料理・食品

    1: 2021/03/11(木) 14:07:40.84 ID:rR/OGNmo9
    2021/03/10 11:42:16編集部

    マーガリンと言えば人造バターとも呼ばれ、バターが高価だったことから安価な代用品を募集したところ、フランス人のイポリット・メージュ=ムーリエが、牛脂に牛乳などを加えて硬化したものを考案。それが後にマーガリンと呼ばれるようになった。
    しかし20世紀に入ると硬化植物油を用いる合成マーガリンの製造が始められ、合成マーガリンが本格的に普及。

    これにはトランス脂肪酸などが入っていると近年問題になっており食べるプラスチックとまで言われている。

    しかしそんなマーガリンのトランス脂肪酸が、現在はバターの半分程しか入っていないことが分かった。
    マーガリンは人工脂で体に悪い、トランス脂肪酸たっぷりというイメージがあるが、ミヨシ油脂株式会社のウェブサイトには次のように書かれている。

    「含まれるトランス脂肪酸は、バターの約半分」としており、「今やマーガリンに含まれるトランス脂肪酸は、バターの約半分にまで低減されました」と説明。

    100グラムのバターには1.98グラムのトランス脂肪酸が入っているが、同じ量のマーガリンには0.99グラムしか入っていない。

    その他の自然の食品にもトランス脂肪酸は入っており、バターは最もトランス脂肪酸が多く入っていることが分かった。ただ問題になるほどの数字では無いという。
    生クリームは1.1グラム、ナチュラルチーズは0.81グラム、牛肉和牛サーロインは0.77グラム、プロセスチーズは0.89グラムとなっている(いずれも100グラム中)。

    また雪印メグミルクも同様にマーガリン類・ショートニングの全ての商品において、原料油脂にトランス脂肪酸を多く含む「部分水素添加油脂」を使用しない配合を実現したという。
    雪印メグミルクはトランス脂肪酸が含まれている量を一覧で公表しており、ネオソフトであれば10グラムあたり、0.08グラムとなっている。

    マーガリン=トランス脂肪酸というイメージが付いているが数年前にはバターよりもトランス脂肪酸が少なくなっていたという事実。

    no title


    https://gogotsu.com/archives/63309

    【【トランスなんとか】マーガリンのトランス脂肪酸はバターより少なくなっていたと話題に】の続きを読む

    1: 2021/03/09(火) 01:39:23.94 ID:jl6+Wnga0
    no title

    【【グミ部】ワイ、「グミ売り場」に来てしまう・・・】の続きを読む

    1: 2021/03/10(水) 13:57:18.26 ID:FTjKUDkf9
    2021年3月10日 11時35分
    共同通信

     白菜など農作物の売り上げの一部を申告せず計約1億8600万円を脱税したとして、関東信越国税局が所得税法違反と消費税法違反の疑いで、茨城県八千代町の農業の男性を水戸地検に告発したことが10日、関係者への取材で分かった。
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19823798/
    nouka_man_hatake



    【【お金持ち農家】茨城 白菜農家、1億8千万円脱税疑い】の続きを読む

    1: 2021/03/09(火) 20:42:33.39 ID:IANyGM8g0
    当時常務だった村岡は、麺を増量したカップ麺を提案する。しかし、社内は大反対。
    父である先代社長も、
    「こんなバケツみたいなカップ麺を作って、誰が食べるんだ」
    当時、量をアピールしてカップ麺を売るなど、業界にもそんな発想は無かったのだ。しかし村岡は諦めなかった。そこにはある確信が。
    「即席麺のメーンターゲットは食べ盛りの子供たち。当然、体格も大きくなって、食べる量も増えている。」

    そして、村岡が造り出したのが、業界初、大盛りを前面に謳った「スーパーカップ」シリーズの発売(1988年)。麺の量は通常の1.5倍。2倍ではなく、ちょうどお腹がいっぱいになる1.5倍という所が受け、大ヒット。
    30年経った今でも、「スーパーカップ」シリーズは、大盛りカップ部門でNo.1をキープしている。
    food_cup_ramen_syouyu



    【87年エ-スコック社長「業界初の大盛り出すぞ!」社員「絶対売れんわ」父「バケツかよ」社長「うるせぇ!】の続きを読む

    1: 2021/03/09(火) 13:44:13.92 ID:6atdheko0
    サイゼリヤは午後10時以降の営業を正式に取りやめる。同社は新型コロナウイルスの感染防止対策で時短営業を続けてきたが、感染が収束しても深夜の客足の回復は見込みにくいと判断した。外食や小売りでは営業時間の短縮が相次いでおり、コロナ後の新たなスタイルとして定着しそうだ。

    このほど日本経済新聞の取材に応じた堀埜一成社長が明らかにした。同社は2020年6月から一時的な措置として全1000店で午後10時閉店としてきた。...
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ288FW0Y0A221C2000000/
    tatemono_restaurant



    【サイゼリアさん 全店舗で午後10時以降の営業を永久廃止】の続きを読む

    1: 2021/03/06(土) 20:04:26.84 ID:wObQmeB50
    「もうチョコを買わない」が正しい選択なのか。生産現場の隠れた児童労働を知って考えたこと

    日本は世界有数のチョコレート消費国で、カカオの仕入れ先の8割はガーナ。
    そこでは77万人の子どもが学校に行かずにカカオ栽培をさせられている。

    no title


    生まれた場所が違えば、のびのびと学校に通い、友だちと遊んだり勉強したりしていたかもしれない子どもたちの、
    学びの機会が奪われている。現地の子どもも大人も、困窮する生活の中で、やむを得ずそう選択している面もある。
    社会構造の大きな歪みがそこにある。

    2月15日に配信した「ハフライブ」ではこうした現実を、人気お笑いコンビ「チョコレートプラネット」の長田庄平さん
    ガーナの児童労働問題に取り組むNGO「ACE」代表の岩附由香さん、
    チョコレートジャーナリストの市川歩美さんとともに話し合った。

    ・チョコレートの裏にはカカオの児童労働の問題がある
    ・児童労働はない方がいいに決まっているが、そうした犠牲が一切ないチョコは現状、割高になってしまう
    ・そもそもチョコレートの適正価格はいくらなのか?

    こうしたポイントについて話し合う中で、何度も「難しいなぁ」と頭を抱えながら、長田さんは次のように話した。

    「(SDGsへの)意識は変わってきているんじゃないでしょうか。
    自分が食べているものの裏に児童労働があると、やっぱりモヤモヤするものがあります」

    「でもそういうのは、自分の生活に余裕があるから選択ができるのであって…。
    自分が全然売れていない芸人だったら(値段が高くても)そういう選択できるのか、といったらそうでもないだろうなという本音もある。そういう意味でやはり全体を底上げしなきゃいけないですよね」

    https://www.huffingtonpost.jp/entry/huffllive-chocolate_jp_602c8bbec5b67c329619e619

    【【悲報】ワイ「チョコレート食うか」有識者「待って!ガーナの子供達が強制労働させられてるんだよ!」】の続きを読む

    1: 2021/03/05(金) 20:44:55.53 ID:Fwx8Pzd/9
    中国の突然の台湾パイナップル輸入停止発表の影響か、当協会にも台湾パイナップルがどこで買えるかというご照会をいただいております。台北駐日経済文化代表処他に確認した結果は以下のとおりです。よろしくお願いします。

    西友各店(3月7日より)
    1.東陽町店
    2.浦安店
    3.錦糸町
    4.巣鴨店
    5.赤羽店
    6.THE MALLみずほ16店
    7.福生店
    8.練馬Part1店
    9.LIVIN光が丘店
    10.成増店
    11.新座店
    12.ひばりヶ丘店
    13.LIVINオズ大泉店
    14.清瀬店
    15.LIVIN田無店
    16.阿佐ヶ谷店
    17.西荻窪店
    18.荻窪店
    19.吉祥寺店
    20.LIVINよこすか店

    この他、ロピア、BELX、TSURUYA、イズミヤ等のスーパーマーケットでも販売中あるいは販売予定です。この機会に美味しい台湾産パイナップルをどうぞご賞味ください。
    no title

    https://www.facebook.com/taiwankyokai/
    no title



    【【台湾産パイナップル】3/7~ 西友・ロピア・イズミヤ等各スーパーで販売へ お待たせ致しました!(580円)】の続きを読む

    1: 2021/03/05(金) 09:47:13.02 ID:2hrzu+cK9
     低温調理したチャーシューがレアっぽく見えるとして、ラーメン店で人気になっているが、著名店の店主がツイッターで注意を促している。

     チャーシューが食中毒の原因になったケースが過去5年間で数件あり、正しい知識を持っていないと危険だというのだ。

    ■「芯温が63℃になってから30分」を守るよう訴え

    「知識の無い低温豚チャーシュー ホントやめて下さい」

     名物の「鶏そば」で知られる東京・西早稲田のラーメン店「らぁ麺やまぐち」の山口裕史店主は2021年3月1日、「今一番言いたい事」として自身のツイッターでこう訴えた。ラーメンに乗ったレアっぽく赤身が残るチャーシューの画像をアップしており、身近なこととして危機感を覚えたらしい。

     牛や豚のレバ刺しが社会問題になり、政府が2015年に豚レバーなどの生食も禁止する法改正に踏み切ったこともきっかけに、厚労省のサイトでは、中心部の温度が63℃で30分間以上加熱しなければいけないことを飲食店などに呼びかけている。

     山口さんは、このことを知っているか注意喚起したうえで、次のように続けた。

    「一回何かあったらラーメン業界のみならず豚肉の低温調理自体が禁止になるよ 意識高い系じゃなくて知識高い系にしましょうよ 悪いけど今後ヤバそうなのは全残しします 我々が動かないとダメ!」

     このツイートは、ラーメン愛好者らの間で大きな話題になり、2万件以上もの「いいね」が寄せられている。

     実際、「チャーシュー 低温調理」などでツイッター検索すると、ラーメン店などで提供された赤くてレアっぽいチャーシューの画像が次々に出てくるもちろん、赤みがかっていても十分加熱されている可能性もあるが、「芯温63℃で30分」の基準が守られているのか不安になる人も多いようだ。

    店では、デジタル芯温計を使い、温度などに余裕を持たせていると説明
     豚の生食が原因と考えられる食中毒は、厚労省の統計によると、レバ刺しなどが飲食店で提供されていた時代は、年に1回ぐらい発生していた。サルモネラ属菌やカンピロバクターなどによるものだ。このほか、重症にもなるE型肝炎ウイルスや寄生虫への感染の恐れもあるとしている。

     生食が禁止されてからは、ラーメンのチャーシューによる食中毒も度々報じられている。

     厚労省の統計や新聞報道によると、2015年11月と19年2月にそれぞれ新潟県上越市内、茨城県つくば市内のラーメン店で食中毒が発生し、チャーシューからウェルシュ菌が検出された。最近では、20年6月に、大阪市内の人気ラーメン店で食中毒が発生し、その後、チャーシューから腸管毒素原性大腸菌O-159が検出されている。

     ただ、いずれのラーメン店も、店のサイトなどを見ると、必ずしも低温調理したチャーシューとは言えないようだ。

     厚労省の食品監視安全課では3月2日、火が通っていないチャーシューの見分け方について、取材にこう答えた。

    「個別の調理状況で変わりますので、一概には言えませんが、加熱を十分すれば、肉の中心部の色が白っぽくなってきます。赤みがかっていないかどうか、肉の色の変わり具合が1つの判断基準にはなるでしょう」

     らぁ麺やまぐち店主の山口さんは4日、J-CASTニュースの取材に対し、ツイート画像のようなチャーシューを提供してしまう理由として、「温度管理が適切では無いからと、低温調理の知識が少ないからだと思います」とした。

     らぁ麺やまぐちの店では、業務用の真空調理機とデジタル芯温計を使用しており、さらに温度などに余裕を持たせる安全マージンを設けてラーメンを提供しているという。また、ラーメンを調理する寸胴鍋で使われるバイメタル式温度計についても、狂いやすいのも確かだとして、適切に温度管理するために、定期的に計器の校正が必要だと指摘した。

     低温調理したチャーシューは、10年以上前から出始めており、増えてきたのはここ5、6年ほどではないかと言っている。

    (J-CASTニュース編集部 野口博之)



    https://news.yahoo.co.jp/articles/0f1a070a3a3ec73caed477f9238de828e0fc16c3



    3/4(木) 20:13配信
    no title

    【【外食】知識なくチャーシュー低温調理「ホントやめて」 食中毒の危険性...ラーメン店主が必死の注意喚起】の続きを読む

    1: 2021/03/03(水) 13:40:23.48 ID:CAP_USER9
    3/3(水) 13:02
    FRIDAY

    オリラジ中田も実践中「1日1食」は健康的か…?専門家の見解
    昨年12月上旬、港区の一角にある雑居ビルから出てきた「ユーチューバー」中田敦彦(38)。確かにすっきりとした体型をキープしている
    緊急事態宣言下、どうしても運動不足になりがちな日々。オリラジの中田敦彦がYouTubeチャンネルで「『1日1食』で体調がいい」と話し注目を集めたが、その実際の効果はどうなのだろう。1日3食という食生活は、本当に健康につながっているのか。いま話題の本「空腹こそ最強のクスリ」の著者、医学博士の青木厚氏に聞いた。

    ◆本来、人類は「飢餓」状態が普通?

    人類が誕生して440万年。その間は、常に飢餓との闘いでした。稲作の始まりを弥生時代とすれば、人間がお米を食べるようになったのはたかだか3000年ほどしかありません。江戸時代までは1日2食、好きなものを好きなだけ食べられるようになったのは、昭和40年以降です。

    飽食の時代を迎え、生活習慣病や悪性腫瘍は右肩上がりで増加してしまいました、糖尿病はこの50年で50倍にまで増えました。1日3食による食べすぎが、内臓を疲れさせてしまっているケースがあるんですね。

    現代人は食べ過ぎて病気になっているわけです。

    人間の血糖値を低下させるホルモンはインスリン1種類のみですが、血糖値を上昇させるホルモンには、成長ホルモン、グルカゴン、コルチゾール、カテコラミンと4種類もあります。この事実は、人体は飢餓に適応するようにできていることを示しています。

    私が提唱する「半日断食」とは、1日1回、それが無理なら週1回、ひと月に1回でもよいので、意識して飢餓状態になってみましょうというものです。食べ過ぎている毎日を見直すことで、様々な効果が期待できます。

    ◆「空腹」に注目したきっかけは?

    私は今から10年前、40歳の時に舌癌を患いました。適切な治療で命はとりとめましたが、舌癌の再発や新たな癌の発生を考えると、とても暗い気持ちになりました。生活習慣の改善が癌の予防にならないかと論文などを調べる中で、「半日断食」にたどり着きました。

    医師として糖尿病をはじめとする生活習慣病の患者さんを診察し、「どのような食事の仕方であれば、もっとも無理なく、ストレスなく、病気を遠ざけるか」を考え続けてきましたが、そのヒントは「空腹」に注目することでした。

    当時の私は、お腹に内臓脂肪がついたメタボリック体型でしたが、「空腹」を取り入れてから78センチあった腹囲は70センチになりました。身体が軽くなり、疲れなくなったと思います。いまのところ癌が再発する気配もありません。

    ◆「空腹」のメリットとは?

    空腹の時間を作ると、内臓がしっかりと休むことができ、血糖値も徐々に下がります。最後にものを食べてから10時間ほどで肝臓に蓄えられた糖がなくなり、脂肪が分解されエネルギーとして使われるようになります。空腹が16時間を超えると、体に備わっている「オートファジー」という仕組みが働くようになります。

    オートファジーは「細胞内の古くなったタンパク質が、新しく作り替えられる」ことで、お掃除のように細胞が刷新されます。「オートファジー」によって、古くなったり壊れたりした細胞が内側から新しく生まれ変われば、病気を遠ざけ老化の進行を食い止めることができるんです。

    「オートファジー」に加え、人間の身体は飢餓状態になると全身の細胞がブドウ糖代謝から「ケトン体代謝」に切り替わります(メタボックスイッチ)。全身の細胞がケトン体代謝になると、抗酸化作用やDNA修復作用も上昇してきます。

    空腹の効果を一言でいえば、病気を遠ざける究極のアンチエイジングだと思います。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4de030ef4c5f32555cb9c2b6a39ad1a666007b52
    syokuji_sakana_girl



    【【芸能】オリラジ中田も実践中「1日1食」は健康的か…?専門家の見解】の続きを読む

    1: 2021/03/03(水) 12:53:16.19 ID:TW6Zjt/c0 BE:422186189-PLT(12015)

    屏東中央社)南部・屏東県の潘孟安県長は2月27日、日本の大手スーパー、西友向けの県産パイナップルの出荷量が今年は昨年の2倍の600トンに増加する可能性があるとの見通しを明らかにした。

    県政府は2019年、西友の親会社、ウォルマート・ジャパン・ホールディングスと契約を結び、昨年、西友向けに約300トンを輸出した。同県産パイナップルが直接取引によって西友の店頭に並ぶのは昨年が初めてとなった。県はまた、パイナップルの販売を強化しようと、台湾の大手スーパー、PXマート(全聯福利中心)と共同で「台湾屏東農業国際運銷」を設立し、パイナップルの輸出拡大を図っている。

    27日、日本向けのパイナップルの第1陣が県を出発した。5月下旬まで週1回のペースで出荷が続くという。

    行政院(内閣)農業委員会の統計によれば、昨年日本に輸出された台湾産パイナップルは2171トン。県市別では屏東県産が1295トンに上り、約6割を占めている。

    台湾産パイナップルについては、最大の輸出先である中国が害虫を確認したとして台湾からの輸入を1日から停止している。昨年中国に輸出されたパイナップルは輸出全体の9割強に相当する4万2121トン。

    屏東県は台湾有数のパイナップルの産地。栽培面積は約3509ヘクタールに上り、台湾一を誇る。潘県長によれば、人気品種「金鑽」を主に生産している。年平均気温25度、日照時間15時間と気候に恵まれていることから、香りが良く高品質なパイナップルが生産できるという。
    https://japan.cna.com.tw/news/aeco/202103010003.aspx
    fruit_pineapple



    【台湾政府、中国が輸入停止した「台湾産パイナップル」を日本の楽天西友が大量購入してくれたと発表】の続きを読む

    このページのトップヘ