1. 匿名 2020/01/17(金) 20:28:22 

好きな人語りましょう!


4. 匿名 2020/01/17(金) 20:30:46  

この時代に建てられたモダンな建物が好きです


6. 匿名 2020/01/17(金) 20:31:12  

明治維新が起こらなかったらどんな日本になっていたんだろうね


63. 匿名 2020/01/17(金) 21:08:50  

>>6
植民地だったろうね。
上手くいけば香港みたいな感じ?


7. 匿名 2020/01/17(金) 20:31:37  

好きだけど、なんで革命じゃなく維新ていうんだろ
革命のがかっこいい響きなのに


67. 匿名 2020/01/17(金) 21:13:01  

>>7
革命は前王朝をぶっ倒して新しい王朝を築く意味もある
日本はずっと天皇家が続いてるから「革命」は使えない
「維新」は全て新しくする意味でこっちの方が適切


10. 匿名 2020/01/17(金) 20:32:53  

私は佐幕派に同情してしまうけど、明治維新はもう止められない流れだったし、あのタイミングで正解だったと思う


12. 匿名 2020/01/17(金) 20:33:10  

坂本龍馬がこの時代まで生きてたら日本どうなっていたかなあ


178. 匿名 2020/01/18(土) 00:08:01  

>>12
新政府には入るつもりなかったんじゃなかったっけ?
新政府の役職案みたいなのを龍馬自身が書いたときに「坂本くん、君の名前が無いようだが」って言われたら「わしは世界を見て回るき!」って答えたとか
創作かな?
でも亀山社中とかもやってたし、家も元々商家だし、商売で名を馳せたかもしれないね
三井、三菱、住友に並ぶ財閥作ったかもしれない


199. 匿名 2020/01/18(土) 04:17:10  

>>12
何も変わらず
日本人初のバックパッカーだといいな


15. 匿名 2020/01/17(金) 20:35:10  

土方歳三ってイケメンだし、頭キレるし、クールだし、まあモテるに決まってるよな、写真残ってる偉人なら一番イケメンじゃない?


21. 匿名 2020/01/17(金) 20:38:30  

西洋文化取り入れた日本人の進化の速さに驚いた。


24. 匿名 2020/01/17(金) 20:39:47  

>>21
日本人はそもそも流行りもん好きだからね。


188. 匿名 2020/01/18(土) 00:37:40  

>>24
そうそう。
そして日本人に合うようにアレンジもしちゃう。
カレーとか生春巻とかも 本場のものとは違うんだよね


39. 匿名 2020/01/17(金) 20:47:39  

坂本龍馬がいなければ明治維新は100年遅れただろうって言われてるけど…。
坂本龍馬がいなければ薩摩と長州が同盟組むこともなかっただろうから、あんなに会津は辛い思いしなかったかもと考えてしまい複雑になる福島県民です。


40. 匿名 2020/01/17(金) 20:49:01  

龍馬よりも中岡慎太郎のほうが大物と聞いたぞ


147. 匿名 2020/01/17(金) 22:06:52  

>>40
きっと役割が違ってた
どっちが欠けても駄目だったと思う


200. 匿名 2020/01/18(土) 04:20:50  

>>40
この2人が居なかったら
薩長同盟も無かったんじゃないかな。
龍馬1人では出来ないよ。他にも関わってる人いるからね


46. 匿名 2020/01/17(金) 20:52:58  

手を取りて
共に行きなば
迷わじよ
いざたどらまし
死出の山道

会津藩の西郷頼母とその親族が悲惨過ぎ


159. 匿名 2020/01/17(金) 22:33:36  

>>112
頼母の人生

馬鹿共「新政府軍が会津に攻めてくるって?徹底抗戦するぞ」
頼母「降伏しようよ」
馬鹿共「うるせえ腰抜け」
頼母「仕方ない。どうみても勝てないけどやるしかないか」
頼母の親族の女「人質になどなって足を引っ張りたくないのでみんなで自殺します」
馬鹿共「やっぱり勝てそうにないから降伏しまーす」
頼母「ふざけんな。妻も母も妹め娘もみんな死んだのに今さら手の平を返すな!徹底抗戦だ」
馬鹿共「じゃあお前追い出して俺らだけで降伏するわ。お前には付き合いきれん」

~戦争後~
頼母「主戦派の戦犯扱いで故郷には帰れない。妻達のあとを追って死にたいけど、名門西郷家の血筋を絶やさぬように家族で唯一生き残った長男を大事に育てよう」
長男(まだ子供)「ちちうえー」
頼母「大事にしていた書物もこの子の養育費にするために売ろう。長男よお前だけが生きがいだ」
長男「ちちうえ・・・(ガクッ」→もうすぐ成人というときに長男死亡
頼母「」


家族を失い、帰る場所も失い、大事にしていた書物も失い、唯一の生きがいだった長男も失い、すべてを失った頼母に唯一残された物は故郷の会津にある山に形がよく似た石であった。
その石を眺めながらもう帰れない故郷や家族に思いを馳せ、頼母は以後脱け殻のようにひとりぼっちで何十年も過ごすのであった。fin

頼母ほど悲惨な人生を歩んだ人も中々いないと思うよ


47. 匿名 2020/01/17(金) 20:54:46  

最近知ったけど、コンゴで大虐殺したベルギーの
レオポルド2世は日本を植民地にしようとしてたんだって
この人の即位が1865年で日本は幕末の動乱真っただ中
明治維新を成立させてなければやばかったかもね
このあたりの世界情勢複雑すぎて頭が追い付かないわ


142. 匿名 2020/01/17(金) 22:03:37  

>>47
外国による植民地化を
最後の将軍、徳川慶喜の大政奉還による無血開城が救った…って何かで聞いた。


250. 匿名 2020/01/18(土) 20:59:56  

>>142
無血開城というより、西郷・勝海舟会談の時には
既に品川湾に大英帝国の大型艦隊が8隻ぐらいいて
交渉が決裂すれば江戸の街を火の海にする用意はしてあり、見事に勝海舟が薩長というよりイギリスに屈服しただけ。


256. 匿名 2020/01/19(日) 11:33:04  

>>250
同意。だから日本史だけを見るとダメなんだよ〜

まず世界史!250はとても良い例だと思う。本当に当時は品川湾にイギリス艦隊が停泊していて江戸の街に向けて大砲用意してあるが、日本の教科書には
品川湾に停泊しているイギリス艦隊の圧力に完敗とは書けないからねw
だから仕方なく勝海舟が日本人同士を血で血を争う戦争を回避した柔軟な思想な持ち主と記述するしか方法がないわけ。まず世界史を知らないと第二世界大戦もまるでわからない筈。


52. 匿名 2020/01/17(金) 20:58:21  

長州が未だに政治の中枢にいるのが凄い


100. 匿名 2020/01/17(金) 21:31:04  

>>52
麻生さんは薩摩閥
麻生さんは大久保利通の子孫


84. 匿名 2020/01/17(金) 21:22:10  

倉使節団が西洋行って文化吸収して日本に持ち帰り広めたのは良かった


98. 匿名 2020/01/17(金) 21:30:22  

酒井伴四郎日記読むと結構のんきにやってると思った
この人が明治になっても日記書いててくれたら面白かっただろうに
コミックにもなってるからおすすめ


152. 匿名 2020/01/17(金) 22:13:13 

幕末から明治にかけて、それぞれの立場で自らの正義をかけて戦った時代。
日本人同士で戦って今じゃ考えられないけど。
諸外国が台頭してきて日本人としての民族意識が高まり団結し
産業革命や大戦を経て大国の仲間入り。
奇跡のような激動の時代で好き。


162. 匿名 2020/01/17(金) 22:39:01  

明治維新ほど迅速かつ平和的に進んだ改革はない
世界をみたら他の国はもっと残酷、植民地にならないで良かった


190. 匿名 2020/01/18(土) 00:40:07  

>>162
勤王の志士と自称する人達の多くががやってたことはただのテロルだし、戊辰戦争で一万人近くの人が死んで、長岡や会津若松は焼け野原になったのに平和なの?

維新の英傑と呼ばれる人達も最後にお手盛りで華族様になった時点でアカンでしょ。島津や山内の殿様も騙したわけだしね。


166. 匿名 2020/01/17(金) 23:01:02  

私は維新は日本を守る戦いだったと思ってるなあ
だから革命とは違う
黒船が来航して日本がやばい!どうしよう!ってそれぞれの意見は違えど国を憂う気持ちは同じ
だからこそ慶喜は余計な血を流さすことをよしとしなかったんだと思う
日本国内で争ってる場合じゃない
まあ色んな思惑もあったんだろうけど無血開城はもっと評価されていいはず


203. 匿名 2020/01/18(土) 05:21:30  

ヨーロッパ諸国からすれば日本を植民地化するより
貿易相手として取引するほうが何倍も効率良いし
金儲けできるって面もあったと思うけどな。

日本人が西洋の武力を驚異的に感じてる一方で
西洋人は武士の強さとヤバさにビビってたみたいだしね。

でも一番の理由はそれまで占領してきた国々や
下手したら自分たちの国の人たちよりも
日本人が頭が良くて賢かったからだよ。




明治維新の正体 新書版
鈴木 荘一
毎日ワンズ
2019-06-03

引用元 https://girlschannel.net/topics/2533112/