アメリカ

    1: 2020/12/01(火) 05:56:47.90 ID:V+fabV9N0
    The #Hot100 top 10 (chart dated Dec. 5, 2020)
    no title

    https://twitter.com/billboardcharts/status/1333482181369409538

    なお前回の曲もいまだに3位な模様


    【【速報】BTSさん、新曲もビルボートHot100で1位獲得】の続きを読む

    1: 2020/11/30(月) 07:24:30.89 ID:Cfi5QMlp9
    【ワシントン=中村亮】米大統領選で勝利を確実にした民主党のバイデン前副大統領が愛犬と遊んでいた際に足を滑らせて足首を捻挫したことが29日、分かった。政権移行チームが明らかにした。78歳のバイデン氏は史上最高齢で大統領に就任する見通しで、健康への不安が改めて広がりそうだ。

    政権移行チームによると28日に捻挫し、29日午後に地元デラウェア州で医師の診断を受けた。「万全を期すためだ」と説明している。トランプ大統領は大統領選でバイデン氏に健康面で不安があると主張していた。

    2020/11/30 7:02
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66789540Q0A131C2EAF000/
    pet_omocha_inu



    【【おじいちゃん】バイデン氏、愛犬と遊んで足首を捻挫】の続きを読む

    1: 2020/11/25(水) 12:13:21.01 ID:0cSw+r4D9
    アメリカのニューヨーク市ブルックリンでは、新型コロナウイルスの感染第1波で命を落とした人々少なくとも600人の遺体が今も冷蔵トラックの中に取り残されている。ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。
    ニューヨーク市の検視局長は、引き続きこうした人々の家族を探しているという。
    遺体の処理を急ごうと当局はスタッフを増やして対応にあたっているが、近親者がなかなか見つからなかったり、葬儀費用の問題で、遺体の取り残しが起きていると同紙は伝えている。
    ニューヨーク市は新型コロナウイルスの大流行で大きな打撃を受け、これまでに3万4000人以上が死亡している。

    ウォール・ストリート・ジャーナルによると、新型コロナウイルスの感染第1波で命を落としたニューヨーク市民600人以上の遺体が今も冷蔵トラックの中に取り残されている。

    親族となかなか連絡がつかなかったり、葬儀費用の問題で、こうした遺体の取り残しが起きていると同紙は伝えている。アメリカでは再び新型コロナウイルスの感染が拡大している。

    ニューヨーク市では3月下旬、処理しきれない遺体を保管しておくため、ブルックリンに仮設の冷蔵施設が設置されていた。

    Insiderでも報じたように、病院の遺体安置所は当時、空きがなかった。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、市の検視局もいっぱいだったという。


    医療スタッフが連絡を取ろうとしていた親族の中には、すでに死亡しているケースもあったと、検視局の法医学検査の責任者エイデン・ナカ(Aden Naka)氏はウォール・ストリート・ジャーナルに語った。

    同紙によると、こうして取り残された遺体の大半は、葬儀費用の問題から今も施設で保管されているという。緊急対策として、市は遺体の埋葬にかかる費用への支援を900ドル(約9万4000円)から1700ドルに引き上げたものの、葬儀費用は依然として多くの家庭にとって手が届かないほど高い。

    ただ、ハート島では無料で遺体を埋葬することが可能だ。この島は、ニューヨーク市が以前から親族が見つからなかったり、見つかっても葬儀費用をまかなえない場合に遺体を埋葬してきた場所だ。

    マニオティス氏は、こうした状況が遺体の親族にとって「トラウマ」になっているとウォール・ストリート・ジャーナルに語った。

    ジョンズ・ホプキンス大学のデータによると、ニューヨーク市ではこれまでに3万4000人以上が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で死亡している。

    Nov. 24, 2020, 03:30 PM
    https://www.businessinsider.jp/post-224634
    no title

    【【米騒動】ニューヨーク市、コロナで死亡した600人以上の遺体が8カ月経っても冷蔵トラックに】の続きを読む

    1: 2020/11/28(土) 07:01:48.25 ID:2zdjrCeh9
    米大統領選をめぐり、会員制交流サイト(SNS)大手のフェイスブック(FB)やツイッターが根拠不明や偽情報への対策を強めたことを受け、保守層のユーザーが、新興SNS「Parler(パーラー)」に流れる動きが強まっている。パーラーの台頭は、「保守層の意見を不当に検閲している」という大手SNSに対する不満が背景にあるが、異論と交わる機会がなくなり、ネット空間の分断が深まることへの警戒感は強い。

    「大手は不平等」
     「急いでパーラーで私をフォローして。FBやツイッターが私を検閲し続けたら、そのプラットフォームにはいられなくなるかもしれない。パーラーは素晴らしい代替手段であり、成長している」


     弁護士で米保守系ラジオ番組司会者のマーク・レビン氏は今月10日、自身のツイッターにこう投稿し、フォロワーにパーラーへの乗り換えを呼びかけた。レビン氏だけでなく、大統領選後、FOXニュースのキャスターなど保守系の著名人は合言葉のように「パーラーで私をフォローして」と次々と発信を続けた。

    (無料記事はここまで)

    産経新聞2020.11.27
    https://special.sankei.com/a/international/article/20201127/0002.html
    america_daitouryousen_man




    【【言論統制】保守層がFB、ツイッター離れ 新興SNS「パーラー」に ネット空間の分断加速】の続きを読む

    1: 2020/11/20(金) 11:41:59.03 ID:VTQvpmOH0 BE:668024367-2BP(1500)

    バイデンは中国の手先? 日本で「陰謀論」に騙される人が急増した「深刻な実態」

    バイデン前副大統領が勝利をおさめた2020年の米国大統領選挙では、世界中の報道機関やインターネット企業が、1つの敵と戦っていた。それは「陰謀論」だ。

    いわゆるフェイクニュースやデマの跋扈は、過去の大統領選や新型コロナウイルスでも問題となったが(参照「新型コロナ、世界中の人々が『悪質デマ』に踊らされる構造」)、今回は単なるフェイク・ニュースというよりも、より大きな物語を背景とするような陰謀論が飛び交う事態となった。

    そして驚くべきことに、大統領選に関する陰謀論は日本でも広く聞かれたばかりか、必死にそれらを擁護する人が続出した。一体なぜ、大統領選に関する陰謀論が、遠く離れた日本で広まったのだろうか。そして、それらはどのような問題を抱えているのだろうか。

    世界が驚いた「日本のトランプ支持層」

    今回広まった陰謀論は枚挙に暇がなく、世界中の報道機関などが選挙前から様々な対策を講じており、世界中の記者が今でも根気強くファクトチェックをおこなっている。こうした陰謀論の多くは、トランプ陣営から生み出されており、トランプ大統領の敗北を受けて、選挙の不正などを訴えている。

    こうした中、トランプ支持の声や大統領選に関する陰謀論が、日本でも広がっていることに国外から注目が集まった。

    トロント大学のフィリップ・リプシー准教授は、バイデン氏への祝意を伝える菅首相によるツイートに、日本のトランプ支持者から批判コメントが集まっていることに気づき、驚きの声をツイートした。

    これに返信したダートマス大学のチャールズ・ クラブトリー助教授は、彼らのトランプ支持の原因は「トランプが、中国に厳しいため」だと述べつつ、「トランプの無能な対中政策が、日本をどのように助けたかは理解不能だ」とも指摘している。

    しかし、日本におけるトランプ支持者の数は、それほど多いわけではない。

    ウィリアム・スポサト氏は、日本の「保守的なコメンテーターはバイデン氏を嫌っている」と述べつつも、「彼らは少数派」だと指摘する。

    続く
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/77452?page=2
    america_daitouryousen_man



    【【USA!】世界が驚いた日本人のトランプ支持「彼らが支持している理由はただ一点、反中国であることのみだ」】の続きを読む

    1: 2020/11/19(木) 21:29:49.73 ID:1ZFXN0ks0● BE:425021696-2BP(2500)

    Hiroshi Makita Ph.D.
    @BB45_Colorado
    東京で遂に新規感染者が500人/日をこえた。
    日本政府には能力が無いためロックダウンを行うことは不可能である。
    菅首相は、綱渡りを続けてきたがここに来て限界が見えてきている。
    日本の専門家は、うまくやっていると言うが、GOTO含め一連の失政が感染拡大を起したと強い批判がある。
    CNN News ROOM
    mask_kankaku_kabin_man


    【【悲報】CNN「日本政府には能力がないためロックダウンを行うのは不可能」】の続きを読む

    1: 2020/11/15(日) 20:19:38.83 ID:RexyveH89
    【ワシントン=平田雄介】トランプ米大統領の支持者が14日、首都ワシントンに集まり、民主党候補のバイデン前副大統領の当選が確実となった大統領選で「不正投票が横行した」と訴え、ホワイトハウス近くの広場から連邦議会議事堂までの大通りを行進。最後は連邦最高裁の前で「公正な司法判断」を求めた。トランプ氏は車列から支持者の前に姿をみせ、「敗北を認めてはいけない」という支援の声に応えた。

     トランプ氏は「大統領選で大規模な不正があった」として訴訟や再集計の動きを活発化させており、行進は支持者が同氏の訴えに呼応した形。ただ、これまでのところ不正の具体的な証拠は示されていない。

     米FOXニュースによると、行進には全米各地から約1万人が参加した。

     トランプ氏の応援グッズを身に着けた支持者たちは「不正を止めろ」「あと4年」などと声を上げながら約2・4キロを練り歩いた。

     米MSNBCテレビは同日、トランプ氏が「バイデン氏の勝利が確定すれば2024年の次回大統領選への立候補を表明する」と側近に伝えたと報じた。行進に参加していたノナ・パーカーさん(55)は「そうなれば応援するけど、まずは今回の選挙の不正が証明されて大統領が再選することを願うわ」と話した。

     一部メディアは暴動が起きるなどと懸念を伝えていたが、行進は平和的に行われた。

    夜になり、防具などを着けた黒い服装の群衆が現れ、トランプ氏の支持者が宿泊するホテルに花火を放って威嚇したり、街中に残っていたトランプ氏支持を示す幟や看板に火をつけて回った。群衆の中にはバイデン氏支持を示すグッズを身に着けた人がいた。


     警察はトラブルの拡大に備え、周辺の道路を封鎖するなど警戒に当たった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1891197e6775259485642ba70e551dc4ab2e35dc
    no title



    【【デモ行進】トランプ支持者、首都を行進 「不正投票」訴え 「不正を止めろ」「あと4年」】の続きを読む

    1: 2020/11/14(土) 11:43:03.34 ID:bFZrMOoa9
    米大統領選 全州の結果出揃う バイデン氏勝利確実

    アメリカのCNNテレビは、ジョージア州でバイデン氏の勝利が確実だと報じました。これにより全州で結果が出そろい、勝利確実のバイデン氏がさらにトランプ氏を引き離しました。

    CNNによりますと、接戦により集計作業が続いていたジョージア州で民主党のバイデン氏がわずか0.3ポイントの差を制して勝利を確実にしました。一方、同じく接戦となっていたノースカロライナ州では1.4ポイントのリードでトランプ大統領の勝利が確実となっています。

    これにより、大統領選ですでに勝利を確実にしているバイデン氏が獲得した選挙人の数を306人に伸ばし、トランプ氏の232人を大きく引き離しましたが、トランプ氏は依然として敗北宣言を拒否しています。

    [2020/11/14 06:13] テレ朝
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000198445.html

    america_daitouryousen_man

    【【CNN】バイデン氏がジョージア州でも勝利確実に 大統領選で全州の結果出そろう】の続きを読む

    1: 2020/11/13(金) 19:01:15.97 ID:G/x7SDFe9
    トランプ米大統領は12日、中国人民解放軍を支援していると米政府が認定した中国企業31社について、2021年1月11日から米企業や個人が新規投資することを禁止する大統領令に署名した。さらに21年11月までに保有株式を売却するよう命じた。

    トランプ氏は「中国企業に軍事力強化やスパイ活動への支援を強制する中国政府の『軍民融合』政策は、米国の安全保障上の脅威だ」として、国際緊急経済権限法に基づく国家緊急事態を宣言。米国防総省が中国軍と密接に関係していると判断した中国企業への直接・間接の株式投資を禁止した。

    米メディアによると、対象の31社は、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)や通信大手の中国電信(チャイナテレコム)、中国移動(チャイナモバイル)など。米株式市場で取引される株式も含まれ、大統領令による米投資家への影響も懸念される。米大統領選で勝利を確実にし、21年1月20日に大統領に就任予定のバイデン前副大統領の対応が注目される。【ワシントン中井正裕】

    毎日新聞2020年11月13日 10時39分(最終更新 11月13日 17時00分)
    https://mainichi.jp/articles/20201113/k00/00m/030/046000c
    america_daitouryousen_man


    【【⁉】トランプ大統領、国際緊急経済権限法に基づく 国家緊急事態を宣言 中国軍支援企業31社への投資禁止】の続きを読む

    1: 2020/11/12(木) 19:19:53.96 ID:Lhux+NWl9
    米女優アンジェリーナ・ジョリーの父で俳優のジョン・ボイト(81)が、「国民は真実を知らないかもしれないが、大統領選で(民主党の)バイデン前副大統領が勝利したことは真っ赤なうそだ」と語る動画を公開した。

    共和党員でトランプ大統領の支持者として知られるボイトは「今、我々は南北戦争以来となる最大の戦いに直面している。なぜなら彼ら左翼は邪悪で腐敗しており、この国を破壊しようとしている。それを許してはいけない」と語り、例えバイデン氏が当選に必要な獲得選挙人の過半数にあたる270を超えていたとしてもトランプ大統領が主張するように当選は不当だと主張。「地球上で最後の戦いであるかのように、トランプ大統領の勝利のための戦いをしなければならない」と語り、支持者たちに向けてトランプ勝利のために共に戦おうと呼びかけた。

    2分弱の動画の最後は伝説のボクサー、ムハマド・アリ氏の「戦いは最後の1発まで終わらない」という言葉を引き合いに、対戦相手がすでに勝利を宣言してリングから降りた後も戦い続けるボクサーのようだと語り、敗北宣言せずに法廷論争に持ち込んだことを評価している。ボイトは投票前にも「トランプ大統領を勝たせなければならない」と語っていた。トランプ大統領はこの動画をリツイートしている。(ロサンゼルス=千歳香奈子)

    11/12(木) 15:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201112-21120348-nksports-ent

    america_daitouryousen_man


    【【ジョリーの父】ジョン・ボイト氏、バイデン氏勝利に「真っ赤なうそだ」「彼ら左翼は邪悪で腐敗しており、この国を破壊しようとしている」】の続きを読む

    このページのトップヘ