1. 匿名 2020/08/09(日) 19:18:45 


芥川賞、直木賞を凌駕…「本屋大賞」が絶大に支持される理由 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンラインgentosha-go.com

芸術性を重視した純文学作品を対象とする「芥川龍之介賞(芥川賞)」と、娯楽性を重視した大衆小説に贈られる「直木三十五賞(直木賞)」だ。どちらも1935年、文藝春秋社社長の菊池寛が創設した文学賞で、年2回(7月、1月)の選考結果発表はその日のうちにニュースとなって茶の間に届く。


751f2476b06403f99a01cda280b9a257_237


ところが今日、話題性においても売り上げにおいても、2大文学賞を凌駕しようかという勢いの賞がある。2004年の創設、今年で17回を迎えた「本屋大賞」(年1回、4月発表)である。

「芥川賞・直木賞はたしかに歴史のある文学賞です。ただ、作家の先生方が選んだ本で、多くの一般読者が読んで面白いとは限らない。一方、本屋大賞を選ぶのは大の本好きで書店員になった私たち、つまり読者感覚に近い存在。年々それが浸透してきたと思います。売れ行きだってもう全然違いますから」と、ある書店員は明かす。

751f2476b06403f99a01cda280b9a257_13390


4. 匿名 2020/08/09(日) 19:20:42 

あんまり参考にしない
図書館の実写化したコーナーにあった
羊と鋼の森は面白く読めてよかった


5. 匿名 2020/08/09(日) 19:20:50 

本屋大賞はわりと信用してる!たまにハズレもあるけど。
最近も流浪の月とそしてバトンは渡された読んだけど面白かったよ


7. 匿名 2020/08/09(日) 19:22:00 

ランキングなんてみない
頼りにするのは自分の直感だけ
それが私クオリティ


8. 匿名 2020/08/09(日) 19:23:36 

本好きは自分で何が好きかわかってるし
書店員のお勧め程度に思ってる
実際好みのものが挙がっていることはない
今回のなんて特に


9. 匿名 2020/08/09(日) 19:24:21 

はじめは本当におすすめ作品とかだったのに今となってはステマ大賞に成り下がった
店員にわざわざ本が送られてくる時点でおかしいでしょ



12. 匿名 2020/08/09(日) 19:26:32 

面白い作品が受賞するのはごく稀と言われてるのが芥川賞


13. 匿名 2020/08/09(日) 19:27:09 

支持されてるの…かな?
大学時代にお世話になった先生は「本屋大賞はあんまり信用できない。内容もピンキリすぎるし、忖度も多いと聞いた」って話してたけど。


15. 匿名 2020/08/09(日) 19:28:17 

本屋大賞の受賞作って読みやすいの多いよね
芥川賞や直木賞はすごいんだろうけど純文学のイメージ強くて手を出しづらい


35. 匿名 2020/08/09(日) 19:50:44 

>>15
いや芥川賞は文学寄りだけど直木賞はエンタメ寄りだよ。直木賞作家は読みやすい。
本屋大賞は佳作が多いような?
最近の本は口語体の一人称とかで読みやすいよね。



96. 匿名 2020/08/10(月) 04:47:10 

>>15
直木賞はエンタメやね、そんで実績のある作家の中から選ばれる
芥川賞は文学の新人賞的な位置付けになってる


18. 匿名 2020/08/09(日) 19:30:08 

私は、読書メーター

信頼する読友のレビューは参考になる


23. 匿名 2020/08/09(日) 19:34:04 

>>18
読書メーターめっちゃ便利よね
相性100%越えユーザーの高評価はほぼ鉄板


20. 匿名 2020/08/09(日) 19:32:31 

書店員が売りたい本の賞でしよ。


27. 匿名 2020/08/09(日) 19:39:59 

本屋大賞もヤラセでしょ?
昔昔の@コスメもただのクチコミサイトだったのに今やヤラセとステマのランキング。
大きくなると利権がからんでなんだかなぁと思う。
継続のためにスポンサーは必要かもしれないのは分かるけど。


30. 匿名 2020/08/09(日) 19:45:57 

本屋大賞は初期は良かったよね
もうここ数年はあてにならなくなった


82. 匿名 2020/08/09(日) 21:44:50 

>>30
初期は本当に良かったね
それこそ、ひっそりやってるイベントって感じで楽しかったのに
いつの間にかマスコミにめちゃくちゃ取り上げられるようになって、主旨が違ってきちゃったよね



32. 匿名 2020/08/09(日) 19:48:25 

以前は本屋大賞の本も参考にしてたけど、放り投げたくなるほど駄作に出会ったからもう信用してない。


38. 匿名 2020/08/09(日) 19:51:30 

近年の本屋大賞はやらせというか忖度を感じる作品も多い。
最初から実写映画化を狙って大賞を決めてたりね。私的に当たり外れも大きい。


39. 匿名 2020/08/09(日) 19:51:40 

直木賞はともかく、芥川賞は文学だから。
しかも新人作家の賞。
小説として面白いとか面白くないとか、そういう話ではないような気がするな


43. 匿名 2020/08/09(日) 19:55:24 

舟を編むを読んだ時は途中のショートカット感が凄かった
天地明察と海賊と呼ばれた男は普通に読めた

なんとなく本屋大賞はメディアが売りたい本という感じがする



46. 匿名 2020/08/09(日) 20:01:16 

天地明察無理だった。対象中学生かと思った。


49. 匿名 2020/08/09(日) 20:08:20 

蹴りたい背中とヘビにピアスが受賞してから芥川賞はゴミ。


55. 匿名 2020/08/09(日) 20:19:12 

>>49
書こうと思ったら既に書かれてたw
作者が二人とも20歳そこそこの女の子だったから、マスコミがめっちゃ食いついたの覚えてる
結局、本の中身よりも話題性が大事なんだなって思った
火花の又吉然り



54. 匿名 2020/08/09(日) 20:18:59 

私も。謎解きはディナーのあとから参考にしなくなった。
謎解きは〜は主人公と執事の性格に反発してストーリーを楽しめなかった。


60. 匿名 2020/08/09(日) 20:28:39 

謎解きは〜はとにかくライトだった気がする。
いきなり傾向が変わってびっくりした。それでも大賞だから後から巻き返すのかも…って読んだが特に驚くような展開もなく。

私はラノベも漫画も好きなので執事萌も期待したが…あんなのは執事じゃない。執事はプロフェショナル職!!と我ながら謎の怒りを持った。
ライトだがラノベほどテンポよく楽しめるエンタメ小説でもなく…中途半端だった。



64. 匿名 2020/08/09(日) 20:34:37 

本屋大賞は売れる本
大衆的な本
無難な本 
ファミレスみたいにまあ美味しくもなければまずくもない食事


67. 匿名 2020/08/09(日) 20:40:11 

そもそも信頼に足る書店員さんが減ってるよね。
まだ売れてないけど面白いんですよーっていう薦め方じゃなく、売れてます!っていうもんね。


83. 匿名 2020/08/09(日) 22:11:42 

夜のピクニック面白かったな
私ああいう煌めきの一瞬の切り抜きみたいな話好きだ
恩田陸はそういうのうまい


100. 匿名 2020/08/10(月) 17:52:24 

燦然と輝く初年度と次年度。
確かな文章力とユニークな題材で、今でも納得の受賞作です。
7年くらい前までは、候補作も参考にしてた。
今では、え?これ?って本もごり押され候補に挙がるようになってしまった感じ





引用元 https://girlschannel.net/topics/2902258/