映画・ドラマ

    1: 2021/02/26(金) 21:06:02.82 ID:uSgrmPKl0
    kandou_movie_sad



    【【朗報】シンエヴァ3月8日公開決定!!!!!!!!!!】の続きを読む

    1: 2021/02/19(金) 15:27:13.67 ID:RdxhqNrt0
    依頼者「うちの村で霊能者が!上田先生のお力を借りたくて!」

    上田「怖いンゴ。山田もつれて行くンゴ!」

    矢部「お前なんでこんなとこにおんねん山田ァ」

    ~奇術!貧乳!巨根!ヅラ!~

    依頼者「実は霊能者とグルでした」

    霊能力「ぐえー死んだンゴ。ちな本当に霊能力者はおるんやで」

    山田「黒門島だと・・・・・?」




    8割これで草
    tv_drama




    【【悲報】 『TRICK』、展開がワンパターンだと俺の中で話題に】の続きを読む

    1: 2021/01/08(金) 15:18:21.40 ID:/DkT8Muya
    2度も見ようと思わない糞映画


    リリィシュシュのすべて

    JJhj4BKLq2HdVDz_LXhvs_26



    【胸糞悪い映画教えて】の続きを読む

    1: 2021/02/21(日) 23:44:35.91 ID:Ihrf1DR60
    つまらなすぎだろ....
    kandou_movie_sad



    【お前らミッドサマーって映画みたことあるか?】の続きを読む

    1: 2021/02/18(木) 11:41:07.40 ID:CAP_USER9
    2月16日にテレビ東京系で、トラウマ映画として名高い『ミスト』が昼下がりの時間帯に放送された。大胆すぎる采配が、映画ファンの間で話題になっている。

    同作は、スティーヴン・キングの小説を原作にしたSFホラー映画。一寸先が見えないほど深い霧に覆われた街で、人々が異形の〝何か〟に襲われていく…といった物語だ。単純なパニックホラーとしても十分楽しめるが、『ミスト』の見どころは、なんといってもスーパーマーケット内に閉じ込められた人たちの人間模様。あらゆる情報が遮断された店内で変な宗教が流行ったりと、異形の怪物以上に恐ろしい人間の本質的な部分も描かれている。

    そんな『ミスト』がトラウマ映画として恐れられている所以は、やはり衝撃的なラストの展開。ある程度ホラーが好きな人でも、ちょっとした覚悟が必要なレベルの〝胸クソ展開〟となっており、映画ファンの間では、

    《見終わった後に割とガチで気分が悪くなる映画》
    《かなり考えさせられるいい映画だけど、ラストがあまりにも衝撃的》
    《後味が悪いと聞いていたけどこれほどとは…》
    《間違いなく傑作だけど万人に勧められる映画ではない》

    などと評価されてきた。

    テレビ東京『ミスト』放送の采配に戦慄する人々
    そんないわくつきの映画『ミスト』が昼過ぎの『午後のロードショー』で放送されたとあって、SNSなどでは、

    《まったりとした昼下がりに刺激を与えてくれるテレ東さんさすが》
    《このご時世に『ミスト』を放送するセンスが大好き》
    《なんでこの鬱映画を昼に放送しようと思ったのだろうか…》
    《テレ東で『ミスト』やってたのか。見たかったような見たくなかったような》
    《昼に『ミスト』はさすがに攻めすぎ》

    といった声が続出した。

    さらに映画好きで知られる声優の諏訪部順一も、17日にツイッターで《あー、昨日の昼間、テレ東で『ミスト』放送したんだ。面白いけど後味最悪のトラウマ系映画。しばらく鬱々とした気分が続くヤーツ。面白いけど》と反応。〝昼に『ミスト』が放送される〟という事態の、話題性の高さがうかがえる。

    ちなみにテレビ東京は、過去にも何度か『午後のロードショー』で『ミスト』を放送してきた。またいずれ放送されるかもしれないので、未視聴の人は挑戦してみてはいかがだろうか。きっと退屈な昼が吹き飛ぶはずだ。

    https://myjitsu.jp/archives/263782
    nagara_smartphone_tv_okashi_man


    【【映画】テレ東“トラウマ映画”『ミスト』を昼下がりに放送「なんでこんな鬱作品を…」】の続きを読む

    1: 2020/12/31(木) 00:58:33.24 ID:kBU0MDra0
    戦争シーンの迫力は凄かったけどストーリーマジで微妙
    なんで評価されてんのこれ
    kandou_tv_man_sad



    【【長い】ロードオブザリングの最終章見終わったんやが結局これ何が評価されてんの?】の続きを読む

    1: 2021/02/17(水) 10:01:38.16 ID:3ac4vn9Z0
    https://theriver.jp/sw-ryan-trilogy-still-on/
    >これまで度々伝えられてきた『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)ライアン・ジョンソン監督による新たな『スター・ウォーズ』3部作が、現在も進行中であることがわかった。ジョンソン監督との個人インタビューを実施した米作家サリア・ウィルソン氏が明かしている。
    >このたびウィルソン氏は、自身のTwitterにてジョンソン監督とのインタビューを報告。「これから質問が殺到すると思いますので、以下に伝える内容を投稿します」と前置いた上で、ジョンソン監督による『スター・ウォーズ』3部作企画が水面下で進められていることを伝えた。

    死者口が開いた!
    kandou_movie_sad



    【【返して】スターウォーズさん、ライアン・ジョンソン監督による新三部作が始動してしまう】の続きを読む

    1: 2021/02/17(水) 10:36:22.86 ID:CAP_USER9
    昨年、SNS上で連載され社会現象を巻き起こした4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」。
    同作が『100日間生きたワニ』のタイトルでアニメ映画化され、5月28日(金)に公開されることがわかった。

    また、あわせて神木隆之介、中村倫也、木村昴、新木優子がボイスキャストを務めることも、コメントと共に発表された。

    「100日後に死ぬワニ」は、原作者きくちゆうきのTwitterに100日間毎日投稿され、ワニの日常を綴った4コマ漫画。2019年12月12日の開始から話題となり、2020年3月20日に迎えた最終話では、いいねの数が214万というTwitterの国内歴代最多数を記録。映画ではワニの100日間の日常と、ワニが死んでから100日後、大切なものを失った仲間たちのその後も描かれる。

    今作でワニの声を神木が演じるほか、親友のネズミを中村、モグラを木村、ワニが恋するセンパイを新木がそれぞれ担当。これまでも『千と千尋の神隠し』(01)、『君の名は。』(16)などでも声優を務めてきた神木は「この作品を通して、“今、この瞬間”という大事さを伝えられたらいいなと思っております!!」と思いをコメント。また中村は当初「流行ったからって映画化してぇ~」と勘ぐっていたものの「映画版オリジナルの展開やそこに込めた想い、また改めて原作に触れた時に、これは意義のある作品になると強く感じると同時に、自分の先入観を反省しました」と素直な気持ちを明かしている。

    監督・脚本は『カメラを止めるな!』(17)の上田慎一郎と、『こんぷれっくす×コンプレックス』(15)などでアニメーション監督としても活躍する、ふくだみゆき夫妻が担当。原作に込められたメッセージに強く共感した上田監督は新型コロナウイルスの流行に直面して大幅な脚本の書き直しを行い「いま観て欲しい」物語を作り上げたという。

    さらに「宇宙戦艦ヤマト」、「伝説巨神イデオン」などを手掛けたレジェンドアニメーターの湖川友謙がコンテ・アニメーションディレクトとして参加するほか、いきものがかりが4コマ漫画完結時に続き新たな書き下ろし主題歌を提供する。

    注目のキャスト・スタッフによって新たに命を吹き込まれたワニたちが繰り広げる感動の物語が待ち遠しい。なお、公開まであと100日。

    <キャスト・スタッフコメント>

    ●神木隆之介(ワニ役)

    「この度、ワニくんをやらせていただくことになりました!元々、原作はSNSで見ていたので、とてもうれしかったですし、中村倫也くんとまたご一緒できるのが楽しみで仕方ありません。この作品を通して、“今、この瞬間”という大事さを伝えられたらいいなと思っております!!よろしくお願いします!神木ワニ之介」

    ●中村倫也(ネズミ役)

    「正直に話しますと、オファーをいただいた時『流行ったからって映画化してぇ~』と勘ぐってしまいました。しかし映画版オリジナルの展開やそこに込めた想い、また改めて原作に触れた時に、これは意義のある作品になると強く感じると同時に、自分の先入観を反省しました。ネズミくんがどんな喋り方になるのか、僕自身楽しみです」

    中略

    ●上田慎一郎(監督・脚本)

    「『100日後に死ぬワニ』を映画化したいと思ったのは昨年1月。まだツイッターで4コマが連載中のころで、いち読者として物語の行く末を知る由もないころでした。この平凡な素晴らしき日常。そんな日常のコマとコマの間に流れる時間を描きたいと思いました。制作が始まった矢先、コロナ禍となり世界は一変しました。それに伴って脚本を大きく書き直しました。タイトルも『100日間生きたワニ』へと変更しました。時代を越える普遍的な物語でありながら、いましか創れなかった、いま観て欲しい映画にもなると思っています。原作のきくち先生をはじめ、スタッフと議論を重ねながら、妻ふくだとともに自分たちだからこそ創れるアニメ映画をめざして鋭意制作中です。この映画が、いまを生きる誰かの力になれますように」


    中略

    ●きくちゆうき(原作)

    「『100日後に死ぬワニ』を原作とした映画『100日間生きたワニ』が公開されるとのことで原作者として大変うれしく思っております。ありがとうございます!SNS連載していた時に映画化のお話をいただきうれしい反面『まじ?どんな感じになるの?』と不安いっぱい喜びいっぱいでした。たくさんのスタッフさんやキャストさんが少しずつ決まっていき、知らせを受ける度に『え?え?え!?』と驚きいっぱい喜びいっぱいでした。このコメントを書いている現在も、映画作品がどうなっているのか分かっていない状況ですが、原作を読んだ人も読んでいない人も楽しんでいただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/eaf1c253d8ad5f74135be20be3a8f29aab915ea9
    kandou_movie_sad



    【【生きとったんかワレ!】「100日後に死ぬワニ」あと100日で映画公開!ワニ役は神木隆之介&監督は『カメ止め』の上田慎一郎】の続きを読む

    1: 2021/02/15(月) 09:31:57.08 ID:CAP_USER9
     俳優の吉沢亮(27)が主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(日曜後8・00)が14日に拡大版(60分)でスタートし、初回の平均視聴率は20・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。瞬間最高視聴率は午後8時57分の22・8%だった。

     前作「麒麟がくる」の初回19・1%を上回る好スタート。大河ドラマの初回で大台を超えるのは13年「八重の桜」以来、8年ぶり。日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」14・2%、テレビ朝日「ポツンと 一軒家」14・2%といった人気番組を抑え、同時間帯横並びトップ。

     前作の「麒麟がくる」は初回19・1%、最終回も18・4%を高数字をマーク。全44話の期間平均(全話平均)は14・4%で、2016年「真田丸」(16・6%)以来4年ぶりの14%超えを記録した。

     近年の大河ドラマ初回は20年「麒麟がくる」=19・1%、19年「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」=15・5%、18年「西郷どん」=15・4%、17年「おんな城主 直虎」=16・9%、16年「真田丸」=19・9%、15年「花燃ゆ」=16・7%、14年「軍師官兵衛」=18・9%、13年「八重の桜」=21・4%、12年「平清盛」=17・3%、11年「江~姫たちの戦国~」=21・7%、10年「龍馬伝」=23・2%、09年「天地人」=24・7%、08年「篤姫」=20・3%。

     放送開始後、午後8時9分には「#青天を衝け」がツイッターの国内トレンド1位、午後8時25分には世界トレンド1位。Yahoo!リアルタイム検索のトレンド上位20位には「徳川家康です」「徳川斉昭」「高島秋帆」「玉木宏」「小林優仁(主人公の子役)」が入るなど、多くの反響を呼んだ。

     大河ドラマ60作目。大ヒットした2015年後期のNHK連続テレビ小説「あさが来た」などを手掛けた大森美香氏(48)が大河脚本に初挑戦するオリジナル作品。
    主人公は24年度上期に20年ぶりに刷新される新一万円札の顔としても注目され、「日本資本主義の父」と呼ばれる実業家・渋沢栄一(1840―1931)。約500の企業の育成に関わり、約600もの社会公共事業に貢献。晩年は民間外交にも力を注ぎ、ノーベル平和賞の候補に2度選ばれた。

     幕末から明治へ。時代の大渦に翻弄され、挫折を繰り返しながらも、栄一が青天を衝(つ)くかのように高い志を持って未来を切り開く姿を描く。吉沢は大河初出演にして初主演。タイトルは若き栄一が藍玉を売るため信州に旅した時、険しい内山峡で詠んだ漢詩の一節から採った。

     語りは同局の守本奈実アナウンサー(40)、語り部は俳優の北大路欣也(77)。音楽は映画「ALWAYS 三丁目の夕日」、大河ドラマ「龍馬伝」、連続テレビ小説「カーネーション」などで知られる佐藤直紀氏(50)。

     初回のタイトルは「栄一、目覚める」。武蔵国血洗島村(現在の埼玉県深谷市)で養蚕と藍玉作りを営む農家の長男として生まれた栄一(子役・小林優仁)。ある日、罪人が藩の陣屋に送られてきたことを知った栄一は、近くに住むいとこの喜作(子役・石澤柊斗)らと忍び込もうとたくらむ。一方、江戸では、次期将軍候補とすべく、水戸藩主・徳川斉昭(竹中直人)の息子、七郎麻呂(笠松基生)を御三卿の一橋家に迎え入れる話が進んでいた…という展開だった。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f4e3266517cd3613b95bec9d95c80a3a4f8fbd5c
    seitenwotsuke_202012_01



    【【視聴率】吉沢亮主演大河ドラマ「青天を衝け」初回20・0%の好発進 前作「麒麟がくる」超え】の続きを読む

    1: 2020/12/19(土) 23:57:03.52 ID:b8pf9iWh0
    お前らが最近見た映画書いてってクレメンス

    kandou_movie_sad





    【【映画】なんJ映画部【映画】】の続きを読む

    このページのトップヘ