 「国内の死者数約9000人、過去のインフルエンザと比べても少ない。飲食店だけ20時閉店は理解できない」】の続きを読む

    1: 2020/09/29(火) 10:59:09.53 ID:DJcTeEg60● BE:323057825-PLT(13000)

    厚生労働省によりますと、38週(9月14日~20日)のインフルエンザ報告数は前年同時期に比べて極端に少なくなっています。
    インフルエンザ報告数 極端に少なく
    厚生労働省が9月28日発表した「インフルエンザの発生状況」によりますと、
    38週(9月14日~20日)のインフルエンザ報告数は全国で「4」と前年同時期の総数「5,716」に比べて極端に少なくなっています。
    感染症対策などの効果が考えられ、今回だけでなく、36週(8月31日~9月6日)と37週(9月7日~13日)もこのように極端に少ない状況となっています。

    9月20日までのインフルエンザ報告数極端に少なく 11月以降は寒さ増す
    https://tenki.jp/forecaster/t_yoshida/2020/09/28/9972.html
    no title


    【インフルエンザ感染者、例年の1000分の1wwwwwwww】の続きを読む

    1. 匿名 2020/05/14(木) 08:24:19 


    WHO、新型コロナ「消滅しない可能性」 終息に長い道のり - ロイターjp.reuters.com

    世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイケル・ライアン氏は13日、新型コロナウイルスがヒト免疫不全ウイルス(HIV)と同様、消滅しない可能性があるという見方を示した。同氏は「新型コロナがエンデミック(一部の地域で通常の範囲内で広がっている状態)になり、決して消滅しない可能性がある」とした上で「現実的に考えることが重要で、新型コロナの消滅時期は誰も予想できないと思う。新型コロナは長期的な問題に発展するかもしれず、そうならないかもしれない」と語った。

    d9cd1778360e64ef42fdd47c6ee5c0bd_58



    【【新しい生活様式】WHO、新型コロナ「消滅しない可能性」 終息に長い道のり】の続きを読む

    1. 匿名 2020/02/08(土) 22:14:29 

    【海外発!Breaking News】「抗インフルエンザ薬は必要ない」母親の判断で4歳男児が死亡(米) | Techinsight(テックインサイト)|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイトjapan.techinsight.jp

    米コロラド州プエブロに住む4歳男児が今月5日、インフルエンザで死亡した。男児の母親は抗インフルエンザ薬「タミフル」を処方されていながらも購入せず、ハーブなどの“自然療法”を行っていたという。『The Sun』『NBC News』などが伝えている。


    0aa1d81f390eccc72e8d24f8d0afe89d_11024

    4児の母であるジェネヴァ・モントーヤさん(Geneva Montoya)は先月末、生後10か月と5歳の息子がインフルエンザB型に感染し、医師から家族全員分の抗インフルエンザ薬「タミフル」を処方された。子供たちはインフルエンザの予防接種は受けていなかったが、薬を飲ませることに抵抗があったジェネヴァさんはタミフルを購入することなく帰宅し、ハッカ油やビタミンC、ラベンダーなどの自然療法で対処していた。


    【「抗インフルエンザ薬は必要ない」母親の判断で4歳男児が死亡(米)】の続きを読む

    このページのトップヘ