料理・食品

    1: 2021/02/08(月) 21:12:36.02 ID:R/f8fUU89
    幸楽苑ホールディングスは、“食べ放題セット”を全国360店舗で導入するとともに平日限定“学割セット”を全国420店舗で1月28日から販売する。

    食べ放題
    中華そば(大盛り可)
    味噌らーめん(大盛り可)
    塩らーめん(大盛り可)
    絶品半チャーハン
    ライス(大盛り可)
    餃子(「極」・ベジタブル・ハーフ&ハーフ)
    W餃子(「極」・ベジタブル・ハーフ&ハーフ)
    杏仁豆腐
    マンゴープリン
    とろけるプリン
    濃厚バニラアイスクリーム
    レモンシャーベット
    ※ソース記事には無いが、デザートは5個までとのこと

    画像
    no title

    https://pbs.twimg.com/media/Etc4TZlUcAAFDEM.jpg
    https://pbs.twimg.com/media/Etc3XDQVoAA_nYC.jpg
    https://pbs.twimg.com/media/EtY2LfzVoAEoHg-.jpg
    https://pbs.twimg.com/media/EtShF3CVoAAN-J_.jpg
    https://pbs.twimg.com/media/EtShF3AVgAEbyk5.jpg
    https://pbs.twimg.com/media/EtShF2_VEAArjhD.jpg
    https://pbs.twimg.com/media/EtY2LzlVEAAWpKn.jpg

    https://www.bcnretail.com/market/detail/20210128_210078.html



    【【炭水化物地獄!】 幸楽苑、1900円で、中華そば、餃子、チャーハン、プリンが食べ放題】の続きを読む

    1: 2021/02/05(金) 21:37:56.15 ID:l/uW1R/59
    日本マクドナルドホールディングスの業績が拡大している。2020年12月期は本業のもうけを示す営業利益が前の期に比べ1割増えて300億円強と過去最高になったようだ。新型コロナウイルスの感染拡大で苦戦が目立つ外食業界の中で、持ち帰り需要などを取り込んで利益を伸ばした。

    売上高は2900億円程度と3%程度伸びたようだ。既存店売上高は前年比で7%増だった。店内で飲食をする人が減ったことで客数は9%減となったが、客単価が17%増と大きく上...(以下有料版で、残り619文字)

    日本経済新聞 2021年2月5日 18:00
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGD28BLA0Y1A120C2000000/
    mcdonald190806-thumb-720xauto-165422


    【【テイクアウト需要】みんなマクドナルド好き過ぎて、コロナ禍で営業最高益】の続きを読む

    1: 2021/02/01(月) 16:56:50.33 ID:CAP_USER9
     女優の森七菜が1月30日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)に出演し、衝撃的な食生活の様子を公開した。

     この日の放送では、「女優・森七菜 意外すぎる私生活をまる見せ!」と銘打ち、森が自宅で料理を作る様子や、“独特すぎる”スタイルで食事をしている姿がVTRで紹介された。

     中でも、スタジオの共演者を始め、視聴者の度肝を抜いたのが森のサーモンの食べ方だ。自宅での映像を撮影した日が、「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」授賞式の出席後だったこともあり、大好きなサーモンをご褒美の食事に選んだ森。

    突如、ビニールの手袋をはめ、サーモンを切り身にせずにサクごと手掴みすると、お気に入りのタレに付けてそのままかぶりつき、「本当に美味しい」と感動していた。

     森いわく、この食べ方により「余すところなくサーモンを感じられる」とのことだが、MCの久本雅美含め、共演者は「ちょっと、どうした!? 七菜ちゃん怖い」「野生児だなぁ」などと愕然。
    一方、森の父親が料理人であることも明かされ、食へのこだわりは他の人に比べるとやや斜め上をいっているのかもしれない。

    「19歳の清純派女優によるヒグマばりの食事風景がお披露目されると、一部からは『七菜ちゃんのサーモンの食べ方ワイルドすぎて笑った 笑』『サーモンをサクのまま食べる森七菜ちゃん超かわいい…』『この食べ方は推せる』と彼女の無邪気さにキュンとしたとする好意的なリアクションが出ました。

    森はこの食べ方について『人とごはんを食べるときにはできない』とし、あくまで家庭内での独自のスタイルだと説明。とはいえ、あまり見栄えの良いものではないと感じた視聴者も多く、『行儀が悪い…。自分が親なら止めますけど…。しかもテレビで放送されるわけだし…。』『どうやったらあんな食べ方思い付くの?  明らかに切って食べた方が美味しいですよ』『家の中でどう食べるかは自由だけど、テレビで紹介するのはやめた方がいい』との指摘も寄せられています」(テレビ誌ライター)


    https://news.livedoor.com/article/detail/19626100/
    2021年2月1日 15時15分
    アサジョ

    no title

    uO4XdNFtfFMTU3f_11570



    【【野生】森七菜のサーモンの食べ方がヤバすぎると話題】の続きを読む

    1: 2021/01/14(木) 02:17:22.78 ID:E1HWB8Co0
    なんやねんこのコシの強さは
    food_udon_bukkake




    【【悲報】冷凍食品、明らかにうどんだけレベルが高すぎる】の続きを読む

    1: 2021/01/27(水) 12:03:46.64 ID:AeU+xjFC9
    ULM1/27(水) 6:30配信、日沖健
    https://urbanlife.tokyo/post/50589/

    2019年、売れ残った恵方巻きが大量に廃棄されていることが社会問題になり、農林水産省は作りすぎを控えるよう業界団体に要請しました。廃棄される恵方巻きが全国で約10億円分に上るという試算が公表され、恵方巻きには「エコじゃない」というバッシングが起こりました。

    博報堂生活総合研究所の調査によると「1年以内に恵方巻きを食べた」という人は、2016年の54.0%から2020年は50.2%に減少しています。特に首都圏では、2016年の47.3%から2020年には43.2%まで落ち込んでいます。

    恵方巻きの起源については諸説あるようですが、関西の限られた風習をセブン―イレブン舟入店(広島市)が「恵方巻」と名付けて販売したのが1989(平成元)年のことです。

    1998年にコンビニエンスストア各社が大々的にキャンペーンを打ったことで、全国的に知名度が高まりました。“誕生”から32年、全国デビューから23年がたった恵方巻きですが、バレンタインデーやハロウィーンのような国民的行事として定着するには至らず、「平成の流行」で終わってしまうのでしょうか。

    では今後恵方巻きが復活し、国民的行事に発展する大逆転劇はあるのでしょうか。以上の分析が正しいとすれば、単純な恵方巻きの復活はかなり困難。かなり思い切った改革が必要です。

    まず巻物という枠を外して、もっと食べやすく、親しみやすい食材の方が良いでしょう。エコに優しいというアピールも大切です。「恵方おにぎり」も良さそうですが、保存できて廃棄問題の心配があまりないもの、例えば、フォーチュン・クッキーにちなんで「恵方クッキー」とかはどうでしょう。

    また、関東を含めて全国区にするには、関西色を薄めたいところです。そのためには、こうした新バージョンが全国各地から登場することが期待されます。東京から恵方もんじゃ、静岡から恵方シラスおにぎり、軽井沢から恵方クッキーという具合です。

    理由はなんとでも後付けできます。シラス漁の漁師がおにぎりを食べて漁の無事を祈った(かも?)とか、昭和天皇と美智子妃殿下がテニスコートでクッキーを食べた(かも?)とか。

    全国にご当地の「恵方○○」が続々と生まれて競い合えば、消費が増え、地域も活性化します。AKB48のコピーが全国各地で、さらにインドネシア・台湾・タイで誕生したように、国民的行事どころか世界的イベントに発展するかもしれません。

    このまま恵方巻きは廃れてしまうのでしょうか。それとも国民的行事、さらには世界的イベントに発展するのでしょうか。2021年は久しぶりに恵方巻きを食べながら将来を占ってみたいと思います。

    恵方巻きに急ブレーキがかかったのは、エコ意識の高まりが大きいですが、国民的行事に発展するのは、以下のように元々かなり無理がありました。

    まず、日本人は太巻きずしをそれほど好きではないという事実があります。すしと言ってもにぎりずしほどおいしいわけでなく、おにぎりのように食べやすいわけでもありません。太巻きずしは、主ににぎりずしの添え物として提供されているように日本の食卓ではあくまで脇役です。脇役を主役に仕立て上げるには、恵方という意味付けだけではインパクトが不足していました。

    次に、コンビニエンスストアやスーパーマーケットの猛烈なプロモーションが消費者の反感を買っています。小売店は2月と8月が閑散期で「ニッパチ」と呼ばれます。バレンタインデー・クリスマス・ハロウィーンも商業的な働きかけの影響が大きいのですが、とりわけ恵方巻きは小売店が2月に何とか目玉商品を作りたいという思惑が露骨です。クリスマスなどでも商品が廃棄されているのに恵方巻きの廃棄が大騒ぎになったのは、消費者の反感が底流にありそうです。

    加えて日本国民、特に関東人は「関西発」の流行に違和感を覚えます。よく関西の人は、「関西ではずっと昔から恵方巻きを食べとるんやで」と恵方巻きが関西発のブームであることを強調します。世の中にはブームに乗りたいという人もいる一方、他人に遅れてノコノコとブームに乗ることを良しとしない人も多く、関西人から「俺たちに続け」と言われて、引いてしまう関東人が多いのでしょう。

    店長に売れ行きを聞くと「うーん、ご予約は少ないですね。2021年はコロナ禍のステイホームで、家族で恵方巻きを食べるというお持ち帰り需要を期待しているんですが、ちょっと厳しそうです」とのこと。
    (長文のため一部削除)

    setsubun_ehomaki3



    【【社会】大量廃棄問題でブームも下火 「恵方巻き」に残された復活の道とは】の続きを読む

    1: 2021/01/27(水) 16:40:56.49 ID:CAP_USER9
    https://sirabee.com/2021/01/27/20162497826/

    27日放送の『グッとラック!』(TBS系)では、ラーメン屋での無料ライスの食べ残しについて特集。これに番組MC・立川志らくが苦言を呈した。

    「家系ラーメン」といえば、お供にライスは欠かせない存在。おかわり自由のライスを無料で提供している店舗も多くある。

    そうした中、千葉県習志野市にある家系ラーメン店は公式ツイッターで「マジのお願い」と題し、「ライスを残さないでください。最近残しが多すぎます。おかわり自由で残すって意味不明です」と苦言。

    投稿には、茶碗いっぱいに盛られたライスが残されている様子がアップされている。

    no title


    同番組では店主に取材を実施。すると、「怒りに似たような感情が溢れ出て、食べ残しを見た瞬間に携帯を持ってSNSでつぶやいていました」とコメント。

    続けて「おかわり自由でまるまる残すって本当に意味不明。モラルのかけらもない」「最近エスカレートしているんです。明らかに食べ残す量が多くなってきて、悪ふざけに近い」と本音を明かしている。

    店主の発言を受け、志らくはライスを残す利用客について「教育がなっていない」と苦言。続けて、「大人っていうのは、自分が食べられる量だけを取ってくる。それができないのが子供なんです。ガキが多すぎる」と批判した。

    ロンドンブーツ1号2号・田村淳は「これはコミュニケーションの問題だと思う」とし、「SNSで晒しあげるよりは、大変かもしれないけど毎回お客さんに対して呼びかけるほうが店の印象もいいし、効果があると思う」と指摘している。

    全文はソースをご覧ください

    【【グッとラック】ラーメン店のおかわり自由無料ライス食べ残しに店主が怒り 志らくは「教育がなっていない。ガキが多すぎる」】の続きを読む

    1: 2021/01/25(月) 21:42:10.18 ID:EMewY2oW9
     緊急事態宣言が発出されている11都府県では、営業時間の短縮要請に応じた中小の事業者(飲食店)に対し、1日当たり一律6万円の協力金が支払われることになっている。
    しかし、結果は複数の企業が雇用や店舗、関係企業を守るため“営業継続”に踏み切った。

     こうしたことから、東京都では大規模事業者への協力金の支給も決定。それでも、この“一律6万円”には“不公平だ”との声が上がっている。
    20日に開かれた業界関係者による緊急記者会見で、ミシュランで三ツ星の評価を受けたフレンチレストラン「レフェルヴェソンス」の生江史伸シェフは
    「正直言うと協力金で儲かっちゃっているところもあれば、協力金をもらっても“雀の涙だ”というところもある。そういう違いを包括的に対応するような法案、施策がない」と指摘した。
     
     実は大手メディアの報道からは聞こえてこない飲食店の声として「世間に対しては“コロナで困っている”と言わないといけない空気がある」と話す経営者もいるという。

    「オフレコでの発言だが、私の店と同規模の飲食店を経営する者同士で会話をしていると、
    “コロナバブルだ”とか、“コロナがずっと続いてほしい”と話す人もいる」
    と明かすのは、飲食業界の取材も手がけるフリージャーナリストの肥沼和之氏だ。

     肥沼氏は、東京・新宿区の歌舞伎町と四谷にバー「月に吠える」を2店舗経営している。
    感染リスクなどを考慮し、営業時間の短縮ではなく、休業を決断した。すると、コロナ前は月に50万円だった純利益が、現在では327万円と、6倍以上にも上っているのだ。

    「もちろん、できる限りの感染対策はしているが、そもそもうちのような業態は、お酒を飲みに来る以上に会話をしに来るような空間だ。
    加えて人件費もかからないので、単価も安い。潰れないように維持する、という観点なら1店舗につき1日1万円あれば家賃と光熱費が賄える。
    売り上げについても、1店舗につき1日1万5000円~2万5000円ぐらいの補償をいただければ、従来通りの利益が出るということだ。
    1日6万円では全く足りない規模や業態のお店もある一方、自分の店がある新宿ゴールデン街や四谷荒木町などで取材してみると、
    同じような業態、規模、売り上げのところは以前よりも利益が出てしまっている。つまり“十分すぎる補償”になってしまっているケースも少なくない。すごく不平等だと感じている」。

     とはいえ、昨年は緊急事態宣言の終了後も客の入りは例年の4割程度までしか戻らなかった経験から、
    「一時的には“もらいすぎ”だが、安堵もしているというのが本音。やっぱりすごく複雑な思いだ。だから飲食店=大変そう、と全てを一括りにすることはできないと思う」と話した。

    (以下略、全文はソースにて)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4f00d532769738e306c2d70bda3d8d213dc1cd0a

    job_izakaya_beer


    【【コロナ】1日6万円の時短協力金で中小飲食店にバブル到来 2店舗で純利益300万円超 「コロナがずっと続いてほしい」】の続きを読む

    1: 2021/01/25(月) 17:55:14.57 ID:khD4oFXP0

    【【悲報】大阪府さん、コロナ療養者に対してクソカロリー飯を出し炎上】の続きを読む

    1: 2021/01/24(日) 21:39:21.05 ID:HJzxnCs+0
    本場USAにだって負けない デリバリーホットドッグ専門店“DOG HOLIC”が大阪に登場! 「LET’S TRY WITH 50%OFF!」オープニングイベントを開催中!

    ●DOG HOLIC(ドッグホリック)について
    ソーセージの本場ドイツで生まれ、アメリカでファストフードとして広まった「ホットドッグ」。
    日本では軽食の定番として永く愛されているこの「ホットドッグ」ではありますが、そのイメージを“DOG HOLIC”は刷新します。
    ●DOG HOLIC(ドッグホリック)の商品について
    本場USAにだって負けないホットドッグ。
    アメリカのダイナーへのリスペクトを欠かすことなく、「日本人にもぴったりのホットドッグ」を食卓へ。
    そんな思いで試行錯誤を重ねて作り上げた「DOG HOLICのホットドッグ」は、
    肉のジューシーな味わいが ぎゅっと 詰まったこだわりソーセージとそれに負けない歯ごたえのハードブレッドが特徴です。
    おなかも気持ちも大満足な「ホットドッグ」をお届けします。

    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000157.000007024.html

    no title


    チリドッグセット 1,598円
    no title


    ベーコンチーズチリドッグセット 2,030円
    no title


    プレーンドッグセット 1,490円
    no title

    パクチードッグセット 1,706円
    no title

    【海外のホットドックチェーンが来日!「日本人なら1500円でも食うやろ(笑)」と強気!!】の続きを読む

    1: 2021/01/22(金) 00:09:37.55 ID:U4qkofYy9
    江戸時代から続く川魚料理の名店で、夏目漱石ら文豪に愛され、映画「男はつらいよ」では寅さんの妹さくらの披露宴で舞台になった東京・葛飾柴又の料亭「川甚かわじん」が、コロナ禍による経営難を理由に1月末で閉店する。
    創業231年。都内で相次ぐ飲食店の「コロナ閉店」の中で最も歴史ある店。日本食の文化継承に影響が出ると心配する声も上がる。(加藤健太)

    都会の喧噪から離れた、東京と千葉の都県境を流れる江戸川のほとり。柴又帝釈天に近い立地から、観光客だけでなく、婚礼や法要などで地元の人にも親しまれてきたが、コロナの感染拡大で売り上げが減った。

    8代目社長の天宮一輝かずてるさん(69)は「いくらシミュレーションしても明るい兆しが見えなかった」と明かす。支援制度を目いっぱい使い、光熱費なども切り詰めてきたが限界だった。閉店は昨年末に決断した。



    ◆さくら役の倍賞千恵子さんも「寂しい」

     1969年公開の「男はつらいよ」第1作で、さくらと博の結婚披露宴の場として描かれ、名前が知れ渡った。さくら役を演じた俳優の倍賞千恵子さん(79)は本紙の取材に「玄関のたたずまいが印象的だった。とても残念で寂しい」と名残惜しむ。

    切り身を氷水で締める「洗い」、みそで煮込む「鯉こく」などのコイ料理が名物だった。
    井戸水をためたいけすを敷地内に設け、仕入れた活魚をいったん放つ独自の手法で川魚特有の泥臭さを抜いている。「川魚は鮮度が命。作り置きはするな」。天宮家に代々伝わる「おきて」だ。

     新鮮なコイが食べられる店は減っている。葛飾区観光課の学芸員谷口栄さん(59)は「東京の川魚料理を代表する川甚がなくなると、日本の食文化に親しむ機会が少なくなってしまうのでは」と危ぶむ。
     コロナ禍では昨年、歌舞伎座(中央区)前の弁当店「木挽町辨松こびきちょうべんまつ」や、西新井大師(足立区)参道の「割烹 武蔵屋」など江戸時代に創業した老舗の閉店が続いた。情報サイト「老舗食堂」を運営する相川知輝さん(42)は「川甚はコロナで閉店する都内の飲食店では一番古い。老舗の閉店が、コロナ禍で前倒しされている印象だ」と語る。
    https://www.tokyo-np.co.jp/amp/article/79904
    no title

    no title

    https://static.tokyo-np.co.jp/image/article/size1/9/c/3/3/9c33368de81820560f441132661fce57_4.jpg

    【【寅さんロケ地】柴又の料亭「川甚」がコロナ禍で創業231年の歴史に幕、倍賞千恵子さんも「寂しい」】の続きを読む

    このページのトップヘ