1. 匿名 2020/01/20(月) 18:46:47 

トリイ・ヘイデンの「愛されない子」が好きです。美しくて博士号を取得する程の頭脳を持つのに人付き合いが苦手で周りに馴染めない子供っぽいラドブルックと著者トリイの友情が優しくて切なくて何度読んでも感動します。そんな感じのノンフィクションでオススメあったら教えて下さい。


4. 匿名 2020/01/20(月) 18:48:36  

漂流家族
竹下家


23. 匿名 2020/01/20(月) 19:03:29  

>>4
知らなくて今まとめサイト見てきたらすごく胸糞悪い話ですね…
映像で見たらより凄そう…
怖いもの見たさで見てみたい…


7. 匿名 2020/01/20(月) 18:50:56  

メーデー 航空事故の真相と真実

被害者の再現ドラマも一部含んでいて、航空事故に乗っていた人に思いを馳せることができる。


10. 匿名 2020/01/20(月) 18:55:36  

itと呼ばれた子
初めて読んだ時の衝撃と来たら…


14. 匿名 2020/01/20(月) 18:56:07  

ノンフィクションとは若干違うんだけど、史実の取材がしっかりしているという点で記録文学の祖である吉村昭氏の『三陸海岸大津波』と『戦艦武蔵』がおすすめ
特に『三陸海岸大津波』では数十年も前から作者自身がこの悲劇が近いうちに起こるということを警告⚠していたことが読み取れる…
それにしても東京の人なのに妻の津村節子氏と足繁く取材のために東北を訪れたその執念には頭が下がります…

ttdsx7N7y2ZrF2I_SMZt8_14


18. 匿名 2020/01/20(月) 18:59:06  

トムラウシ山遭難の話
はっきり言ってこれは胸糞、閲覧注意

ttdsx7N7y2ZrF2I_4aWTK_18


22. 匿名 2020/01/20(月) 19:03:20  

>>18
これ読んだ。
山岳ガイドがあまりにもやっつけ仕事というか、行き当たりばったりで引いた…
3人いるガイドが全員初対面なんだっけ?
採算重視で無茶な仕事させるツアー会社(ガイドの雇用者)も酷すぎ。


19. 匿名 2020/01/20(月) 18:59:41  

たった一人の生還
「たか号」漂流二十七日間の闘い

外洋で船が転覆、救命ボートで漂流する中、仲間が1人また1人と亡くなっていく…
貨物船に見つけられて、著者1人だけが助かるノンフィクション。

準備不足だったりとか、いろいろ突っ込みどころはあるんだけど、それを差し引いてもあまりに状況が過酷で言葉を失う…


28. 匿名 2020/01/20(月) 19:11:56  

羊飼いの暮らし──イギリス湖水地方の四季
ジェームズ リーバンクス著

羊飼の家に生まれ羊飼になった著者。オックスフォード大を出ているが、勉強が出来るとか、学歴に価値の重きを置いていない著者。六百年続く牧畜の仕事はハードを極める。美しい湖水地方観光だけでは分からないイギリスの姿。とにかく面白い。NYタイムズのNo.ONEにもなっていてとても大ヒットしたので、ご存知の方も多いかもしれません。文庫版出たようです。


31. 匿名 2020/01/20(月) 19:14:01  

感動とは違うけど、ノンフィクション、ルポタージュ本だとこの4冊が凄かった。
陰惨な気持ちになるのであまりお薦めは出来ないけど
現実の世の中で、フィクションを凌駕するようなこんな事も起こりうるんだな…と思わされる。

ttdsx7N7y2ZrF2I_AOm5t_31


82. 匿名 2020/01/21(火) 00:28:42  

>>31
そこにある本というか事件は、各々基にした小説や漫画、映画化もされているよね
フィクションを創る人達がそこから着想を得るっていうのは、頭で想像&創造する以上の事実があり衝撃を受けたっていうことだと思うから
事実は小説より奇なりっていうことも本当に起こりうるわけで、人間て(人が起こす事件だけじゃなく天災等もそうだけど)怖いなと思う


41. 匿名 2020/01/20(月) 19:48:23  

ttdsx7N7y2ZrF2I_w2tlx_41


42. 匿名 2020/01/20(月) 19:48:37  

バチカンで未成年への性的虐待をスクープした話
聖職者の何割かは自身も被害者でありながら加害者にもなってしまうという皮肉

ttdsx7N7y2ZrF2I_eNB3X_41


47. 匿名 2020/01/20(月) 20:07:04  

映画になった「こんな夜更けにバナナかよ」
映画は観てないけど本はとても面白かった
人との距離感が生々しい
コミュ障って何?って感じ


60. 匿名 2020/01/20(月) 20:54:53 

無人島に生きる十六人

明治31年、帆船・龍睡丸は太平洋上で座礁し、脱出した16人を乗せたボートは、珊瑚礁のちっちゃな島に漂着した。飲み水や火の確保、見張り櫓や海亀牧場作り、海鳥やあざらしとの交流など、助け合い、日々工夫する日本男児たちは、再び祖国の土を踏むことができるのだろうか?名作『十五少年漂流記』に勝る、感動の冒険実話。


63. 匿名 2020/01/20(月) 21:06:41  

生きながら火に焼かれて

シリアかどっかの中東生まれの女性の話。
男性優位な世の中で、落ちてはいけない恋におち、それがバレて生きながら火に焼かれた経験を綴ってます。
ノンフィクションなのに私にはフィクションに感じるくらい、自分の境遇と違いすぎてショックを受けました。


76. 匿名 2020/01/20(月) 23:16:42  

ノンフィクションというかインタビュー集だけど
地下鉄サリン事件の被害者や遺族にインタビューしてる本
臨場感がすごくて、本当に怖いし悲しくなるしオウム許すまじって気持ちが湧く

続編の「約束された場所で」はオウムの元信者の人達のインタビューなんだけど
そっちもとても興味深かった

ttdsx7N7y2ZrF2I_UwEsP_76


81. 匿名 2020/01/21(火) 00:13:04  [通報]

ルポだけど石井光太のレンタルチャイルド
赤ちゃんをレンタルするの。赤ちゃん連れの方が物ごいの時の実入りがいいから。
あとは身体障害者とか。だから健康な子供の腕や足をわざわざ切断したりする
トップではやくざみたいのが牛耳ってて収入は殆どとられる

色々衝撃過ぎて石井光太の本はほぼ読んだ
しばらく引きずるから読むなら調子良いときがオススメ


83. 匿名 2020/01/21(火) 02:46:12  

上野先生の「死体は語る」シリーズ







引用元 https://girlschannel.net/topics/2537957/