皇室

    1: 2021/12/22(水) 16:25:18.07 ID:g/ifXkPj0
    よかおめ
    school_test_seifuku_boy



    【【速報】悠仁さまの進学先は「偏差値67」筑波大学附属高校】の続きを読む

    1: 2021/12/05(日) 14:04:28.12 ID:OXTj2Bly0


    【【朗報】愛子様、おさがりのティアラがとてもよくお似合いの様子】の続きを読む

    1: 2021/11/30(火) 12:40:24.77 ID:CAP_USER9
     秋篠宮さまが11月30日、56歳の誕生日を迎えられ、事前に行われた記者会見の内容が公表された。秋篠宮さまは長女・眞子さんの結婚について率直な心境を述べる一方で、「小室圭」というワードは徹底排除された――。

     秋篠宮さまはまず、渡米した小室夫妻について

    「本人たちがアメリカで生活すると決めたわけですから、それが本人たちにとって一番良いことなんだろうと思っています」

    と吐露。

     一時金の辞退や納采の儀の見送りなど、異例づくしの結婚となったが、秋篠宮さまは「皇室の行事、儀式というものが非常に軽いものだという印象を与えた。(中略)迷惑をかけた方々に対して申し訳なく思っています」と述べた。

     秋篠宮さまは結婚にあたり、小室さんをめぐる金銭トラブル解決など「相応の対応」と「国民の理解」を求めてきた。

    しかし、眞子さんの結婚の意志は固く、半ば折れる形で容認。2人は先月26日に結婚会見を行ったが、秋篠宮さまは

    「私自身は一方向のものではなくて双方向での会見という形にしてほしかったと思います」

    その一方で眞子さんが複雑性PTSDであることを鑑み

    「会見している間に何か発作が起きることも考えられるでしょうから、やはり難しかったのかなと思います」

    とも付け加えた。

     気になったのは、秋篠宮さまの口から「小室さん」「圭さん」というワードが一切出なかったことだ。

    結婚会見に関する話の中でも小室さんを「夫の方」と形容した上で

    「やはりと私としては自分の口からそのこと(金銭問題)について話をして、そして質問にも答える、そういう機会があった方が良かったと思っております」


    と苦言を呈した。

     また小室さんが4月に公表したA4用紙28枚に及ぶ文書についても

    「〝娘の夫〟がかなり長い文書を出したわけですね。あれを読んでどれくらいの人が理解できるか。じっくり読めば分かるけれども、さっと読んだだけだとなかなか分からない」

    とダメ出しした。

     皇室ライターは「意図的に『小室圭』という呼称を控えたように思います。これは今回に限らず、これまでの会見でも徹底されていました。『小室』というワードを避ける、つまり、皇室とは〝無関係〟だという意思表示なのでしょう」と指摘する。

     記者からは小室夫妻の皇室行事への参加についても質問が飛んだが、秋篠宮さまは「私がどうこう言うことではないですね。これはあくまでも天皇陛下のお考えということになりますので」と避けた。

     米国で暮らす2人に秋篠宮さまの言葉は届いているのだろうか。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/06d7cddb72c81fd5db9931389f9973f007ca856a
    wedding_couple



    【秋篠宮皇嗣殿下会見で「小室圭」なし! 徹底的に名指しを避けたワケ】の続きを読む

    1: 2021/11/25(木) 08:31:57.10 ID:CAP_USER9
     先ごろ新天地ニューヨークへと発った小室夫妻。その直前には小室圭さんの司法試験不合格という前途への不安を感じさせるニュースもあったが、

    実は西村泰彦宮内庁長官は事前に「手ごたえあり」との報告を受け、そのことで急速に結婚話が進んだという背景があったのだという。

     11月11日、西村長官は定例会見で、

    〈(小室さんの不合格に)長官は個人的にはショックを受けたか〉

     そう問われ、

    〈週刊誌にはそう書かれていましたね〉

     と、苦笑いしながらこう述べていた。

    〈試験だから不合格というのもあり得るでしょう。次回チャレンジされるようだから頑張ってもらいたいと思います〉――。

     宮内庁担当記者が言う。

    「実際のところ、西村長官は呆気に取られています。実は7月末の試験が終わった後、西村さんは小室さん側から“手ごたえあり”との報告を受けていた。

    何でも、自己採点に基づく感触だったというのですが、これで西村さんはすっかり安堵し、“結婚話を進められそうだ”との見通しを官邸側にも伝えた。


    9月になって一部メディアが“年内結婚へ”“一時帰国”などと報じたこともあり、事態は急速に進展したのです」

     それがあろうことか“根拠のない自己採点”のおかげで大崩れとなってしまったのだから、当てが外れた衝撃たるや計り知れない。

     当の長官に尋ねると、

    「話すことはありません」

     と、辟易した様子。

    「費用は年間で百数十万円」
     年収600万円ほどとみられる小室さんが月50万円以上とされる高級マンションの家賃を支払えば、生活費は1円も残らない。さらには、

    「NYの日本総領事館ではすでに、眞子さんの“相談窓口”となる女性の担当職員を配置しています。これと並行し、NY市警には夫妻の情報を伝え、巡回など状況に応じたフォローを要請している。が、セキュリティに万全を期すのであれば、民間の警備会社などに頼らざるを得ません」(宮内庁関係者)

     米国社会の事情に詳しい福井県立大学の島田洋一教授(国際政治学)が言う。

    コロナ禍に加え、米中間の対立も激化する中、米国ではアジア人を標的にしたヘイトクライムも増加しつつあります。

    警備には万全を期して頂きたいものですが、NY市警がどこまでカバーしてくれるかは分かりません。
    現在、米国では警察への風当たりが強く、予算も削減される傾向にある。台所事情も厳しいため、ご夫婦に張り付いてくれるとは考えづらい。

    やはり警備会社と契約し、必要に応じてボディーガードを雇うのがよいでしょうが、その費用は年間で百数十万円近くになるのではないでしょうか


     自由を追い求めれば、必ず背中合わせに責任がついて回る。ご夫婦にとってはまさしく一難去ってまた一難だが、それは“残された人々”とて同じだという。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/06db7cafa07573a8f36ebff5559ed1e0270fde1d?page=2
    buranko_businessman_sad



    【【宮内庁さん…】小室圭さん、司法試験後に“根拠のない自己採点”を宮内庁に伝えていた 西村長官は不合格に呆然】の続きを読む

    1: 2021/11/23(火) 17:21:55.51 ID:CAP_USER9
    小室圭さんと結婚して米ニューヨークで新生活を始めた小室眞子さん(30)が19日、単身で日用品を買いに出かけ、その様子がパパラッチされていたことが明らかになった。

    英大衆紙デーリー・メール電子版が、全米チェーンの日用雑貨や生活用品を販売する「ベッド、バス&ビヨンド」の店舗を眞子さんが1人で訪れ、タオルや収納用品などを購入する様子を報じた。14日にニューヨークに到着し、マンハッタンのへルズ・キッチンに借りたアパートに向かって以降、現地で眞子さんの姿が確認されたのは初めてとなる。

    同紙はニューヨークで2人が暮らすアパートもスクープしており、元内親王の現地での様子を追いかけているようだ。


    ジーンズに深緑のロングコートを羽織った眞子さんが、マスク姿で日用雑貨やキッチン用品の棚を物色する様子やハンガーやタオルなどが乗ったカートを押す様子などを伝えており、圭さんとの新婚生活に必要な日用品を買いに出かけたとみられる。

    同紙によると、眞子さんは1時間半ほど店に滞在していたというが、周囲にセキュリティーや護衛する人の姿はなかったという。

    また、同紙のサイトは眞子さんが単身で、周囲をキョロキョロと見渡しながら街中を歩く姿や買い物袋を両手に抱えて夜の街を歩く様子をとらえた動画も公開。


    トランプ・インターナショナル・ホテルの前を荷物を抱えて歩く姿なども映っている。

    「大都会で道に迷ったようで、何人かの人に道順を訪ねなければならず、何度も同じ場所を行ったり来たりしていた」
    と不慣れな土地での外出に戸惑う眞子さんの様子を伝えている。

    最終的に午後6時ごろにアパートに戻ることができ、そこで圭さんが眞子さんが持っていた4つの買い物袋を運ぶのを手伝うためにアパートの入り口で出迎えたと報じた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/decf5dbc6cc3886387b530f863c46c3730453ac9

    couple_date



    【【パパラッチ】眞子さんジーンズ姿でNY1人でお買い物 日用品抱え、道に迷った? 英紙】の続きを読む

    1: 2021/11/22(月) 14:16:07.52 ID:Re1BAskv0
    眞子さまのNY勤務先は宮内庁・外務省が連携してリサーチ「政府や州の関連施設が望ましい」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/93f6c4fc0a47af8eea2787448d94f946c735e66e
    syukatsu



    【【悲報】眞子さんの就職先、宮内庁と外務省が連携し連邦政府か州の施設で調整へ】の続きを読む

    1: 2021/11/21(日) 23:37:16.17 ID:or26WRWo0
    ぐう聖
    pose_kandou_woman



    【愛子さま「3000万のティアラを税金で新調?いやいやレンタルでいいってw」←これ】の続きを読む

    1: 2021/11/20(土) 00:03:41.86 ID:CAP_USER9
     「夫妻がジョン・F・ケネディ国際空港に到着するや否や、英タブロイド紙が二人の新居がマンハッタンのヘルズキッチン地区であることを写真付きで報じたり、地元紙も新居の家賃を報じるなど報道が過熱しています。

     日本のメディアから逃れるためにNYでの生活に活路を見出した二人でしたが、ここまで注目されるのは予想外だったのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト)


     英王室に詳しい皇室ジャーナリストの多賀幹子氏は、海外メディアの執拗さをこう語る。

     「初めて菊のカーテンを開けてNYにやってきたロイヤルカップルをパパラッチが標的にするのは当然で、可能な限り面白い写真を撮ろうとするでしょう。その中にはストーカーまがいのことをする人もいて、ダイアナ妃の交通事故死は追いかけ回してくるパパラッチを振り切ろうとして起こったものだと言われています」

     夫妻には、さらなる難関も迫っている。

     小室さんはNY州の弁護士事務所に就職したものの、7月の司法試験に不合格。本誌・週刊ポスト2021年11月19・26日号では、再チャレンジする予定の2月の試験に落ちた場合、事務所を解雇される可能性について報じた。

     そして解雇となった場合には、“日本への出戻り”すらあるという。前出の皇室ジャーナリストが語る。

     「満足のいく生活を送れる稼ぎもなく、毎日パパラッチに追われる生活に嫌気がさしてしまうことは十分に考えられます。何より、そんな娘の姿を見た秋篠宮ご夫妻が日本に呼び戻す可能性は否定できません。

    さらに宮内庁関係者は、ヘンリー夫妻が米メディアに『王室内で人種差別があった』と爆弾告白したように、小室夫妻が現地メディアの取材に応じることを怖れています。目の届く国内にいてほしいのが本音でしょう」

     小室夫妻に安住の地はあるのか。

    ZakZak 2021.11.19
    https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/211119/dom2111190005-s1.html

    paparacchi_man



    【【海外が本場】小室夫妻<海外パパラッチの猛勢に早くも「日本出戻り」の可能性>「ここまで注目されるのは予想外だったのではないでしょうか」】の続きを読む

    1: 2021/11/18(木) 19:05:40.12 ID:HQ9kXxtGp

    【小室圭「Hi!!」記者「週刊文春です」小室圭「...」】の続きを読む

    1: 2021/11/17(水) 09:17:10.60 ID:tD4b0Ghx0
    肝心の小室さんの“敗因”としては、

    「外国人受験生は、英語を母語とする人の半分しか答案を書けないこともあります。知識はあっても、英語の問題を読んだりエッセー(小論文)を書いたりするスピードが遅い。試験は時間との戦いで、この力不足は大きなハンデとなります」

    が、小室さんの場合、明らかに勉強時間が不足していたというほかない。

    「ロースクール留学中から、眞子さんとはスカイプでのリモート会話などで遠距離恋愛を育んできました。先月の会見でもあらわになったように、眞子さんはご自身を取り巻く環境に、大いに不満を抱いてきた。

    こうした思いの“はけ口”を小室さんに求めるしかなく、小室さんもまた眞子さんの心を繋ぎ止めることを最優先し、連日の通話は長時間に及ぶこともあったといいます。
    時差もあり、生活リズムが崩れるのは当然のことです」(前出・宮内庁関係者)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/4202b00e38ee9c01fbc942fc261ae65f4a8ba201?page=2
    study_man_normal



    【【情報錯綜で草】小室圭さんが司法試験に落ちた理由がついに判明】の続きを読む

    このページのトップヘ