音楽

    1: 2021/04/07(水) 22:53:43.27 ID:CAP_USER9
    https://realsound.jp/2021/04/post-737299.html

    4月6日の『マツコの知らない世界』(TBS系)で、“ヴィジュアル系バンドの世界”が放送された。

    番組にはヴィジュアル系ライターの藤谷千明が出演し、“非日常”をキーワードに様々なバンドの魅力を紹介。
    90年代のレジェンドやSNS世代を担うバンドの姿がお茶の間を賑わせると、Twitter上では「ヴィジュアル系」「バンギャ」の他、「LUNA SEA」「MALICE MIZER」「PENICILLIN」「DIR EN GREY」「アリス九號.」など、様々な世代のバンドの名前がトレンド入りした。シーンを愛する人たちがその魅力を再確認したことはもちろん、ヴィジュアル系という言葉を忘れかけていた世間にも、その熱が届いたのではないだろうか。

    番組冒頭で藤谷が、今回どうしても伝えたいこととして掲げたのは、「等身大の時代はもう飽きた 非日常をもっと体験してほしい!」というメッセージ。

    これについてマツコ・デラックスは、
    「日本のエンターテインメントはどうしてこんなにも地味になってしまったんだろう。日常と全く違う何かに憧れて、その人たちに何か思いを託したいわけじゃん。でもあまりにも等身大の人が多くない? その時に思った。ヴィジュアル系ってすごかったよな」と返す。

    そう、エンタメをより魅力的にする“非日常”を過剰すぎるほどに備えているのが、ヴィジュアル系なのだ。

    ヴィジュアル系全盛期と呼ばれた1999年。日本はバブル崩壊の影響により不況が深刻化し、雇用が悪化。人々が不安の真っただ中にいた時代に、非日常を感じさせるヴィジュアル系が求められていたのだから、再びヴィジュアル系が盛り上がるチャンスは、まさに今なのではないか、という前置きのあと、まずは90年代を盛り上げた伝説のバンドたちが紹介される。

    https://realsound.jp/wp-content/uploads/2021/04/0406-vkei-1.jpeg
    music_band_visual



    【【V系】『マツコの知らない世界』ヴィジュアル系特集に反響 LUNA SEAからMALICE MIZER、アリス九號.まで……】の続きを読む

    1: 2021/04/16(金) 22:33:51.05 ID:CAP_USER
    no title

    ▲日本のガール・グループ、ニジュー/写真=JYPエンターテインメント タイ ユーチューブ チャンネル映像キャプチャ

    日本のガール・グループ、ニジュー(NiziU)がタイのファンたちに送ったメッセージが公開されて物議をかもしている。

    今月12日、JYPタイ公式チャネルに「ニジューがタイ・ウィズユーに送るメッセージ」(Message from NiziU to Thai WithU)というタイトルの動画がアップされた。JYPエンターテインメント トレーニング システムを経て日本でデビューした日本ガール・グループ、ニジューがタイのファンたちに送るメッセージだ。

    ニジューのメンバーは「タイ・ウィズユーの皆さん、2021年新年あけましておめでとうございます。タイ・ウィズユーの皆さんに会える日が早く来るよう願います。ありがとう」と話した。

    言葉はすべてタイ語と韓国語で進められた。

    映像公開後「メンバー全員が日本人で、日本でデビューして、日本だけで活動中している日本のガール・グループがタイのファンに送るメッセージを、なぜ韓国語で送るのか」という疑問を呈した。
    (中略:NiizUの説明。戦犯の子孫がメンバーであることなど)

    ニジューが海外ファンに韓国語のメッセージを伝えた意図をめぐり疑問が提起されている。一部では「日本ではJポップ ガール・グループのようにふるまい、海外ではKポップがよく売れている韓国ガール・グループのようにふるまっているのと違うか」という鋭い声も出ている。

    キム・ソヨン、ハンギョンドットコム記者

    ソース:韓国経済(韓国語)日本人グループが韓国ガールグループであるように?…ニジュ'韓国語挨拶'論議
    https://www.hankyung.com/international/article/202104169827H

    【【芸能】 なぜ全員日本人なのに韓国のグループの様にふるまう?…NiziU、タイのファンに韓国語であいさつ】の続きを読む

    1: 2021/04/16(金) 22:28:52.95 ID:CAP_USER9
    2021.04.16 19:00
    https://myjitsu.jp/archives/274399

    画像
    no title


    大人気バンド『King Gnu』のリーダーとして、若者から絶大な支持を得ているカリスマ・常田大希。最近はクリエイティブ集団『THE MILLENNIUM PARADE』を立ち上げ、幅広いシーンで活躍している。SNSでも凡人には考えられないような数々の名言を残しており、ネット上で大きな注目を集めているようだ。


    最近では、常田がSNSで放った

    《ヒットした音楽=優れた音楽だなんて死んでも思わないくれ(メジャーレーベルにもウヨウヨいる)そういう奴が文化を殺す》
    《King Gnuの次の一手は非常に迷う 立て続けにヒットメイクすべきか一回こっちサイドに引き戻すべきか》


    といったコメントが話題に。

    画像と一緒に小さい文字で書かれた考察要素の溢れるメッセージ。これにネット上では、

    《こっちサイド(ミレニアムパレード)のことだよね…? かっこいい…。直接言わないのが粋だよね。エモい》
    《わかる、常田さんは成功している人だから、こういった発言に深みがある》

    などといった称賛の声があがっていた。しかし、彼の芸術性を理解できない者たちは、彼の言動をイタいと感じているようだ。

    『King Gnu』常田の発言にショックを受ける人も…

    たしかに常田の考え方も一理あるのかもしれない。しかし声が大きいだけの人間は批判の対象になりがちである。
    実際に今回の発言にも、

    《これはネタなんか? それともガチで痛いやつなんか? ホンモノやったらショック》
    《結局これって作る前に言ってるからアカン。どっちにも逃げれる発言》
    《ロックバンド風吹かしてクッソ上級育ちだからなこいつ》
    《「上で待っとるで」をリアルに言っちゃうマン》
    《音楽界の西野》

    といった核心を突いた手痛い声があがっていた。
    また、ロックバンド『神聖かまってちゃん』のボーカル・の子は、2019年9月に自身のツイッターで《キングヌーとかああいう金持ち坊ちゃんバンドをヨイショしているバンドシーンはくたばれよ》などと発言している。アマチュアバンドでの下積みを経験し、成功を掴んだの子にとって、常田は疎ましい存在なのだろう。

    小さい頃から両親のお金でチェロを習うなど、音楽の英才教育を受けてきた常田。だからこそ、計算されつくされたパフォーマンスが披露できるのだろう。


    【【音楽】『King Gnu』常田大希「ヒットした音楽=優れた音楽だと思ってる頭湧いてる奴がウヨウヨいる。そういう奴が文化を殺す」】の続きを読む

    1: 2021/04/16(金) 12:45:18.23 ID:CAP_USER9
     埼玉県熊谷市を拠点に活動するラップグループ「舐達麻」のメンバーらが大麻を所持したとして、警視庁に逮捕されました。

     大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは、ラップグループ「舐達麻」のメンバーの本多勇翔容疑者(32)と広井大輔容疑者(31)ら男女9人です

    本多容疑者は今年4月、同居する女(23)と大麻8.3グラムを所持した疑いがもたれ、広井容疑者は去年9月、大麻0.012グラムを所持した疑いがもたれています。

     警視庁によりますと、2人はともに逮捕された男に対し大麻の栽培などを指示していたとみられ、警視庁は2人が主導して大麻の密売を行っていたとみて調べを進めています。(16日11:45)

    JNN
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b9501d762198650527a858347201ba8cc987c994
    no title

    【【ハッパー】ラップグループ「舐達麻」の2人を含む男女9人 大麻所持で逮捕】の続きを読む

    1: 2021/04/08(木) 21:55:24.28 ID:sXYuN0uV9
    人気アニメ「呪術廻戦」のエンディングテーマを担当したことなどで知られるバンドのメンバーが、都内の男性が特殊詐欺でだまし取られた現金数十万円をATMで引き出したとして警視庁に逮捕されていたことが分かりました。

    逮捕されたのは、7人組のバンド「ALI」でドラムを担当している白井カディオ容疑者です。

    捜査関係者によりますと、白井容疑者は先月、医療費などの還付が受けられると言って金をだまし取る「還付金詐欺」で都内の男性が被害に遭った現金数十万円をATMで引き出したとして、電子計算機使用詐欺と窃盗の疑いが持たれています。

    警視庁は認否を明らかにしていません。

    「ALI」はファンクやヒップホップなどを融合させた音楽が特徴のバンドで、人気アニメ「呪術廻戦」のエンディングテーマを担当したことなどで知られています。

    メンバーが逮捕されたことについて、所属事務所は公式サイトで「ファンの皆様、関係各所の皆様へ多大なるご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。今後捜査の進捗を見守りつつ、ご迷惑をお掛けしております関係各位の皆様へ誠実なご対応をさせていただくと共に、本人の処遇につきまして厳正に対処させていただく所存であります」というコメントを出しました。

    NHK NEWS WEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210408/k10012964061000.html
    music_band_studio



    【【反社じゃん】「呪術廻戦」のエンディングテーマを担当したバンド「ALI」のメンバー 逮捕 特殊詐欺の現金引き出した疑い】の続きを読む

    1: 2021/03/24(水) 02:08:14.44 ID:qzN/Do9S0
    トップ5には入る?
    idol_dance_group_girls



    【【疑問】TWICEってKPOPの中でどれくらいのランクなん?】の続きを読む

    1: 2021/03/28(日) 16:31:55.52 ID:jqgIc120M
    あまりにも傲慢で時代錯誤な曲
    bc66664a-s


    【【朗報】さだまさしの関白宣言、フェミニストに叩かれる】の続きを読む

    1: 2021/03/25(木) 15:09:47.31 ID:FljAetJ+9
    https://gogotsu.com/archives/63439

    no title


    タワーレコード川崎店が公式ツイッターにとんでもない誤投稿を行ってしまった。
    その内容は「来週募集してます 飲んでるんでそのままで平気です 横浜辺り。条件DM下さい。」というとんでもないツイート。
    パパ活ならぬモロに援交と思われるツイートが投稿された。

    「飲んでるんで」というのはピルのことで、「そのままで平気」というのはコンドームをしないで平気という意味だろう。

    つまりこれを投稿したのは女性で、担当者が自分のツイッターと公式ツイッターと間違えてしまい誤投稿。

    同じスマートフォンで、更に同じアプリで管理していたために起きたようだ。Twitterアプリは複数のアカウントを管理出来るが、
    このような弊害も起きてしまう。

    現在タワーレコード川崎店のツイッターは「注意: このアカウントは一時的に制限されています」とされている。

    ・タワーレコード川崎店「調査している」
    実際にタワーレコード川崎店に電話したところ

    「乗っ取りなのか本当に誤投稿なのかも含め現在調査しています。
    何が起きたのかまだわからない」

    とし、今回の騒動は電話した時点で既に把握していたようだ。
    電話に対応してくれたのは男性の店長でツイッター担当は実際にいるという。
    また「このアカウントは一時的に制限されています」となっていることから、ほかの人は過去のツイートを見ることは可能だが、
    新規ツイートが出来ない状態だという。

    こういう誤投稿が起きた場合は「乗っ取られた」で乗り切るが、今回は完全にやらかしてしまった可能性がある。

    https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2021/03/tower_rec.jpg

    【【悲報すぎる】タワーレコード川崎店、とんでもないパパ活ツイートを誤爆してしまう「飲んでるんでそのままで平気です。」】の続きを読む

    1: 2021/03/22(月) 13:05:26.90 ID:CAP_USER9
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0322/myj_210322_9899705646.html

    3月19日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、ロックバンド『[Alexandros]』が登場。
    途中で歌詞が飛んでしまうハプニングがあったのだが、ボーカル・川上洋平が放った〝とある一言〟がファンを沸かせたようだ。

    「喉から手が出るほどって表現もいまやリアルじゃなくなって黙って飲み込んだ」という歌詞までは順調に歌っていたものの、川上は歌詞が飛んでしまったようで、「いつしかの景色が」と続くところを「ダンダンダン…」と鼻歌のように聞き取れない単語を並べる。
    「ダンダンダン」で誤魔化していたものの、流石にキツくなったのか、しまいには「Fucking Shit」と発言してしまったのだ。

    視聴者からは、

    《中二病かよ》
    《歌も下手だし、英語でイキってるのがクソダサい》

    などの批判あったが、ファンからは好評だったようで、

    《途中で歌詞を見失い英語で放送禁止用語、それでも続ける所はさすが、最高です》
    《今日のMステの川上洋平盛大に歌い始め間違って、途中でFuck言うてんの面白すぎた笑》
    《Mステのドロス、イントロの入り間違えて歌詞は出ないわ途中で誤魔化してFuckって言っちゃうわで笑 はいでたかわいいやつ~ってなるよね笑 完璧っぽいのに完璧じゃないのが良い》
    《洋平さんMステでミスってFucking Shitって言うのはやばいって笑》


    といった絶賛の声が相次いでいる。




    (29秒~35秒あたり)
    https://video.twimg.com/amplify_video/1372890238494732293/vid/1280x720/L_xzbrszRtocdmzU.mp4
    school_man



    【【Mステ】[Alexandros]、演奏の途中で歌詞が飛ぶハプニングが起こり、うっかり“放送禁止用語”を発言してしまう】の続きを読む

    1: 2021/03/19(金) 13:32:41.88 ID:jZZvTAr79
    https://www.asahi.com/articles/ASP3L6QKPP3LUTIL040.html

    音楽教室のレッスン時、生徒の演奏には著作権が及ばない――。
    ヤマハなどの音楽教室と日本音楽著作権協会(JASRAC)が争った訴訟の控訴審で、
    知財高裁が18日、JASRAC側一部敗訴の判決を言い渡した。

    一審・東京地裁はJASRAC側の主張を全面的に認め、講師や生徒の演奏に著作権が及ぶと判断したが、この判決を一部を変更する内容だ。

    JASRACは判決を受け、18日夕に東京都内で記者会見した。

    宮内隆・常務理事は最高裁への上告を検討する方針を明らかにした。代理人の田中豊弁護士は判決を強く批判。

    「英語で言えば、ディサポインティッド(失望した)」と述べた。

    会見で田中氏は「法律家としては常にワーストシナリオも頭に置いている」と強調し、笑顔も時折見せた。
    だが、その声はいくぶん力がないように聞こえた。

    宮内常務理事は「結果を承服することはできない。判決文を精査の上、上告を含め、しかるべき対応を検討する」と硬い表情で述べた。


    判決について記者会見した日本音楽著作権協会(JASRAC)の宮内隆常務理事(左)と田中豊弁護士
    =2021年3月18日午後5時26分、東京都内

    no title

    【【みんな気になる点】JASRAC一部敗訴「失望した。英語で言えばディサポインティッド」】の続きを読む

    このページのトップヘ