海外

    1: 2021/03/31(水) 19:08:42.23 ID:2iNZ/m/Z9
    2021年3月28日、澎湃新聞は、スエズ運河で座礁したコンテナ船をめぐり、日本と台湾のネットユーザーが互いに罵倒し合っていると報じた。

    記事は、台湾企業・長栄海運が運航する大型のコンテナ船が23日に座礁して運河がふさがれ、世界の貨物輸送に大きな障害が発生していると紹介。コンテナ船を所有する愛媛県の正栄汽船が25日に公式サイトを通じて謝罪声明を出し、油漏れの情報はないこと、離礁作業が非常に困難な状況であり、現地政府と協力した上で早期解決に努める旨を明らかにしたと伝えた。

    一方で、長栄海運は同日に発表した声明の中で、コンテナ船があくまでレンタル船であり、問題解決や第三者責任などの関連費用、船体の損失などはすべて所有者である正栄汽船が担うとの認識を示し、自社には賠償責任がないことをアピールしたとしている。

    その上で、長栄海運の声明を知った日本のネットユーザーからは

    「マジかよ台湾最低だな」
    「このパイナップル野郎!」
    「親日の台湾兄さんなら全額払ってくれるさ」

    などの批判が寄せられ、日本のネットユーザーの反応に対し台湾ネットユーザーからも

    「そもそも台湾に責任を擦り付けることが不条理」
    「だったら船を貸すな」

    といった逆批判が飛び出し、非難合戦の様相を呈していると伝えた。

    記事は、各種責任について正栄汽船が26日に記者会見を開いた際、離礁作業費用については同社が負担し、今後保険会社との協議を行うことを明らかにしたと説明。また、事故発生以来スエズ運河では1日100億ドル(約1兆1000億円)を超える貨物の輸送遅延が発生しているとし、米ウォール・ストリート・ジャーナルの27日付報道では、今回の事故による賠償額の合計が1億ドル(約110億円)を超える見込みだと伝えた。(翻訳・編集/川尻)

    https://www.recordchina.co.jp/b874111-s25-c30-d0193.html

    container_kontenasen


    【【日台分断工作】スエズ運河 日本と台湾のネットユーザーが罵倒合戦へ 日本「台湾最低だなパイナップル野郎!」台湾「台湾に責任擦り付けるな!」】の続きを読む

    1: 2021/03/31(水) 13:43:26.13 ID:YvR6nfdZ9
    モデルのKoki,さん(18)が着物の帯らしきものをハイヒールで踏むなどした広告について、イタリア高級ブランド「ヴァレンティノ」の日本法人は2021年3月30日夜、不快な思いさせたとして公式ツイッターで謝罪した。

    この広告では、日本文化に敬意がないなどとツイッター上で批判が相次いで、広告の写真投稿や動画が削除されていた。

    no title

    公式ツイッターに釈明文を投稿

    no title

    物議を醸したシーン(ヴァレンティノ日本語版公式サイトの動画から)



     「日本の文化に敬意を込めて作成されたもの」と説明
    日本法人のヴァレンティノジャパンは30日、公式ツイッターを更新し、Koki,さんを起用した今回のコレクションについて、釈明文の画像を投稿した。

    そこでは、Koki,さんは、日本で撮影を行ったとし、着物の帯を思わせる布の上に座ったり歩いたりしたほか、靴を履いて家の中にいるシーンもあったとした。

    写真や動画について多くの意見が同社に寄せられているとし、次のようにこうした広告の意図を述べた。

    「これらのビジュアルは日本の文化に敬意を込めて作成されたもので、日本の文化を冒涜するような意図は全くなく、このシーンで使われた布も、着物の帯ではありませんが、多くの方に不快な思いをさせてしまったこと、深くお詫び申し上げます」

    ヴァレンティノでは、文化の多様性を尊重しながら、新しい取り組みもしているとして、こう説明した。


    全文
    https://www.j-cast.com/2021/03/31408452.html?p=2

    【【そっか~】ヴァレンティノ「着物の帯ではなく布」「日本を冒涜する意図はない」】の続きを読む

    1: 2021/03/31(水) 08:56:15.23 ID:pxOxd3C59
    https://www.j-cast.com/2021/03/30408431.html

    着物の帯を踏みながら歩いたり、帯を岩に乗せてその上に座ったり...。

    モデルのKoki,さん(18)を起用したこんな内容のイタリア高級ブランド「ヴァレンティノ」の広告に、ツイッター上で批判が相次いで、広告の写真や動画が削除された。

    帯の扱いが酷く、日本文化に敬意がない、という指摘が多い。ヴァレンティノジャパンは2021年3月30日17時ごろの時点で、
    「こちらに関しましては、確認を進めているところです」と答えた。

    ■参考にした映画『草迷宮』には、帯を敷いた道を行くシーンもあるが...

    春らしい白のミニドレスを着て、ピンク色のハンドバッグを左肩に下げたKoki,さんが、物憂い表情でポーズを取る。
    雅楽のようなBGMがかかり、ハイヒールの下には、色鮮やかな着物の帯があった。

    帯は、オブジェのある庭園の坂のようなところに敷かれ、Koki,さんは、途中で振り向いてポーズを取りながら、帯の道を登っていく。

    こんな30秒間の動画は、ヴァレンティノの日本語版公式サイトに、2021年3月中旬にアップされた。

    さらに、ヴァレンティノのツイッターやインスタグラムでも、同様の構図の写真が投稿され、動画のポーズ場面などのほか、岩に乗せた帯の上にKoki,さんが座っているものもあった。

    これらの広告は、多様な価値を意味する「DI.VA(ディーヴァ)」キャンペーンの一環で、ブランドの顔に選ばれたKoki,さんがPR役に抜てきされた。公式サイトによると、泉鏡花の同名小説を元にした故・寺山修司監督の映画『草迷宮』にインスピレーションを受けたとし、映画では、実際に帯を敷いた道を登場人物が行くシーンも出てくる。

    ヴァレンティノの公式サイトでは、「クリエイティブなミックスを通じてラディカルな姿勢を表現するコレクション」だと説明されていた。

    ■日本文化への「侮辱の意図はなかったと思う」と広告を擁護する声も
     
    ところが、28日になって、ツイッター上で、広告投稿の写真をいくつか転載して違和感があるとの訴えが出ると、1万件以上もリツイートされた投稿も出るほどの話題になった。

    疑問や批判の声の方が多く、

    「帯を何だと思っているんだろう」
    「帯作りに携わる人の気持ち踏みにじってる」
    「文化的なものに対して敬意がない」

    といった意見が相次いだ。

    「洋服来た女性が着物の帯を靴で踏んだらダメ」
    「ヴァレンティノの商品を同じように扱われたら嫌な気持ちになるでしょ」


    として、差別につながりかねないとの指摘もあった。

    一方で、少数意見ながら、

    「レッドカーペット的な感覚なのかな...」
    「侮辱の意図はなかったと思う」
    「この広告も結局は個人の好き嫌い」


    といった声も出ていた。

    今回の広告は、3月29日になって、ツイッターやインスタの写真投稿、公式サイトの動画が次々に削除された。

    ヴァレンティノジャパンのPR担当者は30日、J-CASTニュースの取材に対し、「こちらに関しましては、現時点で確認を進めているところです」
    と答えた。公式サイトなどで今後説明があるかについては、「案内方法につきましても、検討を進めています」と話した。

    同日20時時点では、その後の確認状況について連絡は来ておらず、回答があれば追って伝える。


    着物の帯で道が作られていた(ヴァレンティノ日本語版公式サイトの動画から)
    no title

    【【炎上】イタリア高級ブランド「ヴァレンティノ」の「ハイヒールで着物の帯踏みながら歩く」広告に批判殺到、写真や動画を削除】の続きを読む

    1: 2021/03/30(火) 23:59:30.45 ID:kAJaK6WM9
    英海運専門紙は、運河が遮断され多くの船が足止めされたことで、遅延などに伴う損害額は1日当たり96億ドル(約1兆500億円)と推計した。ただ、この損害に対する補償は、各船舶を保有する会社が加入している保険で対応するようだ。
    船舶が代替ルートを使う場合は追加費用が発生するが、過去に起きた同様の賠償金請求訴訟の例をみると事故を起こした船への請求が認められたケースは少なく、費用や時間などを考慮して提訴する会社は少ないとみられている。(岡田美月)
    3/30(火) 12:33
    https://news.yahoo.co.jp/articles/457f90c2466374a16853a2f668d24702582335c5
    container_kontenasen



    【【世界】スエズ運河、遅延などに伴う損害額は保険会社が全額補償】の続きを読む

    1: 2021/03/30(火) 10:33:11.26 ID:idhRtRy30 BE:668024367-2BP(1500)
    ZHD、韓国クーパンと日本展開の可能性協議=SBG孫氏

    [東京 29日 ロイター] - ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は29日、グループ会社のZホールディングス(ZHD)が韓国ネット通販大手クーパンのサービスを日本で展開する可能性について協議を行っていると明らかにした。

    ソフトバンクGはクーパンの株式37%を保有。クーパンは今月、ニューヨーク証券取引所に上場した。

    ZHD傘下のヤフーは今月、LINEとの経営統合を完了している。

    https://jp.reuters.com/article/softbank-group-coupang-idJPKBN2BL30N


    >ソフトバンクグループが出資するクーパンの株式は11日、ニューヨークに上場。「韓国のアマゾン」とも呼ばれるクーパンの株式時価総額840億ドル(約9兆1300億円)余りに上り、ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、キム氏(42)の保有分は86億ドルに膨らんだ。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-03-12/QPTSMXDWLU6A01


    =日本にはないwww
    net_shopping_pc



    【孫社長、韓国版Amazonを日本上陸させると表明!「世界にはまだまだ素晴らしいサービスたくさんある」】の続きを読む

    1: 2021/03/30(火) 17:53:20.63 ID:Gh+KfXXW9
    https://www.recordchina.co.jp/b874166-s25-c30-d0193.html


    2021年3月29日、観察者網は、アシックスが中国のSNS上で「新疆綿支持」を発表したことについて、本社が「許可を受けずに出したもの」と否定したことを報じた。

    記事は、アシックスの中国法人が25日、微博(ウェイボー)の公式アカウントで新疆ウイグル自治区産の綿を引き続き使用することを明らかにするとともに

    「一つの中国の原則を堅持し、国の主権や領土の完全性を断固として守り、中国をおとしめるような一切の行為に断固反対する」というメッセージを発信したと伝えた。

    そして、ウイグル族に対する人権問題を理由に新疆産の綿の使用を取り止める外国企業が相次ぐ中で示されたアシックスの「態度」に、多くのネットユーザーから称賛や感謝の声が寄せられたとした。

    一方で、豪ABCの報道として、日本のアシックス本社が28日に緊急会議を開き、会議後に広報担当者が「中国の微博公式アカウントが発表したコメントは、事前に本社からの許可を得ていないものであり、会社としての立場を示すものではない」と語ったことを紹介。

    また「コメントは、同社の中国人従業員が書いたものだ」という消息筋の話も併せて伝えている。

    記事は、同社の発表があった翌日の29日に、同ブランドのアジア太平洋地域におけるイメージキャラクターを務めていた俳優・李易峰(リー・イーフォン)氏が同社との契約を打ち切ることを発表したと説明。

    このことについて、中国のネットユーザーは

    「だったら中国から出ていけ」
    「日本人は手練手管に長けている」
    「日本企業ってこういうちょっとした配慮が本当に足りない」
    「言っていることがブレまくり」
    「『お前らどうせ結局は買うんだろ』っていうなめた考え方を持ってそうだ」
    「25日のコメントを見てアシックスのシューズを3足も買ったのに…」


    といった感想を残している。(翻訳・編集/川尻)
    shoes_sneaker



    【日本のアシックス本社「「新疆綿支持」のコメントは、中国法人が勝手に発表…」 中国ネット「だったら出ていけ」】の続きを読む

    1: 2021/03/30(火) 12:33:10.89 ID:cLdqZIFo9
    http://news.searchina.net/id/1697965?page=1
     中国は米国に続いてEUからも人権問題で制裁が発動され、政治的な圧力が強まっている。そのため中国では日本の政治的動向にも関心が集まっているが、中国メディアの環球時報は23日、日本の対中外交には「躊躇や迷いが見られる」と主張する記事を掲載した。

     記事はまず、日本の対中態度には迷いが見られると指摘する一方、最近になって「自由で開かれたインド太平洋」戦略などにより「けん制」を始めたと批判。
    日本が中国をけん制し始めたのには3つの理由があると分析したうえで、恐れず中国との関係改善に舵を戻すよう提言した。

     3つの理由とは、記事によると中国の台頭で日本は「優越感を失い」、「世界およびアジアで確立した地位が奪われることを恐れている」こと、そして「安全保障面での懸念」だという。最初の2つに関しては口には出しにくいため、対外的には3つ目の安全保障を理由にしていると分析した。

     しかし、記事の中国人筆者は、中国脅威論は日本が軍事力強化など自身の目的達成のため世論を煽る手段にしているだけで、「実際には杞憂に過ぎない」と断言。

    また、日本は過去の歴史問題ゆえに報復を恐れるあまり中国の軍事力に脅威を感じていると分析する一方、そもそも中国は寛容な国で「報復をするような国ではない」と主張した。

    そして、冷戦後の日本に対する一貫した態度を見れば「中国が報復をするような国ではない」ことは明らかであるとした。報復を恐れるのは心が狭い証拠で、日本の政治家は見る目がないようだと批判している。

     記事は「中国は決して報復しない」、「中国人は寛容な国民だ」と何度も繰り返しているが、これまでも中国は国際関係で困ると日本にすり寄る傾向があり、記事の主張からすると欧米による対中圧力は効果が出ているのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    China

    【【すり寄り】中国「日本は我が国との関係改善に舵を戻せ そもそも中国は寛容な国で報復をするような国ではない」】の続きを読む

    1: 2021/03/29(月) 21:56:02.27 ID:Gty9pwod0● BE:781534374-2BP(2000)
    「サムゲタンは広東料理」 中国、キムチに続きまた主張
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d93f071f2ba03e945281ca314ab9c836a2d39f66
     中国最大のポータルサイト「バイドゥ(百度)」が、参鶏湯(サムゲタン=丸鶏の中に韓方薬の材料やもち米を詰めたスープ)を中国由来の料理だと主張していることが分かった。

    29日現在、バイドゥで参鶏湯を中国語で検索すると、
    一番上に「参鶏湯は中国古来の広東式の家庭スープ料理」「中国から韓国へと伝わり、韓国の代表的な宮廷料理となった」
    というバイドゥ百科(中国版ウィキペディア)の説明が表示される。最近、中国でキムチ宗主国をめぐる論争が起きる中、参鶏湯についても自国の料理だという主張を展開しているのだ。
    food_samugetan



    【【無慈悲】中国「サムゲタンの起源は広東料理」 韓国の全文化没収か】の続きを読む

    1: 2021/03/29(月) 13:03:50.29 ID:colIOzYPaNIKU
    父さん、どうして??
    war_cyber_sensou




    【【日本「…」】中国「台湾攻めする時に米国が邪魔したら日本へ爆撃する」】の続きを読む

    1: 2021/03/29(月) 07:02:03.05 ID:3X/jfBmb9
    https://www.recordchina.co.jp/b874028-s25-c100-d0193.html


    2021年3月25日、環球時報は、日本が尖閣問題でこれ以上騒ぎ立てれば「自業自得」になるとする、中国現代国際関係研究院の霍建崗(フオ・ジエンガン)氏による評論記事を掲載した。以下はその概要。

    安倍晋三政権末期から今の菅義偉政権に至るまで、日本が尖閣諸島問題を煽り立てる頻度を明らかに増やしている。
    日本は尖閣問題を取っ掛かりとして、中国を抑え込むためのネットワークの構築を試みようとしている。それゆえ国際社会において「自由、民主、人権」といったイデオロギーを強調し、国際政治において「法による支配」をアピールし、安全保障問題では中国が一方的に現状を変えようとしていると訴えているのだ。

    日本政府による尖閣問題の意図的な煽り立てには、さまざまな危険が隠れている。まず、日本政府は尖閣問題で米国の「助太刀」を求めている点だ。
    表面的には米国の存在によって日本の自信がいくらか強まっているが、実際のところ米国の助けを求めることで日本は米国の戦車により強く括り付けられることになり、以後ますます米国の話を聞かざるを得ない状況に陥ることになる。

    また、日本は尖閣諸島を使って中国抑え込みのネットワークを構築しようとし、インドやオーストラリアなどを呼び込もうと力を注いでいる。
    しかし、これらの国は日本の尖閣諸島問題のために火中の栗を拾うようなことはしないし、ましてや東南アジア諸国はこの問題で中国を敵に回そうなどとは考えない。結局日本は中国とのスムーズな関係発展ができないというツケを支払うことになる。

    さらに、日本が中国と協力して尖閣諸島情勢を効果的にコントロールせず、問題を逆にエスカレートさせ続ければ、予測不能な衝突リスクを生むことになり、日本の国益を著しく損なう結果となる。

    尖閣諸島問題がしばしば日中関係の障害となっている理由はそもそも、日本が遅々として「中国との正しい付き合い方」の道を見つけられていないことにある。

    重大な戦略判断ミスは、日本が中国と尖閣諸島などのセンシティブな問題を適切に処理する好機を失うだけでなく、日本をさらに誤った道へと進ませてしまうことになる。(翻訳・編集/川尻)
    China



    【【泥棒】尖閣問題 日本が中国と協力せず、問題を逆にエスカレートさせ続ければ、予測不能な衝突リスクを生む】の続きを読む

    このページのトップヘ